2004/10/31

映画「笑の大学」  MOVIE


「笑の大学」観てきました。

予告編では寒い笑いが満載だったのに
本編でこんなに笑えるとは思いませんでした。
いろいろ趣向を凝らしてあって楽しかったです。

三谷作品の映画というと「ラジオの時間」がありますが
あれは、スタジオの外を飛び出して、ラジオ局内や長距離トラックの運転席など
場面があっちゃこっちゃして非常にばらけた印象があり
映画より舞台の方がずっと良い出来に違いないと確信したものですが
この「笑の大学」は密室劇のかたちを崩さないことと
1本の戯曲を巡る検閲官・向坂と劇作家・椿との攻防だけに焦点を絞っているので
落ち着いて腰を据えて観ることができました。

映画を観ているときから
椿役は、本来もう少し年配の人が演じてもいいのでは
と思っていたのですが、
舞台版では、椿と向坂がほぼ同年輩のようですね。
映画版では、夢に向かって突き進んでいく初々しいけど信念をしっかり持っている青年劇作家を
稲垣吾郎さんが、見事に演じていて、これはこれでとても素晴らしかったです。
台本がどんどん面白くるにつれて瞳がきらきら光りだしたり
せっかく一晩で書き上げた台本にけちをつけられ、困ったように半笑いになるところなど
これでは、鬼の検閲官も情にほだされるわと納得。
椿役は吾郎ちゃんで正解でしたね。
お相手の役所さんの演技が気が抜けないほど凄かっただけに、よく頑張ったと思います。
この演技を監督共々今後の金田一シリーズで発揮してもらえるといいのですが。
役所さんに引っ張られるところが大きかったのかな?

この話は昭和15年のある1週間の出来事となっており
その間に浅草の劇場街が、娯楽の街から一変して
軍事色が強くなっていくのは、時代とはいえ切なかったですね。
15年というと、まだまだ日本では戦争に負けることなど考えていなかったように
思われるのですが、そんななかでも、招集されれば「お国のため(命を捨てる)」なんですね。
それだけに、台本を巡り笑いっぱなしだった物語に最後には泣かされました。
凝りに凝ったエンドロールはとてもおしゃれで、
それを見ているうちに涙は乾いてしまいました。
エンドロールに使われたポスターのデザインにしろ、
坂草の街並みと車の通らないだだっ広い道にしろ
警察庁の木の机や椅子にしろ、あの昭和初期の雰囲気が
好いですね。あの時代には生まれてもいないのにあの雰囲気凄く好きです。

ところで、劇中劇である「石川三十五衛門」にしても「貫一とお宮」にしても
実際舞台で興行してもこの映画の予告編並に笑えそうにないのですが、
その辺はどうなんでしょう?
いくら娯楽に乏しい時代とは云え、立ち見が出るほど面白いようには到底見えませんでした。
0

2004/10/30

映画「本陣殺人事件」  MOVIE


「こんな金田一耕助は観たくない」
ってこの金田一耕助?
などと失礼なことを考えてしまいました。
すみません。

というわけでATG作品「本陣殺人事件」を観ました。

この映画、意外や
市川崑監督の「犬神家の一族」の前年に公開された映画なんですね。
なんとなく、もっと前に作られていたのか思っていました。
これ以前の金田一耕助像がスーツ姿の好男子
これ以降は、原作どおりのよれよれの袴姿と
丁度端境期だったのでしょうか?
この映画の直後に石坂浩二さんによって金田一像が確立してしまうんですね。
以降の横溝正史ブームには間に合いませんでしたが、
サングラスにジーパン姿でもぎりぎりセーフで、好かったですね。

ここでの金田一耕助は事件がすべて完成した後
登場してきて犯人を当てるだけなのと
舞台が現代(70年代)であるため
別に探偵が金田一でなくても構わない感じもしますが
映画全体に流れる耽美なのに独特の陰鬱な空気は
やはり金田一映画です。
特に冒頭に出てくる高沢順子さんは、
まさに当時の角川文庫の表紙のイメージそのものです。
ついでにタマはシャムではなく黒猫にしていただきたいほど
雰囲気をつかんでいます。
ただ、この高沢順子さんが、一夜明けると
髪型が前髪眉の上一直線から真ん中わけに変わっていて
誰か一瞬わかりませんでした。
紛らわしいです。
しかも冒頭の髪型のほうが断然好かったので
変わってしまってがっかりです。


そうそう、驚いたといえば
音楽担当が大林宣彦監督なんですね。
婚礼の際奏でられた琴の曲がなんか邦楽っぽくないように思えましたが、
随所にかかるおどろおどろしい曲は実にこの映画の暗さにあっていました。

それから、東野英心さんって東野孝彦という別名があるのにも驚きました。
キャストロールで東野英心さんの名前を見なかったのに変だな
と思い改めて調べて、はじめて東野孝彦という名前を知りました。

この時代って
1970年代とはいえ、まだまだ女性の貞操観念が強かったのですね。
殺人動機もこの時代がぎりぎりセーフだったんでしょうね。






う〜ん、今日の感想はいつもに益して
まとまっていないです。
すみません。
0

2004/10/28

夢三夜  MUTTER


「オールドボーイ」の公開を今週末に控えているせいか、
チェ・ミンシクが、黒ラメと銀のストライプのスーツを着て
NHKホールみたいな舞台で
演歌らしき歌を披露しているという夢を見ました。

もう、いや、。
夢、いや。
0

2004/10/27

映画「シークレット・ウィンドウ」  MOVIE


その部屋を片付けたい、
その髪を梳かしたい、
その解れたところを繕いたい、
と観ている間中、手がわきわきしてしまう
「シークレット・ウィンドウ」を観てきました。

スティーブン・キングの原作は、読んでいるはずなんですが
すっかり内容が頭から消え去っていたため、
それなりに楽しめました。

ただ、原作を知らなくても落ちがすぐに判ってしまいます。
そのためか、映画自体は不評のようですね。
そもそも、日本で人気漫画を実写映画化するのと同じく
ストーリーの面白さより
舞台設定や人物設定がこと細かく、痒いところまで手が届いていて
読み応えのあるスティーブン・キングの本を2時間あまりの映画にするのは
至難のわざと思います。
警察署長さんや郵便局の女の子にもくどいくらいの設定があったのでしょうね。
もう一回読み直してみたいです、原作。

ところで、いまは、原作をすっかり忘れてしまい
ラストシーンが映画と原作とでは違うと云われても
どう違うのか判りませんが、
この映画のしぶといラスト好きです。
落ちバレなんかはどうでもよくって
ああいうたくましいラストが好きなんですよね。
でも、普通って云えば普通に終わっているだけなんですよね、これって。
「コラレラル」のラストにがっかりした分
その反動が大きいだけなのかもしれません。
そうそう、エンドロール最後まで観ないでそうそうに立ち去ったお客さん、多かったです。
最後まで観たほうが良いかどうかは判りませんが、
とりあえず、明かりがつくまで待ったほうがよいようです。

それから、ささやかに欲を云えば、歯科矯正やウエイトトレーニングはいらないです。
というか、モートは自堕落なモートのままでいつづけていて欲しかったです。
最後もだらだらカウチに寝そべってスナック菓子でも食べていて欲しかったです。
だいたいなんで歯科矯正?
三十路もとうに過ぎて歯科矯正した私が云うのもなんですが
そんなにひどい歯並びしてましたっけ、モート?
これに限らず、細かなところで「?」なことが多々ありますが、
「まあ、こういうことなんだろう」と頭の中でこじつけておけば
そう悪い映画でもないかも。
事実、映画の中で描ききれず、観客が勝手に想像するしかないところがいっぱいです。
とりあえず、ジョニ−・デップが好きな人は、観て損はないし
私がとやかくいわなくても観にいくような映画です。

まあ、何にしろ世の中には、
手を離してはいけない人っているんですね。
ごめんなさい、奥さんの気持ちは判るし
土壇場になったら私もそうしかねないかもしれないけど
やっぱり共感できませんでした。
もっとやり方があったろうに、ちょっとずるいですよ、奥さん。
0

2004/10/26

夢二夜  MUTTER


今日、見た夢は
友達とふたりでどこかの寂れた劇場にでかけたところ、
いままさに楽屋入りする劉徳華に遭遇し、
入り待ち中のファンの子たちに混ざって握手してもらった上に
頬にさりげなくチュウしてもらうという、
こんなところで語ったらファンに殺されそうな夢でした。
夢の中でも劉徳華って本当にいい人なのはわかりましたが、
挨拶程度のとはいえチュウは勘弁して欲しいです。
0

2004/10/25

とりたてて書くような出来事もなかったのでとりあえず  MOVIE


土曜日の北日本新聞の夕刊に
韓国で頑張る鈴井貴之監督(42)の記事が載っていました。
韓国に映画留学しているのは知っていましたが、
無償で撮影現場で働いているんですね。
富山で、鈴井貴之監督といわれてどれだけの人が知っているのかな?
そういえば、「銀のエンゼル」が東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門で上映されるのっていつだったっけ?
もう映画祭始まっているから、監督不在で上映されるのか
と、勝手に想像していたら
今日が上映日でティーチインにちゃんと鈴井監督の名前がありました。
あ、一昨日も昨日もあったようです。
新聞記事、載せるタイミングがなんかずれていません?
東京国際映画祭ただでさえ行ける人が羨ましいのにますます羨ましいです。

富山はおろか金沢でも「銀のエンゼル」公開されないんじゃないでしょうか?
前作「river」、未だおいてあるレンタルビデオ屋ないんですけど。

公式ページにアクセスしたついでに
心理テストも受けてみました。
私は自分は自分、人は人の一匹狼で
夢に対しては積極的で
考えすぎて運を逃すようです。

地震後の映像ばかり見ていると気分がめいります。
西武、16年振りだかに日本シリーズ優勝ですが、静かなものです。

0

2004/10/24

映画「誰も知らない」  MOVIE


随分と遅ればせながら、「誰も知らない」を観てきました。

最近、涙もろくて
自分でもこんな映画で泣くか?!というような映画で泣いているので
ティッシュとハンカチをしっかり用意していきました。
でも、この映画では、泣けませんでした。
だって、この子たちが泣くことも誰かを責めることもなく
けなげに生きているのに、大人の私がそれ観て泣くなんてできませんでした。

大人は子供のためにあるんですね。
子供は必ずしも大人のためにあるわけではないけど
大人は子供のためにある、そんなふうに思いました。

たとえ朝から晩まで仕事とはいえ母親がいたときには、
きちんとしていた部屋が、子供だけになった途端
急速に薄汚れ異臭を放つようになってしまうのが
いたたまれなかったです。

彼らが不幸なのか幸せなのか、よく判りません。
彼らにとっての幸せが家族一緒に暮らすことならば、
母親がいなくても4人離れずいることが
彼らに残された幸せなのではないかと思ってしまいます。

それに母親に捨てられる形となった4人の子供たちが不幸なら
大きなマンションに住みおそらく両親も揃っているだろう少女が
学校にも行かず、援助交際に走り、1晩家を明けても大丈夫なのと
どちらが不幸なのか判りません。

大声で笑うこともなく大声で泣くこともなく
子供たちも生きていて、
何かが起こっても、夜が明ければ朝は迎えなくてはなりません。
不幸か幸せかは全く別として。

どうにもこの映画はつかみ所がなくて
子供を捨てた母親が非道かというと
彼女なり子供たちのことを愛していて
子供たちも彼女を愛しています。
ただ、彼女はとても浅はかで、なによりも自分が大事だってこと。
父親のほうも似たようなもので、悪い人ではないのだけれど
自分のことで精一杯。
他の大人たちも、不注意に彼らと深くかかわろうとはしません。
アドバイスや賞味期限の切れた惣菜はあげることはできても
それ以上は、子供たち自身の意思に任せようとします。
彼らは彼らのできることしかできません。
多分、助けを求めてきたら助けようとすると思うのですが
彼らの母親を連れ戻せない以上
それでも彼らが4人でいたいと思う以上
彼らのしたいようにさせるしかないように思えるんですよね。
そういう大人たちを責めることはできないのは
自分もおそらく彼らの側なんですよね。

考えされられることが多い映画ですが、
そこから先へは進めない、そんな思いが残りました。
0

2004/10/24

映画「アタック・ナンバーハーフ2 全員集合! 」  MOVIE


「アタック・ナンバーハーフ2 全員集合! 」観ました。

前作がまっとうなスポ根ものだったので、
あんまり続編期待していなかったのですが、
続編はちゃんと前作を踏まえたうえで楽しい映画でした。

前半は、ジュンの口から語られるサトリーレックメンバーの大学時代の思い出、
後半は、サトリーレックを離れたノンと残されたジュンとの和解の物語で構成されています。
前作でもそうでしたが、ジュンちゃんは、自分の生き方に恥じることなく、
人生を思う存分楽しんでいて観ていて気持ち好いです。
モンやノンが大学時代、臆面もなく自分を表に出すことができたのは、誰でもなくジュンちゃんと出会ったからだと思います。
結構辛らつなことも云うし、うざったいところもあるのですが。
彼女の周りいると、居心地よさそうです。
ジュンちゃんがあんなふうに明るいのは、
彼女の両親がたっぷり愛情をそそいでいるからなんですよね。
息子のために本気で殴り合いをする父親と
息子の肌の手入れまで気を使う母親に
充分すぎるほどの愛を与えられて
ジュンちゃんはすくすくと育ったんですね、きっと。
今回、新しく出てきた大学時代の友人であるレズビアンのアンの両親も
アンがカミングアウトした際、彼女を受け入れて嬉しいです。
おかまにしろおなべにしろ、自分ではどうしようもないことと戦って
生きているんですよね。
自分の性別に何の迷いもなくのほほんしている私から見ると、
頭が上がりません。
手術でどうにかなると云っても、そのリスクは大きいし、
完全に性が変わることなんてないのだもの。
それなのに偏見とも戦わなくてはならないなんて、
とても勇気がいることだと思います。
そんななかで親に愛されている、自分が何者であれ子供として愛されているという事実はとても大きいです。
これは私が頭の中でそう想像しているだけなんですが、
親にちゃんと愛されているジュンちゃんやアンを見ていると
とても嬉しくなってしまいます。

監督が楽しんでもらうことを第一に作った映画だけに、続編とは云え、前作をしのぐ勢いで楽しめました。

特に中国との親善試合は試合会場のチープさもさることながら、
互いの選手達が入り混じってバレーボールというよりは
遊んでいるといった感じで
みているだけで心がわくわくと同時にほんわかとなりました。

サトリーレックのメンバーでは
見た目は麻薬の売人でもしていそうなモン(サハーパープ・ウィラーカーミン)が好きなんですけど、
今回出番が少なかったですね。
大学時代のパーマ姿がなかなかいけていたのでそれで良しとします。

これも、「ミッション・クレオパトラ」と同じ
ヴァージンシネマズ 六本木ヒルズで公開されているんですね。
なかなか美味しい映画館です。
可愛くて下品じゃないコメディー映画択んでいますね。
まだ、一度も行ったことはないのですが、そのうち行ってみたいです。

う〜ん、「アタック・ナンバーハーフ ワン・ツーBOX 」定価6090円
買おうかしら。

0

2004/10/23

映画「ミッション・クレオパトラ」  MOVIE


本国フランスで公開されるや、
第1週目の観客動員数の歴代記録を作る大ヒット、
その後怒涛の7週連続No.1を記録し、
最終的に1,400万人を動員、
要するにそれがどういうことかというと
フランス人の4人に1人が観たということで
その割には日本では話題になっていなかった
「ミッション・クレオパトラ」をDVDで観ました。

日本で「キューティハニー」やら「デビルマン」やら「NINNIN」や
「恋の門」が撮られたのと同じように
この映画も、フランスのコミックス「アステリックスとオベリックス」シリーズを映画化したものなんだそうです。

まだ市場に流通されているアメコミとは違い
フランスの漫画では日本においては何の宣伝効果もありません。

たしかに主人公のアステリックスとオベリックスの風貌は
見るからにマンガのキャラクターです。
しかし、それってアニメならともかく、実写でいきなり見せられても
原作を知らない国では、なかなか受け入れにくいようにおもえます。
頭に変な羽飾りをつけたアステリックスをクリスチャン・クラヴィが、
そして、赤毛の三つ編みがキュートなオベリックスを
フランス映画といえばもれなくついてくるジェラール・ドパルデューが
演じています。
この2人、主人公のくせに名前が複雑で覚えにくいので、
映画を観ている間は、彼らがなんという名前か意識していませんでした。
日本人だからそうなのかと思いきや、劇中でも何度となく名前を云い間違われています。
それがギャグの1つにまでなっています。
だからといってそこで笑えるかというと、…笑えません。

作りもまた漫画的です。
有名映画のパロディやら、
コントのようなギャグや繰り返しギャグがあるかと思うと、
べたなCGやアニメーションを使ったり、
いきなり関係のない映像でごまかしたり、
出演俳優の名前であそんだりと細かく笑いを散りばめています。
そこそこ下品な笑いもあるバカ映画にも係わらず、笑いが汚くありません。
おしゃれではないんですが、エグみがなく、スマートでもなく、お金をかけているのにチープ、毒がなく、さらっとしています。
おフランスといえばいかにもおフランスな映画です。

結構笑いが滑っているところがあるので、いくつか大笑いしたところがあっても全体的に見ると凄く面白い!という気にならないのが惜しいです。
おバカ映画にしては、不快感を伴わない映画で、嫌いではないのですが、
波に乗り切れなかったというほろ苦い後味が残りました。

日本に限らず、コミックスの実写化というは難しいのかもしれません。
特に他国で上映するのには。

日本では、まさにはまり役といえるクレオパトラを演じたモニカ・ベルッチが
この映画にわずかに生じた話題を一手に拾い集めたようですが、
確かに彼女のクレオパトラとお尻は観るに値します。

出てくる人物出てくる人物が個性際立つ中
私は、主人公のくせにいまいち目立たないアステリックスが好きですね。
アステリックスがいることでもうひとつ笑いがはじけないのかもしれませんけど。
0

2004/10/22

夢一夜  MUTTER


こんな夢を見ました。

なぜか、お正月で弟夫婦が帰省してきているのですが、
お嫁さんのほうが何処かに出かけていて、
特にすることもなかったので
新聞を広げたら、1面広告が4枚続けて
梁朝偉の写真が載っているのです。
それも顔を大写しにした写真で
「ああ、トニーもいまや日本でこんなに人気者に…」と
感慨深く思い、今度はテレビをつけると
NHK総合で梁朝偉の1時間もののドキュメンタリーがはじまり
子供の頃から、最新映像、インタビュー、「2046」のメイキング
などが次々放送されて、きっかり1時間分観たところで
夢から醒めました。

…私って潜在的に朝偉迷、なの?

そうだったのか!

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ