2004/9/15

映画「LOVERS」  MOVIE


「十面埋伏」を観てきました。

邦題は「謀」、もとい「LOVERS」です。
公開からすでに20日くらい経っていますので、もうすでにいろいろなところで
「つっこみどころ満載」とささやかれ続けている「LOVERS」です。
「世界は三人の謀の中」の「LOVERS」です。

この映画がどうこういうより
張芸謀監督のアクションの構成がよくわかりませんでした。
張芸謀監督はどうして音楽で云えばサビの部分にあたるアクションを一番最初に持ってくるのでしょう?
前作「HERO 英雄」での無名(李連杰)と長空(甄子丹)との対決、
本作「LOVERS 謀」での牡丹坊の演舞。
これらをしょっぱなに持ってきています。流石、巨匠、張芸謀監督。
しかも、牡丹坊の章子怡の舞は一度随風(金城武)に見せた後、
間髪おかず続けて劉(劉徳華)に見せる念の入れよう、です。

ただ、最初にこんな素晴らしい映像を見てしまうと、後が、後がちょっと…。

特に今回のクライマックス。
映像的に「白」に真っ赤な血飛沫を持ってきたかったのかもしれませんが、
先ほどまで紅葉だった野山が、たった1日でまるで「ムーミン谷」のように雪に埋もれてしまい
全てがなし崩しになった、…ような?最後がなんかぐだぐだだった…ような?
このラストに比べたら
あのいろんな映画サイトで評価が低かった「サル」のラストシーンのほうがよっぽど心に残ります。
(「謀」という点においても「サル」のほうがまだ納得できました)
まあ、あの三人については、雪が降り始めたあたりから、もうどうでもいいから早く決着つけてくれ、
ぐらいにしか思えませんでしたが、「飛刀党」と朝廷の闘いがどうなったのか、気になります。

そもそも「飛刀党」の謀略もなんかいまいちのような気がします。
なにもこんな手の込んだことをしなくても、
むしろほおっておいても朝廷は動いたように思われるんですけど、どうなんでしょう?

古龍の「辺城浪子」を読み終えたばかりだったので
最後の飛刀の使い方も監督がただ映画に使ってみたかっただけ、みたいに見えます。
この映画は、監督が、程小東でなく張芸謀なので武侠映画になり損ねて
べたべたのラブストーリーなっちゃったんですね。
おかげで古龍の小説のように得られる教えも、映像以外に心に残るものがほとんどありません。

俳優については
台湾の濃ゆいのと香港の濃ゆいのが一緒に出ているので
はっきり行って目が疲れました。
男二人は、もう少し違うタイプを持ってきて欲しかったです。

でも、劉徳華、上手いですね。
「一晩寝ていないんだぞ」と云うときの寝ていない顔の演技が
目の下に見えない隈が見えました。

章子怡については、どこかの映画掲示板で
「井森美幸」がどうとかと書いてありましたが、
確かに時々顔が井森美幸に見ました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ