2004/9/17

あたる  MUTTER


朝の読売新聞朝刊のプレイガイドでちらっと
「竹中直人の会 改メ 竹中直人の匙かげん1
『唐辛子なあいつはダンプカー!』
作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ + 松尾
スズキ + 宮沢章夫
演出:竹中直人
出演:竹中直人 木村佳乃 佐藤康恵 …
場所:東京・本多劇場(2004年12月10日〜29日 全25公演)」
の先行発売のお知らせが目に留まり、
何気に、電話受付開始時間の正午丁度に電話をしてみたところ
コール4回目にしていきなりつながり
「お客様のおかけになった電話番号は大変込み合っており…」というアナウンスはなかったものの
まさかつながるとは思っていなかったがために
タイトルすら覚えていなかった私は
「あ、あの今日先行発売の竹中直人主演のチケット1枚。」
というバカな電話応対をしてチケットGETしました。
今朝まで予定にも組んでいなかった舞台なので流石に自分がやばいかも。

だって、「作:ケラリーノ・サンドロヴィッチ + 松尾スズキ + 宮沢章夫」なんてチケット取るの無理だと思ったんだもん。
竹中直人さんは「四谷怪談」の舞台ビデオを観て圧倒されたことがあるので一度観てみたかったのですが、まさかこんな何の準備もしないままチケットGETなんて!


で、どうしようという心根のまま、家に帰ったら
「インファナル・アフェア 無間序曲」と「機関車先生」の試写会ご招待状が届いていました。
久しぶりに試写会を当てるも
どちらの会場も車で1時間ほどかかる高岡市での試写会。
しかも、21日、22日と続けて…。

あたって嬉しいけど、21日の早朝深夜バスで東京に帰って仕事に行ってそれから試写会はちと辛いような…
加えて次の日まで。

でも、両方観たい映画だから、やっぱる嬉しいです。
特に「インファナル・アフェア 無間序曲」は、富山での公開すら諦めていたので試写会まであって嬉しいです。
やった!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ