2004/9/1

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち 」  MOVIE


いまや、「ザ・ロック」や「アルマゲドン」や「パール・ハーバー」や「エネミー・オブ・アメリカ」や「60セカンズ」や「コンエアー」といったDVDと2本立てパック定価2940円で売られている「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち 」を普通にレンタルビデオ屋でDVDレンタルして観ました。

金貨にかけられた呪いを解くために躍起になっている海賊の皆さんですが、
死ねない呪いを解くのって、それって最終的にこの物語の中で死んでしまうってことなんでは?
と思いながら観ていましたが、案の定殺されちゃいましたね。喜んでいましたけど…
にしても、偽主人公のウィル、呪いを解くのめちゃくめちゃ遅すぎ!
さっさとのろい解いちゃえばいいじゃなぁい?と
思っているうちにどんどんどんどん人が死んでいきます。
この戦闘シーンはあんまり長いのでなんども早送りボタンに手をかけそうになりました。
見せ場なんでしょうけど、ちょっとくどいです。
そのあいだにも罪もない軍人さんが山ほど死んでいきます。
どうせなら、偽主人公の恋のライバルである提督さんもお亡くなりになれば、幼馴染2人の恋も跡腐れなく実って全てオールオッケーなのに…
と思っていたら、意外にも最後までしぶとく生き残っちゃって
おいおいこれじゃまだまだ前途多難だぞ、ウィル!
とさらに思っていたら、いきなり物分りのいい男になって去っていく提督さん…そんなのあり?
いや、「あり」なんですよね。
だって、この映画はあのディズニーランドの「カリブの海賊」の映画化ですもの。
元はディズニーなので、主要人物以外の人は敵味方の区別なく情け容赦なく殺されていきますし、
敵役の提督さんも最後には「いいひと」に成り下がってしまいます。
流石、ディズニー!最後には、何があってもハッピーエンドで押し切ってしまう姿勢は崩さないようです。
おまけに「2」も当然のように予定されています。きょうび「2」の作られずしてうかつにディズニーの名前は出せません。
できれば、「2」は映画化ではなく、オリジナルビデオ化されるのがベストなんですけど。

話は戻りますが、「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち 」特別パックシリーズは、買うとなぜかもう1本のほうでハゲを見てしまうセットが多いようです。要注意。
0

2004/9/1

予告編「恋の門」  MOVIE


カミングスーンTV「予告編(新着)」

スカイパーフェクトTVの720ch「カミングスーンTV」では「公開中」「近日公開」「新着」と3つに分けた予告編だけの番組があります。
最近では、映画雑誌や情報番組ではなく、この番組で観たい映画を決めることがほとんどとなっています。

そんな昨日観た「予告編(新着)」から

まだ、公開日は今秋公開としか決まっていないし、上映館も東京で2館くらい?、全国順次公開になったとしても多分富山には来なさそうな、また、運良く北陸で公開されるならシネモンドでレイトショー的な

松尾スズキ監督「恋の門」。

漫画芸術家とコスプレおたくのラブストーリー映画の上映なんてこの程度の規模なのは想像に難くなかったですが、観たい!そして、前売り券についてくる石のお守りが欲しい!

予告編を観るまでは主演2人と漫画の主人公2人のイメージがそぐわなかったのですが、実際動いているのを観ると、これはこれはこれでいいような。
松田龍平さんはモリヤマコージのイメージを上手く、主人公蒼木門にシフトしているようです。
酒井若菜ちゃんもちょっとイメージとは違いますが、かわいいからまあいっか。
その他の出演者もちょっと他では見られない人ばかりで
特に現役の商業漫画家の方、それもややサブカル系の漫画家さんがわんさか出演しているのも楽しみです。
監督さん自身の役どころはちょっと「むむ?」ですが、大判で全5巻もある漫画が原作なので多少のはしょりは仕方ないですね。

で、特筆すべきは
やはり、平泉成さんと大竹しのぶさんのコスプレ姿!
平泉さんを持ってくるなんて思いも尽きませんでした。凄い凄い。
原作でもあったイデオンのコスプレを本当にしちゃってて凄い凄い。
だって、イデオンですよ。
もう、25年くらい前のアニメのコスプレですよ。
最終回は2部作で劇場公開され、登場人物は全部死んじゃうけど、「新世紀 エヴァンゲリオン」ではなく「イデオン」のコスプレ。
原作で観た時も「おおっ!」と思いましたが、実写で観るとそのインパクトたるや、凄いです。
しかも演じているのが平泉成さんと大竹しのぶさんだなんて、もうそれを見るためだけども映画館に足はこびます。

9月後半から公開なら東京で観ることができるのですが、どうなることやら。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ