2004/9/26

映画「スウィングガールズ」  MOVIE


試写会の時間を間違えて悔しい思いをしたけれど
「スウィング・ガールズ」、自腹きって観てきました。

ファボーレ東宝の5番スクリーンで観ましたが、
この5番スクリーンって普段試写会にも使われる一番広いスクリーンなのに
試写会並みに満員御礼。
ファボーレでは、こんなに客が入っているの観るの始めてかも。
それも「映画の日」でも「レディースデー」でもないのに。

で、映画のほうはどうだったかというと
話は、よくアメリカのスポーツものにあるようなごくスタンダードな青春ものです。
しかし、各エピソードが凝っていて、立て続けて観せられると、
おのずとぐいぐい魅きこまれてしまいます。

「下妻物語」なんかでもそうだったけど、
世界中がCGやらなんやらを駆使して未知なる映像に挑んでいる中
つくづくベタな映像ですねえ。
特にツボに嵌ったのは、猪のシーン。
あれは、「ひみつの花園」での「流される人形」に匹敵します。
矢口監督は、チープな映像で人の心をつかむのがほんと上手いです。

どうしても前作である「ウォーターボーイズ」と比較されると思うのですが、
この年くらいだと、女の子のほうが、したたかで元気ですね。
同じ学校の生徒を病院送りにしようが、妹のおもちゃを盗んで売り払おうが、
何があっても悪びれず自分のしたい道を突き進んでいく女の子たちが可愛いです。
お互い自分のしたいようにしているせいか、仲間が離れていったり、
重大なミスを犯してもいつまでもうじうじ後に引きずることはありません。
「ジャズ」だってどれだけ判っているか怪しいものです。
たぶん、ろくろく聞いていないはずです。
ただ、自分が演奏するのが楽しいから、演奏しているって感じです。

いっぱい出てくる女の子のなかでは
関口さん(本仮屋ユイカさん)がいちばん可愛いですね。
もう床の間に飾っておきたいほど可愛いですね。
こんなに可愛いのにここの学校の男子生徒はなにやってるんでしょうね。
この学校には「めがねっ娘萌え」な生徒はいないんでしょうか?

ところで、唯一の男の子、中村くん(平岡祐太さん)ってなんか鳥羽潤さんに似ていませんか?
0

2004/9/26

野田秀樹「透明人間の蒸気」  


友達にわざわざビデオに撮ってもらったのに
だらだらと観ないままになっていた「透明人間の蒸気」を観ました。

新国立劇場中劇場、舞台が大きいですね。
大きくてもせいぜいサンシャイン劇場でしか舞台を観たことなかったので
やたら大きく見えます。
さらに奥が見えないほど広いです。

物語は、鳥取県と島根県のほぼ境にある砂丘に
娘と妻と母親を寝取られた刑事(六平直政)に追われ
結婚詐欺師透アキラ(阿部サダヲ)が逃げてきます。
砂丘には、三重苦を背負った娘ヘレン・ケラ(宮沢りえ)と
その先生であるサリババ先生(野田秀樹)がよそ者扱いを受けながら暮らしておりました。
時は、昭和16年、20世紀中に失われつつあるものを21世紀に残すよう勅命を受けた華岡軍医(手塚とおる)とその手下たちは、20世紀を代表する人間として透アキラを拉致し実験台にしますが、実験は失敗。
透アキラの姿はなぜか目の見えないケラにしか見えなくなってしまいます。

と、こんな感じのお話で、文章にすると判りにくいのですが、
観ている分には入り込みやすい舞台でした。

ちょっと参るのは、観ている最中も観終わった後には、なぜか野田秀樹のサリババ先生に圧倒されっぱなしってこと。
野田さんの舞台は全くの初心者ですが、「これは俺のぶたいなんだああ!」という感じではじけきっています。
むしろあんたが主役だろう!ってくらいの勢いです。
主役の宮沢りえさんは途中素で笑っていたりして可愛いのですが、やせ過ぎで痛々しいです。
特に阿部サダヲさんと並ぶと。
阿部さんと手塚さんって似たタイプの役者さんと思っていましたが、手塚さんのほうがより不気味でした。
手塚さんの手下は、高橋由美子さんや有薗芳記さん、大沢健さんといった方々が演じていたのですが、手塚さんが目立ちすぎてあとの人影薄いです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ