2004/8/31

森達也「職業欄はエスパー」  BOOK


森 達也 (著)「職業欄はエスパー」 角川文庫、読み終わりました。
9月、東京に行くバスの中、もしくはホテルで読もうと買ったのに1日でけっこく待てず正味一日で読み終えてしまいました。

スプーン曲げの清田益章、UFOの秋山真人、ダウジングの堤裕司。
本書は、世間で超能力者として知られている3人の今ある姿を撮った1996年のドキュメンタリー「職業欄はエスパー」の制作ルポルタージュです。

森さんの作品はどれもそうですが、感想を書くことができません。
安易に感想を書く覚悟がなかなかできません。

この本にしても、超能力を「信じる」か「信じないか」という避けては通れない問題を前にして森さんがなんどもなんども答を出せないでいる自分を向き合わなくてはならず、そして答をださないまま終わります。
同じように私も答えを見つけ出せないまま、また、読む以前より多くの問題を残したまま読み終わらなくてはなりません。
そもそもこの世の全てのことには答のようなものがあっても絶対無二も答はないのかもしれません。

最初に森さんを知った ドキュメンタリー映画「A」でもそうでした。
映画に撮られている人も映画を撮っている人も映画を観ている私も途方にくれていました。
たぶん、答を出せないことに。答えがないことに。

マイケル・ムーアの「華氏911」を観ながら、思っていたのは森さんの「A」のことでした。
「職業欄はエスパー」 で使われている「臆面のない正義」がぶつかりあっている「華氏911」は観た人をひとつの方向(ブッシュ批判、またはその逆)に導いていっています。
しかし、「A」は、観終わっても、どこに進めばよいのか判らず途方にくれるしかありませんでした。
「華氏911」では「善と悪」、「真実と虚偽」を明確にしようとしていましたが、「A」には明確にすることの危うさ、「善と悪」、「真実と虚偽」に縛られることの怖さがあります。
それはマス・メディア、しいてはドキュメンタリー映像の怖さともつながっています。
マイケル・ムーアはそのメディアの怖さを利用していますが、森さんは利用することに躊躇し途方にくれているようなかんじがします。ドキュメンタリーを撮る以上その対象に対して、肯定的でも否定的でもない立場をとろうとしていますが、上手く中立の立場にい続けることができないことも途方にくれているようでした。

「職業欄はエスパー」でも「そんな、ばかな」という思いと、「不思議じゃない」という思いがせめぎあって、これといった答えは出てきません。
超能力否定派である大槻教授の過剰な反応さえも、大槻教授の真意がどこにあるかは憶測だけでは語れませんし、批判することもできません。

読み終わってみると、この本についてどう方っていいのか、言葉が見つかりません。
どういう受け取り方をしてもその受け取り方で良いのか悪いのか判らなくなってしまいます。

目に見えているものは全てではなく、見えているものでさえそれが確かに見えているとおりのものかさえ怪しくなってきます。
私の見ている紫色はあなたの見ている同じ紫色なのか?から抜け出せないままでいます。
0

2004/8/30

観たい映画  MOVIE


この1年、観たくて観たくてたまらない映画が1本あります。
その映画を観ることができたらしばらくは他の映画を見なくてもいいんじゃないとまで思っている映画です。
東京を皮切りに去年から全国各地を巡回しているのですが、なかなか観ることができません。
気がついたら金沢での公開も終わっていました。
普通に上映しないでイベント上映だったため、気がつかなかったのです。

昨日久しぶりに公式HPを覗いたら
上映館のページに
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「Red Cube(東新宿)
2004年8月29日(日)
上映時間: 18:30(Bar open)
19:00〜22:00
料 金: 2500円
(2本立て+トーク+ディナー+1ドリンク)
定 員: 30名 
(上記HPから要予約、なお、30名を越える場合食事の用意ができないことがあります)
お問い合せ: nest@sf7.so-net.ne.jp 関
当日の問い合わせ:090-9845-3470
*Red Cube アーティストドキュメントシリーズ第1弾
同時上映「会田誠監督作品「ミュータント花子」(英語吹き替版)」
トークゲスト:会田誠(アーティスト)+玉利祐助(監督)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
とあるではありませんか。
8厚29日といえばまさに昨日のことです。
ちょうど、フジテレビの「平成教育委員会夏休みスペシャル」を観て
「5を5つと+−×÷の記号を使って100になる計算式を3つ作りなさい」という問題に取り組んでいた私の悔しかったことと云ったら!
今、この時間に東京で上映会、しかもトークショーつき。
次はいつ機会がくるのでしょうか?
そうしているうちにCSの日本映画専門チャンネル「ドキュメンタリー特選」で放送されちゃうかもしれません。
まあ、それはそれでよいんですけど
とりあえず、好きなものの公式ページには欠かさず目を通しておかなくてはなりませんね。

とにかく観たい、「ニアイコール会田誠 無気力大陸」。
0

2004/8/29

映画「イマジン」  MOVIE


8月のCS「ムービー・プラス」ではビートルズ映画として「イマジン」と「ハード・デイズ・ナイト」が放送されています。
どちらから観てもどちらも観ても良いのですが、
「イマジン」観ました。
番組紹介の映像を見る限りでは、「ハード・デイズ・ナイト」のほうは好きな映画だと思います。でも、観たいのは「イマジン」のほう。
そこにはオノ・ヨーコ以降のジョン・レノンがいるから。

オノ・ヨーコという人を見ると
「美人」や「可愛い」という言葉のほかに「強い」という褒め言葉が女性にはあることに気づかされます。
ジョンとヨーコが出会って、二人は世界中に「平和」を呼びかけますが、その時ヨーコは自分達二人を反戦運動の兵士と呼びます。
世界に平和をもたらすために戦うという発想はなんだか不思議ですが、ヨーコさんを見るとこの人は戦う人だ、と思わずにはいられません。

…うん、上手く考えがまとまりません。
「愛」や「平和」を誰も望んでいるのに、それを訴える人がいたとき誰も彼もがその言葉を素直に聞き入れることは無いということ、曲解して受け入れる人がいること、言葉はそんあに上手く人に伝わらないこととかいろいろ考えさせられるところがあるのですが、上手くまとめることができません。

云ってもどうしようもないけれど、ジョン・レノンが64歳まで生きていたら世界はどう変わっていたか見てみたいです。

映画のラストに流れる「イマジン」は何度聞いても素晴らしい曲です。私もそうなればいいと思います。でも、どこかでそれは簡単なようでとても難しく、不可能かもしれないと思ってもいるのです。
0

2004/8/29

映画「DUEL 荒神」  MOVIE


「DUEL 荒神」をビデオで観ました。

DUELとは、
1 60分(プラスマイナス10分)・2本勝負・禁R−18
2 ワンセット、そこから外へは出てはいけない
3 主演2人の対決を基本とする
4 片方が男優、片方が女優対決とする
5 必ず共通の小道具を画面に登場させるなどお「謎」を持つ
6 予算は同額とする
7 ビジネス面で負けたほうに罰がある、ただし、賞に関しては除外
8 テレビ放送の視聴率が高いほうに褒美がある
9 作品それぞれにおいて黒字になるとボーナスを支給することがある
10 2本立てが1本立てになっても苦情を言わない
という純決の10か条からなる中篇映画2本立て形式の新しい映画だそうで、今回は「2LDK」(女優対決)×「荒神」(男優対決)のうち、後者だけをレンタルしてきました。

監督は、「あざみ」、「VERSUS」のアクションだけは定評な北村龍平氏です。
主演に加藤雅也さんと大沢たかおさんを配し、もうそれだけでも「観るならこっち!」という感じです。
連戦連勝負け知らずの闘神「荒神」と彼を死なすため余儀なく戦う羽目になる侍の闘いがメインというかそれが全ての時代劇なんですが、戦う前に酒を酌み交わし語り合うところや変な形の刀や衣装がわんさと出てくるところや当然のごとく戦いに勝った侍が荒神の跡を継ぐところといい、実にアクション時代劇の王道を行っています。
それをあの「あざみ」な映像で撮っていて、撮られているのが加藤さんと大沢さんなんですからももう打ち震えますね。
特に加藤さんの美しさと要ったら筆舌尽くしがたいです。草刈正雄さんにも似ています。
冒頭とラストで、北村監督といえばこの人(たち)、な榊英雄さんと坂口拓さんが出ているのも凄く嬉しいです。
北村監督の映画は、もうこれ1本でも好いですね。そのくらい凝縮されています。

ところで、「2LDK」との勝負はどちらが買ったんでしょうか?
0

2004/8/29

猫のホテル「愛してる。いや言わんでいい。」  THEATER−TV


「キャノンボール☆ハイ」に続いて、猫のホテル「愛してる。いや言わんでいい。」を観ました。
同じ「下北沢 ザ・スズナリ」での舞台ですが、3倍録画したためなのか、それとももともとこうなのか画面が赤くて非常に観づらいです。
また、せりふも聞き取りにくくて音量が12〜16の間を行ったり来たりしました。
本編と劇中劇とで構成されているので飛ばし飛ばしに見て、なんとか見終わりました。

お話は、大ヒットを飛ばした少女漫画を巡っての漫画家と原作者の20年間に判る確執という、あれ?どこかで聞いたことのなるような?というもの。
そこに、2人が過去に葬りたいと思っている「ダメ漫画」2本が劇中劇としてからんできます。
この「ダメ漫画」が本当にダメで、最初、これが彼女たちの漫画の内容だとは全然気がつきませんでした。
1つは、再起を賭けてドキュメンタリー映画を撮ろうとする売れないバラエティー芸人の話、
もう1つは、寝取られ男のために一肌脱ぐDJコンビの話。
少女漫画家のほうが地方に建てている記念館(い〇らしゆみこ漫画記念館がモデル?)で働く作業員がたまたまその漫画を見つけて「あんた、少女漫画以外のも書いてるんだね。」と云っていましたが、これって何漫画なんでしょう?
「デブが必ず登場している」し…。

細かく笑えるんですけど、やっぱり最後には胸のつかえが取れなくなる猫のホテルでした。
0

2004/8/28

猫のホテル「キャノンボール☆ハイ」  THEATER−TV


まだ生では観たことがありませんが、猫のホテルという可愛い名前の劇団があります。
名前が可愛い割には、内容はシニカルです。
それに見た目が濃ゆいです。
この劇団をはじめて知ったのは、バカ映画で有名な松梨智子さんの「毒婦マチルダ」で、でした。
松梨さんの映画にはこの劇団の人がわんさと出ている上にどの人も個性とインパクトが強すぎてちょっとやそっとでは忘れられません。
人の顔をおぼえるのが苦手な私でも一発で覚えることができます。そのくらいのインパクトがあります。
主催しているのは、千葉雅子さんという方で、ちょっとオノ・ヨーコに似ています。猫のホテルはこれ以外に「新春座長祭り(03)」とMe&Herコーポレーション「ビルの中身」を観ていますが、立ち食い蕎麦やのおばさんを演じていても「姐さん」という感じでかっこいいんですよね。

今日観た「キャノンボール☆ハイ」(2002年7月)は
無差別に女性3人を刺殺し拘置所に入っている男とその男のファンで男の無実を信じなんとかそれを証明しようとする青年の物語です。
野球選手、ヤクザまがいな町金と男を嵌めて無実の罪を陥れたと思われる人物を探るも結果を得られなかった青年が最後にたどり着いた真犯人は、じつは彼を事件に関わらせた張本人である男の妻だったという2時間サスペンスにありがちなオチもこの劇団にかかると変に脱力してしまって「ええ、そんなんで終わり〜」と思わずにはいられません。
猫のホテルの舞台っていつもラストが物足りないというか、いきなりというか、「こんなところで終わる?」って感じがするんです。
嫌いじゃないんですけど、毎回あっけにとられてしまいます。

ところで、9月にはじめて「下北沢 スズナリ」に行くのですが、駅前劇場くらいの大きさなんですね。小さい劇場好きなので楽しみです。

0

2004/8/27

その他もろもろ  MUTTER


うちの母は、夜は私の部屋でくつろぐので、普段私が観たいようなビデオを観ることができません。
先日、うっかりポカスカジャンのライブを見ていて、顰蹙をかってからさらに、母がいるときには、ビデオもCSも観ず、NHKでプロジェクトXや冬のソナタを見ています。
おかげでCSを録画したビデオ、amazonで買ったセルビデオなどがたまりにたまって収拾がつきません。

今日は、母が友達と呑みに行ったので、心置きなくビデオが観れることになりました。
しめしめ、です。
まずは、手始めに「チャーリー・エンジェル フルスロットル」から。
今年になって洋画を観たのって、「マスター・アンド・コマンダー」以来です。
展開が早すぎて、一体誰と誰がつるんでいるのか良くわからないまま話が進んでいきます。
その代わり、前作より仲間意識が強まっていて、人間関係はすっきりした感じです。デミ・ムーアなんてすっきりしすぎてあっという間にいなくなりましたけど。
キャメロン・ディアスもルーシー・リューもドリュー・バリモアもすっかり役に嵌っていて楽しんでいるのがありありです。
作っている側が楽しんでいて、その楽しさが観ている側まで巻き込んでいます。
CGを前面出したアクション映画って好きではないんですけど、こういうコメディー映画で使われるのは好きです。どんどん使ってください。

その次は、たまりにたまっているビデオから、猫のホテル「キャノンボール・ハイ」をチョイス
…したつもりが、なぜかいつの間にかウーマンリブの「キラークイーン666」を観ている私。
丁度CSで放送されていたんですね。入っていたら観るよね。
これを観ると4,5日、頭から白井貴子さんの「チャンス」が離れなくなるんだけど、ついつい見入ってしまいました。
やっぱり、このむちゃくちゃな展開が好き。がちゃがちゃしているところも好き。
ミュージカルは苦手なんですが、映画にしろ舞台にしろ「歌」が入るのが好きです。
戯曲で読んだら、多分訳判らないんだろうけど、舞台で見ると楽しいです。
白井貴子さんや他の出演者さんの歌も聞けませんしね。
で、詳しい内容は、最寄の検索エンジンに「キラークイーン666」を入力してクリックすれば、何処かのサイトに引っかかって嫌というほど読めるんで割愛します。
ビームを出す白井さん、素晴らしいです。これを観た人、白井さんのアルバムとか買っちゃって、コンサートなんか行くんでしょうね。…それはないか。
そういえば、車の芳香剤がなくなっていたのを思いだしました。
明日、「無香空間」買ってこなくっちゃ。

あ、まだ番組途中なのに母が帰ってきました。
これからの展開を考えると、いったんテレビの電源切ったほうが…。
0

2004/8/26

映画「電影行動1:99」  MOVIE


今回は、映画「電影行動1:99」のことです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

香港版の「電影行動1:99」をお友達から貸してもらったのはよいが、読めない中国語&英語字幕を目で追うのが非常に面倒くさい。
そのうちそのうちと、ずっと棚上げしていたところ、そのうち意外や日本でもDVDが発売された。
さらに、8月の下旬からはその日本語字幕版がチャンネルNECOで放送されたので、いよいよ重い腰をあげこれを機に観ることにする。

「電影行動1:99」は2003年にアジア各地で猛威を振るったSARS撲滅チャリティーのため、香港の映画スター、スタッフが結集して作ったショートフィルムをまとめた作品だ。
こういうボランティアのための映画をごく当たり前のように作るのは、香港の凄いところだ。
1本1本はテレビCMの間に挟むため1分弱しかないが、この「電影1:99」では
実際にテレビ放送されたバージョンのほか、短縮する前のオリジナルバージョンとメーキング映像がついている。
内容は以下のとおり。

1「狂想曲」
《監督》 ジョニー・トー、ワイ・ガーファイ
《出演》 アンディ・ラウ、サミー・チェン、ラウ・チンワン
2「子ブタは体調不良」
《監督》 フルーツ・チャン
《監督》 Shine、サム・リー
3「いつも笑顔で」
《監督》 テディ・チャン
《出演》 シッ・ラッイン
4「信じるも信じないも ご勝手に」
《監督》 ツイ・ハーク
《原作》 ウォン・ザ
5「必勝香港」
《監督》 チャウ・シンチー
《出演》 ジェニー・イップ
6「ミス香港は誰?」
《監督》 ジョー・マー
《出演》 イーソン・チャン、ウー・フォン、ニキ・チャウ、 デニス・ホー
7「飛んでる家族」
《監督》 メイベル・チャン、アレックス・ロウ
《出演》 アンソニー・ウォン
8「運よ開け」
《監督》 ダンテ・ラム、ゴードン・チャン
《出演》 アーロン・クォック、ジジ・リョン、ウォン・ジーワー、ジョシー・ホー、ジジ・ライ
9「マクダルの1:99」
《監督》 ブライアン・チェ
《声の出演》 ジャン・ラム、the Pancakes
10「2003年春・追想」
《監督》 ピーター・チャン
《出演》 トニー・レオン、バージニア・ユン
《「オリジナル・バージョン」のみ出演》 クリストファー・ドイル、サンドラ・ン、アルフレッド・チョン、ポール・ウォン、ジョン・チョン
11「輝ける未来」
《監督》 アンドリュー・ラウ、アラン・マック
《出演》 カリーナ・ラウ、フランシス・ン、アンソニー・ウォン、チャップマン・トー、ショーン・ユー、エリック・ツァン、アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、エディソン・チャン


錚錚たるメンバーの名前が連なっているが、カタカナ表記で書くとそんなに凄いように見えないのが悲しい。
その錚錚たるメンバーのなかに香港の黒柳徹子こと、レオン・ライの姿がないのも寂しい。
作品については
1「狂想曲」のアンディ・ラウが相変わらずロン毛が似合っていないことや
6「ミス香港は誰?」には野沢直子がいたり
8「運よ開け」がいまさら「マトリックス」なのもどうかと。
ただ、どれもこれも、良くも悪くも香港的。

どの作品も、「SARS』がテーマであるため、内容は、「香港、加油!」「香港の医療施設、ありがとう!」といった感じで、SARSから時を経た今見るとなんとも云えない。すっかり出遅れてしまった。

とまあ、
香港芸能迷だった頃の私からずいぶん遠ざかってしまったことを改めて実感する。

なお、DVDのほうはさらに特典映像として「全40名にも及ぶスタッフ・キャスト紹介」と「メイキング」映像がついているらしい
そこまでは放送されず、ちょっと残念。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
0

2004/8/25

アジエンス  TV


いまさらなんですが、今日は2回も「アジエンス」のCMを見たものでちょっと気になっていることを書いてみます。

ますます女友達いなさそうになってきてますね、アジアン・ビューティー章子恰。
楽屋に入っても誰とも口を利かず、お弁当も一人で食べていそうな雰囲気を思う存分醸し出しております。
ところで、現在放送中のCMに出てくるその他の踊り子さんたち。
彼女達は何ゆえ、あそこまで髪がチリチリなんでしょうか?
シャンプーのCMにあのチリチリでは、最初から勝負捨てていません?
0

2004/8/25

映画「スウィングガール」  MOVIE


このところ、試写会7連敗つづきででへこんでいたところ、なぜか、監督が舞台挨拶に来る「スウィングガール」の試写会があたりました。
で、今日夕飯を急いで食べて映画館にいそいそと出かけたところなぜか、会場ロビーに一人っ子一人いません。
慌てて、返信葉書を見てみると、
「◆特別試写会 ■映画名 スウィングガールズ ■日時 平成16年8月25日(水)■開場 午後 4:00 開演 午後 4:30」

………開演午後4時!
道理で当選するわけだわ。

これまで、どの試写会も開場6:00、開演7:00だったため、今回もそうだと思い込んでいました。

映画は終了していましたが、おまけで憑いていた「矢口監督、出演者による舞台あいさつ、地元のスウィングガールズによる演奏予定 は映画館の方の計らいで見ることができました。

映画のほうを凄く楽しみにしていたので、地元のお嬢さん方の演奏は耳に入りませんでしたが、目の前で矢口監督を見ることができたのがせめてもの救いかな…。救わないなあ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ