2013/4/9

ただでは起きない!  乳がん

明日記事にするって言っときながら4日経ってるし・・・。^o^;
そもそも土日なんかにパソコンできる元気が残っているわけがなく。
土曜は悪天候の中、葉桜桜まつりが行われて
早朝から餅つきしてたしね。
まつり終了後は雨・風強まる中野球の試合だったし。野球
日曜は朝まで大雨だから朝の練習はなくなるだろうと踏んでたのに
6時に起きたらピーカンに晴れてるし。>へ<
午前は練習して午後は遠征。吹き飛ばされそうな風に
あおられながらの試合。目を開けてられない時もあったよ。
打ち上げれば儲けヒットになるからね〜と冗談言っていたら
次男がライトセンター間に打ち上げ、風に流されてポテンと落ち
2ベースヒットになっちゃったしね。
笑えたけど全身砂まみれになりました。'_';

月曜は朝からSCだったし、帰宅したら次男の友達が7人も来てて
やれ腹減っただの喉かわいただの・・・フラフラだったよ。×o×

ま、そんなわけで明日と言っていた更新が4日後の今日になったと。
言い訳長いって?^o^; そりゃ〜いつものことだわさ。ウッシッシ

さて、クリニックでインプラントの破損を指摘された私。´_`
ジェル状になっているからザバッて出ちゃうわけじゃないんだけど
じわじわ漏れてくるから入れ替えは必須らしいと言われ
またオペか〜・・・と、少々落ち込みました。 ̄へ ̄
それもね、健側のインプラントですよ!!´Д`

え!?って思われた方のために説明しますと・・・
6年前の乳がんオペの時に、がんのせいでオペを受けるってことが
すごく悔しくて、がんにならなかったら絶対に受けることはなかった
豊胸手術も同時に受けたんですよ。No.1!
・・・と言っても、術側に入れられるインプラントの大きさに合わせる
必要があったため、巨乳なんかにはできず((笑
100CC(つまり1カップ分)盛ってもらったってだけなんですが。
その100CCが徐々に漏れている状態なわけです。

Dr:「もう7年目か〜。このインプラントは僕が開発したやつでね
  とてもいいものなんだけどね。
  7年も経てばもっといいやつができてるからね。
  お菓子の袋とかさ、長年置いておくと目に見えないちっちゃな
  穴が開いて湿気ていたりすることあるじゃない?
  今回の破損はそんな感じかな〜」
Me:「そうですか〜。でもショックですね〜。
  久しぶりに先生に会えたのは嬉しいけど((笑
  これは入れ替えなければならないんですか?」
Dr:「うん。なるべく早い方がいいよ。あまり漏れが多くなると
  取り出しにくくなるからね」
Me:「じゃあオペ、お願いするようですね」
Dr:「でさぁ、どうしても健側は垂れてくるんだよね。
  あと、乳輪の大きさの違いとかは気にならないの?」
Me:「気になりますよ!!全然違うんだもん!」
Dr:「気になってたの〜?早く言えばいいのに!
  乳輪の大きさなんてどういう風にでもしてあげられるよ!
  あと垂れてくるのを引き上げる確実な方法は
  アンダーから乳首まで切り込んで、下方の脂肪をちょっと取って
  縫い付けるっていう方法なんだけど、ちょっと傷が残る。
  まぁ薄くなってくるけどね。
  同時にそれもやるというのなら、半額以下でやってあげるよ」
Me:「ホントですか?じゃあやってもらおうかな〜」
Dr:「じゃあ受付で相談して帰ってね」

今回は術側には一切手を付けず、健側の入れ替えとバストアップ。
オペの予約を・・・と言われたんだけど、
まさかまさかの展開だったから悩んでいると、
3か月後に外来に来たついでに予約しましょうかと提案され
そうすることにしました。ちょうど夏休みになるし。

でもね、帰宅してからあれこれ考えたんだけどさ。
どうせオペするなら、術側も形に不満があったりするから
両方形を整えてもらおうかな〜なんて勝手に結論を出しました。
Dr.に話したわけじゃないからどう言われるかわからないけど
せっかく(?)痛くて高い麻酔するんだったら両方やりたいじゃない?
破損したために希望してもいないオペを受けるなんて
そんなの悲しすぎるって言うか・・・。単に欲張りなだけですが。^o^;

君の執刀医はずっと僕だからと言ってくれたDr.Nを信じて
(最近メディア露出多くてオペの腕にぶってないか心配だけど(笑))
もう1度相談してからオペの内容を決めたいと思います。

転んでもただでは起きませんからね〜!!グー
   

3

2013/4/5

追試?  乳がん

新年度が始まり、街にはまだスーツをしっかり着こなせていない
新社会人の姿が見られるようになりましたね。バッグ
新生活を始められた方、頑張りすぎないで力を抜いて楽しんでね!

私にとっても、4月というのは新たな自分が生まれた
忘れたくても忘れることのできない月。
子ども達の新学期が始まるその日に、乳がんのオペを受けました。
それから丸6年。
優秀ながん患者ではなく、及第点ギリギリで進級してきました。
乳がん治療のフルコースを経験し、辛い思いもしました。
その反面、素敵な出会いも沢山あり、幸せな思いも経験しました。
今となっては後者の方が果てしなく大きいと、心から思えます。

丸6年、小学生が入学してから卒業するまでと同じ。
今回無事進級できれば、晴れて乳がん中学1年生です。(笑)

火曜日、1年ぶりのマンモ、エコー検査と、3月末に受けたPETの
結果を聞きにクリニックに行ってきました。病院
相変わらず混んでいました。
マンモとエコーを担当してくれるDr.Mにお会いするのは1年ぶり。
チャチャチャっと終わらせてくれるでしょう。
・・・と思いきや、雲行きが怪しく・・・。'_';

Dr:「前回来たのいつだっけ?1年前?」
Me:「はい。ちょうど1年前に診ていただいています」

PC 〜カチャカチャとパソコンをたたき電子カルテを確認〜 PC

Dr:「あ〜。ホントだね。じゃあこの1年の間ってことか」

え?何?何がこの1年の間??一体何が起こってるわけ???'_';

Dr:「あ・・・ごめんごめん。乳腺は大丈夫!無事だよ!
   ただ、インプラントに小さな穴が開いたんだな〜。
   少し漏れてるんだよ」
Me:「え!?それって大丈夫なんでしょうか?」
Dr:「早急にどうこうってことではないんだけど、オペは必要だね。
  今日はDr.Nもいるから、この後相談してもらおうかな。
  何度も言うけど、乳腺のほうは左右ともにOKだからね」
Me:「はい・・・」

これって素直に喜んでいいとこなんでしょうか?
確かに、再発、転移がなかったことは喜ばしいことで
中学1年生に進級できたのですが、オペのおまけつきとは。'_';
なんだか卒業に単位が足りなくて追試を受けるかのような・・・。
複雑な心境です。´_`

5年くらい前だったかな〜。
Dr.Nと仲良くしてもらっていた頃、Dr.Nに外科医とはあまり
仲良くならない方がいいんだと言われたのを思い出しました。

予定に入っていなかったDr.Nの診察が急遽入り、
12時半予約のDr.Mと14時予約のDr.Iの診察までの間に
お昼を食べようと思っていた私の計画は見事に崩れ
腹ペコのまま3名の医師の診察を受けることとなったのです。

ごぼう茶で有名になってしまったDr.Nの診察は
・・・また明日記事にします。    ←明日?ホントか?

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ