2004/9/21

映画「インファナル・アフェア 無間序曲」  MOVIE


既に他都道府県では公開中の「インファナル・アフェア 無間序曲」に行ってきました。

池袋では、最終上映が午前1時代からしても大ヒット見込んでいますね。
原題は「無間道U」。去年、香港映画らしからぬ重厚な内容とハリウッドリメイクが決まったことで予想外に盛り上がった「無間道」の続編です。

「無間道」が主人公の犬死で終わる内容だったため、続編と言えども、内容的には「無間道」以前の話になっています。
時期としては、ヤンが警察学校を退学する頃から、香港返還までの6年間にあったできごとになっています。
このあたりは「無間道」のなかである程度語られていますが、
それを1本の映画にするため、新しい設定や新しいキャラクターが追加されています。

私は、もともと続編には否定的で
あれだけ1本で完成された「無間道」に余計なものを足して欲しくはありませんでした。
また、香港映画ということで過剰な期待はしていませんでした。



でも、
これは上出来ではないですか?
予想をはるかに上回る出来です。
「仕切りなおした人生がこれからはじめる」ことを示唆したエンディングも含め
むしろ前作より好きです。

それに
このアンソニー・ウォンと
このエリック・ツァンと
このフランシス・ンを
観れたのは大きいです。
彼らの演技だけで持っていかれました。

消火器を持ったまま慌てふためくウォン警部なんて前作では考えられません。
ウォンとサムもくどくも暑苦しくない友情も
ハウの柔らかな物腰や口調も
喋らないロイや、墓地で少し離れて部下を見守る警察学校校長も
好きです。



…ああ、これで前作さえなければなあ。
これ単体だと、いい映画なんですけど、
このあとにあれが来るんですよね。
これで前作さえなければなあ。
前作があるから、この映画に変なところに負担がかかってきたのだと思うと
かわいそうになります。

エンドロール後、「インファナル・アフェア 終局無間」の予告編が流れて
<第1作の謎が全て解き明かされる>となっていましたが、
第2作で、第1作ではありえない設定を追加したがため
謎ができてしまった感じが否めません。

「インファナル・アフェア 無間道」→「インファナル・アフェア 無間序曲」
の順に観てもつじつまの合わなさが気にかかるのに
これを時系列に沿って観る人はどうなんでしょう?
はたして「インファナル・アフェア 終局無間」がそれを全て解決してくれるのでしょうか?





ところで、こんなん
作ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ