2011/4/25  間違ってる!  乳がん

キャンディーズのスーちゃんが亡くなりましたね。T_T
訃報を聞いたとき「え?」という気持ちよりも
「またか」
という気持ちが強く、苛立ちを感じました。´_`
また一人同病者が亡くなった・・・。

20年近く前に罹患し、長い間治療を続けてきた・・・と。
発症したのが35歳?・・・私と近いな〜。
初発は左乳がんで数年後に右乳がん。
両胸にがんを患いつつもキラキラ輝いていたのは
がんで弟を亡くしたスーちゃん、妹を亡くしたご主人共に
命に限りがあることを強く認識し、限りある命を精一杯
楽しく過ごしていこうと思っていたからかな。

私も明るく元気に!!グー
周囲にはがん患者だということを悟られず、気を使われず
いつも笑って元気を配りたい。
スーちゃんの生き方はお手本みたいな感じだな〜。
でもさ、20年もの間、再発の恐怖と戦いながら生きるなんて
ホントに嫌な病気だよね。
5年、もしくは10年の治療と言われているけれど、
無事に終えることができても無罪放免というわけにはいかない。 ̄_ ̄
結局、寿命を全うするまでずっと再発転移の心配をするんだ。
同病者が亡くなると、ついつい落ち込んじゃう。↓

だけど、最期の声を、感謝の気持ちを伝えることができるのは
命の火が消えるまでの猶予を与えられた、この病気ならではだね。
今回の震災で亡くなった方たちは、予想もしなかった出来事に
突然命の火を消され、何もできなかった。
どんなに悔しかったことか。

スーちゃん・・・私もみんなに笑顔を送り続けるよ!!
長い間、お疲れ様。ゆっくり休んでね。

そんなスーちゃん、スポーツクラブでも話題に上がっていました。
更衣室で髪を乾かしながらスーちゃんと同年代の女性2人が

「ショックよね〜!」「大ファンでさ、レコードも全部持ってる!」

なんて話してたから、何気なく聞き耳立てていると耳

A:「怖いよね〜。あっという間に死んじゃったんでしょ?」
B:「いや、20年前からだったみたいよ」
A:「え?20年?私同年代だから怖いなぁ」
B:「いや、乳がんはさ、子ども生んだことが無いとか、
  母乳が良く出なかった人がなるのよ。
  私は母乳もたっぷり出てたし、こんな小さい胸だからね。
  ならないわ」
A:「え〜!そうなんだ〜。私母乳でなくてさぁ。まずいかな?」
B:「まぁ、その胸なら大丈夫よ!(笑)」


なんて会話をしているじゃないですか!'_';
子ども生んだこと無い?母乳が出ない?
どちらも全く当てはまらないんですけど〜!¬_¬
家族、親戚にもがん罹患者はいない。
Bさんが言っていることは正しくない。
がんにならないなんてこと、軽々しく言ってはいけない。
あくまでも可能性の問題で、そういう人は何もない人より
ほんのちょっと罹患する確立が高くなるというだけ。No.1!
何もない人の確立が低くなるわけではない。

話を聞きながら心拍数が上がり、身体が熱くなってきた。
「それは間違ってるよ!検診は必要!」って
大きい声で叫びたかったけど、ぐっとこらえて・・・。
仲の良い会員さんなら、友達が・・・と例を出して説明したんだけど
話したこともない会員さんに、いきなり「検診受けて!」とも言えず。
もっと正しい知識を持てるよう、報道して欲しいな。 ̄へ ̄

がんを予防できる特効薬・・・頑張って開発してください。ゴメン
5

2011/4/21  半端な反抗禁止  家族のこと

最近あまり気にしていなかった我が家のエンゲル係数。
高いに決まっているんだから、見て見ぬ振り。 ̄へ ̄
毎月お米は20キロちょっとかな〜・・・なんて
大雑把にわかってはいたんだけど。

今回の震災で関東地方にも食料不足の波が押し寄せ
あちこちで買い貯めに走る主婦の姿が報道されていました。
今ではほとんどの食品が手に入るようになり
それほど不自由を感じなくなりましたが、一時はスーパーから
パンやお米が消えてしまっていました。
我が家は、地震の起きる前にたまたまセールで安くなったお米を
ドンキホーテで30キロほどまとめ買いしていたので
とりあえず米不足で困らないかな?なんて思ってた。

その30キロが今日、底をつきました。×o×
震災から40日。
むむむ・・・ ̄_ ̄ わかっちゃいたけど40日で30キロか。^o^;
・・・ってことは4日で3キロ・・・。>へ<
わちゃ〜〜。×o× 実家の米消費量、1ヶ月で2キロなんだけど。^o^;
どんだけ米食ってんじゃ〜。↓
これで次男が食べるようになったら・・・おそろし〜〜〜。´Д`

我が家の食糧事情はこのくらいにして・・・。

心配してくれているブログ友も多い我が家の長女。
例の一件があってから  ←どの一件だよ
生活指導の先生たちに気に入られてしまったようで・・・。^o^;
毎日のように絡まれてうざいと申しておりまする。

「nagu娘ちゃん、そのスカートは短すぎるんじゃないか〜い?」
「nagu娘ちゃん、〇〇先生って知ってる〜?」
「nagu娘ちゃん、部活何やるの〜?踊るとこ見た〜い!」


・・・みたいな。^o^;
えらい変わりようじゃないですか〜〜!!¬_¬
生活指導って体育の先生が多いんだけど、私の娘だけあって
不思議に体育の先生には好かれるという・・・ね。^o^;

私も高校生のときはこれでもかってくらい校則違反してたわけ。
白い靴下が指定なのに真っ赤なの履いていったりね。

「そこの赤い靴下はいてるヤツ!!すぐ脱ぎなさい!
 あ〜!naguちゃんじゃない!まったく何やってんの!
 明日は白いの履いてきてよ〜!」


・・・みたいな。^o^;
授業態度はかなり悪かったし、制服も着崩すし、
先生に擦り寄っていくなんてこと全く無かったんだけど
何で好かれていたのか今でもわからない。
長女もそれと同じなのかな〜?

私、嫌いな先生の授業は妨害したり  ←なんて悪いヤツだ!
板書も一切せず、ノート提出の際は、自分が独自に勉強して作った
みんなのとは全く違うノートを提出したりしてたんだけど
嫌いなヤツの教科ほど成績が良くてね。ウッシッシ

「お前の授業なんか聞かなくたってできるんだよ!」 って
今考えれば意地張って、かなり自分の首絞めてたな〜。´_`
適当やって適当な成績でも良かったのに、
反抗しつつ成績が良い・・・なんてのに憧れたりしてさ。(笑)
結局、成績良ければたいしたこと言われないんですよ。
私が持っている教師ってヤツのイメージはそれなの。
良い先生に巡り合えなかったんだよね。・・・長女みたいには。

だから、長女にも「嫌いな先生の授業は聞かなくても良い」
言ってしまっています。  ←それ、駄目でしょう
そのかわり、その教科はトップを取るくらいの気持ちでいけと。
態度悪い、成績悪いじゃあ、それ見たことか・・・じゃない?
それができないんだったら半端な反抗はするなと付け加えて。No.1!

今のところ、毎日行われるテストもコツコツ勉強しているため
成績は良く、テストで分けられた英語のクラスも上位クラス。
そうそう。そうやってれば先生の態度も変わってくるってもんよ!
問題は、いつまで続けられるか・・・なんだけどね。^o^;
あ・・・因みに数学は下位クラスになったそうです。^o^;
お母さんは数学大好きだったのに・・・。  ←まさかの理系

「高校がこんなにつまらない所だとは思わなかった。
 もう勉強したくな〜い!行きたくな〜〜い!」


毎日そうぼやいていますが、きちんと起きて学校に行ってます。
そうそう。何に対しても逃げ出さず続けることが大事だよね。
そのうちきっと楽しくなるさ!

土曜に長女のクラス懇談会があるので、担任の先生に
よ〜〜〜〜〜〜くお願いしてこようと思ってます。ウッシッシ
5

2011/4/16  生活指導A  家族のこと

長女の高校に抗議の電話をして数時間後、
私は次男の塾の懇談会に出かけていたのですが
私が留守の間に高校から電話があったそうです。
夫は長女が髪を染めて指導されたということは知っていましたが
地毛じゃないから美容院で黒く染めろと言われた日は飲んで帰宅、
翌日高校に電話をした時間にはまだ起きてこず・・・という状態で
私が抗議の電話をしたことを知らないまま
高校からの電話を受けたわけです。No.1!
・・・さぞ驚いたことでしょう。^o^;

夫曰く、朝の会議で議題に出し、入試の面接官と
全ての生活指導担当で話し合った結果、やはり今の髪の色を
認めるわけにはいかないという結論に至ったと。ドクロ
学校側の結論だと言われてしまったら、従うしかないでしょう?
悔しいけれど、そもそも原因を作ったのは長女だし
今回は黒く染めさせようと、夫と話して決めました。
ただし、茶色い髪が生えてきて、黒く染めた髪と
明らな違いが出た場合は長女の言い分を聞き入れなかった学校に
詫びてもらおうと決めました。    ←諦めが悪い

帰宅した長女にいきさつを話すと「聞いた」と一言。
その日のうちに美容院に電話をして、私の担当者に訳を話し
夕方連れて行くから・・・とお願いしました。

そして私は長男の三者面談へ・・・。
この日は3人の子ども全ての学校、塾関係のことをこなし
精神的にかなり疲れてしまいました。@〜@

髪も黒染めして(ホントに真っ黒!)文句ないだろう!!と
送り出した月曜日。
午前授業のはずなのに長女が帰宅したのは15時。
中学の友達と制服で集まる約束をしていたので
学校からそのまま行ったんだ・・・位にしか考えてなかったのですが
帰宅早々「腹減った〜〜〜〜!!」と言うので
あれ?と思い、どうして遅かったのか聞いてみると
また生活指導を受けてこの時間になってしまったと言うじゃない!´Д`
今度は何だよ??¬_¬

先:「あなたねぇ、スカート切ったでしょう?
   うちの制服は切ったらすぐわかるようにスカートの裾に
   大きいチェックの横線がくるようになっているのよ。
   作り直すようになるから」
娘:「切っていません」
先:「じゃあ直せるのね?」
娘:「はい。糸を解けば直ります」
先:「明日までに直して私に見せにきなさい!」
娘:「何組の教室に行けばいいんですか?」
先:「H組よ」  ←小さくて聞き取れない
娘:「は?」
先:「そんなは〜とかあ〜とか言われてもねぇ!なんなわけ?」
娘:「なんて言ってないんですけど!」
先:「いちいち人の揚げ足取るんじゃないわよ!
   あなた誰かに話しては?とか言われたらむかつくでしょ?」
娘:「別にむかつきませんけど」
先:「そういう態度じゃこの先自分が困るのよ!!」


こういう会話が延々と続いていたらしく、途中で担任が割って入り
長女を別室に連れて行ったそうです。
長女の担任は仏教の担当で、お坊さんです。
初め「え〜〜?」と思ったんだけど、これがまた素晴しい!キラキラ
悟りを開いているからね。落ち着いていて人の話を聞きだせる。

坊:「毎年俺のクラスにお前みたいな子が1人はいるんだよ。
   お前とはいつか向き合って話をしようと思っていたが
   こんなに早くその機会ができるとは思わなかった。((笑
   お前は人から誤解を受けやすいタイプなんだよな。 
   他の先生が言っているような態度の悪い生徒だとは
   俺は思っていないんだ。
   高校生になって少し大人になったような気がして
   やってみたいことが沢山あるのはわかる。
   学校の規則だってまだよくわかっていないだろうし。
   でも、お前は注意を受けたことを素直に聞いて
   きちんと直してきているじゃないか。
   お前は人の話をきちんと聞ける素直な娘だと思う。
   ただ、口調がきついから、お前にとっては普通でも
   相手は挑発的だと思ってしまうことがあるんだ。
   入学して日も浅いのに指導されてばかりで
   こんな学校つまらないとか行きたくないとか
   思ってしまうかもしれないけど、
   俺が絶対にお前をこの学校に入ってよかったって
   思わせてやるから!だから頑張ろう!」


こんな風に言ってくれる先生います???T_T
こう言われて長女も今まで受けた指導方法の不満を吐き出し
自分の反省点も語ることができたそうです。
親としても涙が出るほどうれしくて、泣きながら長女に
「よかったね。理解してくれる先生に出会えて。
 そんな先生に出会える生徒なんてホントに一握りだよ。
 お母さんはそんな先生には出会えなかったもん。
 きっとこれから楽しくなるよ」
と言いました。 

翌日直したスカートを生活指導に見せに行くと
「昨日はごめん」と先生に詫びられたそうです。◎o◎
長女の担任が生活指導に言ってくれたんでしょう。

仏教系の学校で、古臭い考えかたの先生が多いから
少し心配してはいたんですが、普通の先生たちより
仏教を極めた先生のほうが今の子ども達を理解し
聞く耳を持っていてくれるんだ・・・お坊さんってすごいな〜と
感心してしまいました。 ̄へ ̄

私も聞いてもらいたい話が山ほどあるんだけど・・・。^o^;

これで長女が落ち着いて高校生活を楽しんでくれるといいな〜。
6




AutoPage最新お知らせ