2011/8/4

いまのところハズレなし!(ただし個人差があります)  MOVIE

こちらはmixiの記事の改訂版になります。

取り上げている映画は「路上のソリスト」です。



クリックすると元のサイズで表示します

世界を変えるほどにペンの力は強くはないし
誰も彼もを癒せるほどに音楽の力も強くはなく
ましてや他人の人生を救えるほどに人の力が強いわけでもなく
人生には完璧なハッピーエンドは用意されておらず
例え一時的な大団円があったとしても
その後も人生は変わらず続いていくものです。

ペンの力も音楽の力も人の力も信じないわけではありません。
ハッピーエンドだってそりゃあるでしょう。
でも、そうでない場合だっていくらでもあります。

映画の中では
多少主人公達のおかれた状況は良くはなっているかもしれませんが、
肝心なところは殆ど解決していません。
俯瞰して見れば悪化しているところもそこそこ残っています。

でも、人生なんてなんもかんも上手いこと解決するわけでもないし
確かな「正解」も作り物のドラマのように簡単に見つかるものだったら
こんな楽なことはありません。

ネットでのレビュー・評価を見ると
「ストーリー・テーマが判りにくい(中途半端)」
という声が目立っていますが
この映画に関しては
「新聞コラムの映画化」と云う前提があるためか
これはこれでとても良かったように私は思います。

満点の人生なんてなかなかお目にかからないように
この映画も満点ではありませんが
とてもいい映画です。

演技は勿論のこと
(特にジェレミー・フォックスの目の動き!!目で全てを語ってる!!)
ダウニー・Jrの衣装がいい具合に「おっさんくさく」て
この辺も丁寧に作られているなあ、と惚れ惚れいたしました。


【余談ですが】
「キスキスバンバン」と云い、本作と云い
なぜトイレに行くと散々な目に遭うのか、ダウニー・Jr。



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ