当店ではカーライフを楽しむ為、メンテナンス、スタイルアップ、チューニングを総合してお客様に合ったパーツなどをアドバイスしています。お気軽におといあわせください。

2012/10/25

VW GOLF6用 スピーカー発売!トレードインですので取り付け簡単!  VW新着情報!!
下記商品新発売につき!!
キャンペーン販売いたします!!価格はお問合せを!!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

IFVW Golf6


トップ・クォリティ・サウンドを追求する独創的な製品
Focalの車種専用キット第二弾がそのベールを脱ぎます。シンプルでありながら完成されたシステムはGolf6オーナーのために設計されたものであり、素晴らしいリスニング体験をお届けいたします。Focalは常に品質に対する要求に忠実に対応してきました。プラグ・アンド・プレイ製品であるIFVW Golf6においても、サウンド・クオリティと同時にインストールの容易さというふたつの要求を満たしています。 IFVW Golf6 は革新的でありながらシンプルな製品で、最高の音質を手に取るように感じていただくことができます。この専用スピーカー・キットは車内での音楽再生に特化した2ウェイスピーカーで、ウーファー x 1ペアとトゥイーター x 1ペアで構成されており、2種類のスピーカーは音楽的な調和を生み出すように詳細なチューニングが施されています。各スピーカー・ユニットのメカニカル・デザインは、純正スピーカーの形状や取付位置に合わせ、車内インテリアからの制限を十分考慮に入れた上で、どのようにすればサウンド・クォリティを向上させることができるかという点を常に念頭において進められました。世界各国で販売されている車をターゲットにした、車種専用スピーカー・キット導入計画の第二弾としてふさわしい製品の完成です。

IFVW Golf6のインストールは至って簡単
IFVW GOLF6の2ウェイ・フロント・スピーカー・キットは、フォルクスワーゲン GOLF6の純正スピーカーの取付位置にそのままフィットします。純正のヘッドユニットには手をつけず、一時間ほどのインストール作業で、最高のオーディオ・ファイル・サウンドを手に入れることができます。インストール作業に必要なツールは全て製品に同梱されており、インストールの各ステップを紹介するビデオも用意していますので、IFVW GOLF6のインストールは至って簡単です。



サウンドを最重要視
IFVW GOLF6のウーファーは、長期の研究・開発期間を経て能率と再生周波数の最適な妥協点を探り、激しさと繊細さを兼ね備えた低域再生を実現しました。Focalブランドを特徴づけるアルミ・インバーテッド・ドーム・トゥイーターが作り出すニュートラルなトレブル・サウンドは、超高域にいたるまで正確かつ信頼性の高い原音再生を保証いたします。ダッシュボードに自然に溶け込むようにトゥイーター・マウントのデザインも入念に作りこまれており、トゥイーターの取付角度や固定方法を見直すことで、高さ、幅、奥行などのサウンド・ステージが、純正トゥイーターと比較して大幅に向上します。結果として、余計な色づけのない、ピュアでニュートラルな波形を生み出すことに成功しました。



特定の用途に向けた専用モデル
Focalでは、マーケットの多様なニーズに対応するため、2010年から製品ラインナップの見直しを図り、エリート、パフォーマンス、インテグレーションという3つのラインに絞り込んでいます。IFVW GOLF6は、手に入れやすく、取付けが簡単、そして楽しめるというニーズを満たすことを命題としたインテグレーション・シリーズのひとつとしてリリースされている商品です。ここ数年、車内の音響システム技術はたいへん複雑なものになりつつあります。人間工学にもとづいて設計されたコンピューターのコントロール機能、リモート・スクリーン、MOSTテクノロジーに組み込まれたサーキット、スピーカー取付奥行きの薄型化などです。弊社のリサーチによると、これらの技術革新にもかかわらず、車種やドライバーの年齢に関係なくハイクォリティ・サウンドに対するニーズが続けて存在することが明らかになりました。その後、十分な研究、テストや検証、リスニング・セッションを重ね、新たなマーケット・ニーズに応えるべく、ついにFocal IFVW GOLF6が誕生しました。

2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ