2013/4/5

追試?  乳がん

新年度が始まり、街にはまだスーツをしっかり着こなせていない
新社会人の姿が見られるようになりましたね。バッグ
新生活を始められた方、頑張りすぎないで力を抜いて楽しんでね!

私にとっても、4月というのは新たな自分が生まれた
忘れたくても忘れることのできない月。
子ども達の新学期が始まるその日に、乳がんのオペを受けました。
それから丸6年。
優秀ながん患者ではなく、及第点ギリギリで進級してきました。
乳がん治療のフルコースを経験し、辛い思いもしました。
その反面、素敵な出会いも沢山あり、幸せな思いも経験しました。
今となっては後者の方が果てしなく大きいと、心から思えます。

丸6年、小学生が入学してから卒業するまでと同じ。
今回無事進級できれば、晴れて乳がん中学1年生です。(笑)

火曜日、1年ぶりのマンモ、エコー検査と、3月末に受けたPETの
結果を聞きにクリニックに行ってきました。病院
相変わらず混んでいました。
マンモとエコーを担当してくれるDr.Mにお会いするのは1年ぶり。
チャチャチャっと終わらせてくれるでしょう。
・・・と思いきや、雲行きが怪しく・・・。'_';

Dr:「前回来たのいつだっけ?1年前?」
Me:「はい。ちょうど1年前に診ていただいています」

PC 〜カチャカチャとパソコンをたたき電子カルテを確認〜 PC

Dr:「あ〜。ホントだね。じゃあこの1年の間ってことか」

え?何?何がこの1年の間??一体何が起こってるわけ???'_';

Dr:「あ・・・ごめんごめん。乳腺は大丈夫!無事だよ!
   ただ、インプラントに小さな穴が開いたんだな〜。
   少し漏れてるんだよ」
Me:「え!?それって大丈夫なんでしょうか?」
Dr:「早急にどうこうってことではないんだけど、オペは必要だね。
  今日はDr.Nもいるから、この後相談してもらおうかな。
  何度も言うけど、乳腺のほうは左右ともにOKだからね」
Me:「はい・・・」

これって素直に喜んでいいとこなんでしょうか?
確かに、再発、転移がなかったことは喜ばしいことで
中学1年生に進級できたのですが、オペのおまけつきとは。'_';
なんだか卒業に単位が足りなくて追試を受けるかのような・・・。
複雑な心境です。´_`

5年くらい前だったかな〜。
Dr.Nと仲良くしてもらっていた頃、Dr.Nに外科医とはあまり
仲良くならない方がいいんだと言われたのを思い出しました。

予定に入っていなかったDr.Nの診察が急遽入り、
12時半予約のDr.Mと14時予約のDr.Iの診察までの間に
お昼を食べようと思っていた私の計画は見事に崩れ
腹ペコのまま3名の医師の診察を受けることとなったのです。

ごぼう茶で有名になってしまったDr.Nの診察は
・・・また明日記事にします。    ←明日?ホントか?

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ