2008/9/27

中学3年生・・・その後A  学校、幼稚園

昨日は、長男のPSPを盗んだお子さんのお母様から
謝罪の手紙をいただいたところまでお話しました。
そして、長男宛に送られてきた奇妙な手紙・・・。
今日はその手紙を全文公開しようと思います。
文中出てくるA君はもう一人の被害者のお子さん、
B君は長男、E君はPSPを盗んだお子さん、
K君はクラスメートです。
実名で書かれていましたが、ここでは名前は伏せます。
では・・・手紙の全文です・・・。


A君とお母さんが怒っているせいでEが学校から
離れるかもしれないといううわさを聞きました。
僕にとってEはクラスでたったひとり僕を救ってくれた奴です。
別に仲いいわけじゃないけど、僕にとっては
いちばんまともな奴です。僕のようなかわりもんと
ふつうに口をきいてくれる。Eがいなかったら
僕は学校に通えなくなっていたかもしれない。
EがPSPぬすんだのは悪いと思います。
でも、Eはおばかだから気づいてないけど
EのPSPも盗まれてある奴に使われてるし、それでA君が
そいつと遊んでるとこ僕見たことあります。
A君だってB君だって毎週のようにPSPや携帯ゲームとか
禁止物品もってきてあそんでたのもわるいとおもう。
もっとほとんど毎日ぐらいもってきてた奴もいる。
すごく不公平だとおもいます。何で大人って
みてみぬふりしたりこんなに不公平なことするんだろう?
PSPのなかみ見たがったのはKとその仲間だとおもう。
A君だって僕の目の前で僕の傘をとっていったことある。
僕は何もいわなかったけど傘は禁止物品じゃないでしょ?
ひどいよ。ぼくはぬれて帰った。
Eはそんなことしない。他の奴に怪我させられたときも
あいつは先生にいわなかったし平気な顔して
だいじょうぶって言ってた。
わざとやられたわけじゃないからって。。
僕は勇気がなくて自分の名前はだせない。
でもEがいなくなるんだったらいろいろばらしてやりたいこと
たくさんある。先生だって悪いことやってる。
なんでEがクラスからはなれなくちゃいけないの?

                Eにすくわれたクラスメートより。






私は、この手紙はE君によって作成されたものではないか
と思ったのです。
処分は既に決定され、軽いと言われている清掃です。
学校を退学になることはありません。
「学校を離れるかもしれないうわさ」なんてどこにもない。
なのにこの文面。
親御さんに学校を辞めろと言われているE君しか
知りえない情報なのです。
しかも、お母様から手紙が来た2日後のことです。
共犯がいたのに、その子は処罰されず自分だけが・・・という
悔しさから、共犯者の実名を出したのではないか?
自分の口からは先生に言えないから
被害者に加害者の味方という形で手紙を出し
先生の耳に入るようにしたのではないか?
K君はサッカー部で全国大会に出場し、
優秀選手に選ばれました。
E君はバスケ部のレギュラーから外されています。
どうしてアイツは罰せられないのか?と、
悔しかったのではないか・・・?

消印は、お母様から送られてきた郵便局と同じ。
そこまでは考えなかったのかな?
そして、まさか親が開封するとは思わなかったんじゃないか?
あくまでも私の憶測に過ぎず、E君ではなく
本当にE君を大切に思っている
友人からの手紙なのかもしれません。

E君のお母様から送られてきた図書カードを返送する際の
お手紙に、この奇妙な手紙のことも書かせていただきました。
本当は、この手紙のコピーを同封したかったのですが
E君からという確証があるわけではなかったので
簡単に内容を知らせ、今後このような手紙が
繰り返し息子に届くようなら、警察に届け出て
調べてもらうと伝えました。

担任にも伝え、手紙をFAXしましたが
その後の連絡はありません。
E君のお母様からも連絡はありません。
一体あの手紙はなんだったのでしょうか?

一部では、多額の寄付金を収めている家庭のご子息は
悪事を働いたり成績が極端に悪くても
退学になることはなく、黙認されるという噂もあります。
ご両親共にお医者様のE君のご家庭は
多額のお金を積んでいるのでしょうか?

いくら私立だからといっても、それでいいのでしょうか?
寄付金の件はあくまでも噂だし、
手紙もK君からだと決まったわけでもないので
私個人の感情で決め付けるのは良くないということは
わかっています。
でも、どうしても納得がいきません。
手紙のことは長男には一切話していません。
このことは、過去のこととして忘れるべきなのでしょうか?
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ