2008/4/9

人は人を殺せる。でも、人は、人を救いたいとも思う。  BOOK


ようやく、森達也さんの著作「死刑」を読み終わりました。

映画「A」からずっと一貫してこの方の作品は
その中にあまりに濃密に「人間」を感じてしまい
人間であること
人間がいること
が凄く悲しくなります。

映画「A」を見るまでは、
週に3〜5本の割合で映画のDVDを見ていましたが
「A」を見たとき
「もうこれで映画は見る必要がない」と、思いました。
もう映画は、この1本で充分だと。

以来、映画はあまり見ていません。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ