2008/12/13

気を使わない美容室  髪の毛のこと

木曜日、朝からバッタバタだった私。(_xx)_バタッ…
ま、いつものことなんだけどね。(^ω^;)
東大病院の診察を終え、渋谷に向かいました。
何で走ってるかって?・・・昨日の記事をご覧下さい。m(_ _"m)

渋谷に向かったのは他でもない道玄坂のアンケート!
・・・ではなく、納まりのつかない髪を何とかするべく
WIGを作ってもらい、地毛デビューをさせてもらった美容室
「an」に予約を入れていたためです。

もう地毛デビューしたんだし、地元の美容室も良いのだけど
やっぱり気兼ねなく色々聞けて、相談しながら
カットできるのはここしかないんだよね。
個室で切ってもらえるしね。

30分遅れてしまったけど、汗だくで到着した私を
笑顔で迎えてくれ、冷たいお茶を用意してくれた。
「伸びましたね〜!」とニコニコしている美容師さん。
そうなの。ホントに伸び放題。トップと前髪以外はね。
       クリックすると元のサイズで表示します
これ、カットする前の私の後姿です。
化学療法終了からほぼ1年。こんなに伸びました!
でもね〜、クリンクリン。 ←レレレのおじさんじゃないよ!
これで前髪が長ければ「マダム」って感じで良いんだけど
前髪がないと、的屋に変身しちゃうんだよね〜。

どこが気になっているか、どうしたいかを話して
あとは美容師さんに考えてもらう。
結論から言うと、カラーをしなおし、サイドとバックを
つながるようにカットし、襟足をすいていく。
そう決めた理由は、縮毛矯正には短すぎ、
矯正しても伸びてくる根元との差が目立ち、
酷い人はパンチパーマみたいになるということと
傷めるの覚悟でストパーをかけても、
伸び始めたら縮毛矯正と同じだし、全てが真っ直ぐだと
私の顔が大きいのが強調されて目立ってしまうこと。
そんなことから、パーマはかけずにカラーでもっと明るくして、
伸ばしやすい髪形にすることになったのです。

まずカラーから。
赤っぽくしたいので、ナチュラルチョコレートを選び
ハケで色を入れていきます。
染め終えてのシャンプー、マッサージの気持ちいいこと!
「かなり凝ってますね〜
・・・いつものことだ。誰でもそう言う。

そしてチョキチョキ切っていきま〜す。
出来上がったのがこれ。

       クリックすると元のサイズで表示します

どんな感じですか?
私的にはかなり気に入ったんですが。
カラー、シャンプー、カットで5250円!
どうです?このお値段。 グ〜 
周りに気を使う必要もなく、病気の話や病院の話なんかも
しながら綺麗にしてもらった上に安い!
みなさんはどんな美容室に通っていますか?
「an」いいですよ〜〜〜〜〜!
0

2008/12/13

ドラッグ・ラグ  

日本では製薬会社の申請の遅れや
審査官の数が少ないなどの構造上の問題で、
海外で開発・発売された新薬が、承認されるまで
平均で約4年かかると言われている。
このような海外と日本との薬の承認までにかかる時間の差を
「ドラッグ・ラグ」と呼ぶ。

長年に及ぶ患者や家族たちの訴えなどにより、
舛添厚生労働大臣は2007年10月13日、
日本で薬の承認にかかる時間を5年の計画で欧米並みの
1年半に短縮するため、薬の審査制度の見直しをすると
明言した。

卵巣がんについては、アメリカで少なくとも10種類以上の
抗がん剤が承認されている
が、現在、日本では
2種類の標準薬しか使えず
、しかも、日本で使用されている
抗がん剤に対しておよそ10%の人がアレルギーを起こし、
最初から治療することができないケースも多い。
常に再発の恐怖と背中合わせの
「卵巣がん」患者たちにとって、時間がないのが現状。

*卵巣がんは、増加傾向にあるがんの一つ。
 初期にはほとんど自覚症状がないため、
 進行してから見つかることが多く、年間約6000人が発症、
 約4000人が死亡している。
 抗がん剤が治療の柱だが、卵巣がんの治療薬として
 保険が適用される抗がん剤は限られているのが現状だ。

こうしたドラッグラグを解消したいと、
「卵巣がん体験者の会スマイリー」を中心に
署名活動が繰り広げられている。

私の大事な友人Sちゃんは・・・
同じ病院で合宿のように入院生活を過ごした
卵巣がん患者の友だちを、今月相次いで二人
失ったそうです

他の部位のがん治療には日本でも使われている薬が
卵巣がんにはまだ使えない。
保険適用外の薬剤で治療が出来る(経済力のある)人は
一握りではないでしょうか・・・。
目の前にある効くかも知れない薬を使えずに
逝ってしまうなんて悲しすぎます!!

署名は12月31日が締め切りだそうで、
お知らせするのが遅くなりましたが、どうか!
できる範囲での署名を募ってはいただけないでしょうか?

また、ブログをお持ちの方は、出来ましたら同じ主旨の
記事を掲載していただけたら助かります。

「卵巣がん体験者の会スマイリー」代表の
カタギさんに確認したところ、遠方の友人の分や、
プリンターの無い方、一人分の署名では送る勇気の無い方
などの分を代筆する事は可能だそうです!!
「要はその人が賛同の意志があればオッケーです」
との事ですので、さらに多くの署名が集めやすいと思います。
詳しくは以下をクリックしてご覧下さい。    

抗がん剤ドキシル他の早期承認を求める署名活動
こちらのページ内の署名用紙をダウンロードし、
プリントアウトして使ってください。


以上の内容はLwCの心友himiちゃんのブログから
コピペさせてもらったものです。

LwCには様々な部位のがんを患った仲間がいます。
自分は乳がんだから卵巣がんは関係ないわ・・・ではなく
助かるかもしれない命をあきらめたくないと思って下さい。
助かる可能性は高いけれど、承認されていないから使えない
というそんな不条理な言葉で片付けてほしくない。

乳がん治療の薬も、遅ればせながら認可を受け、
増えました。
そのお陰で元気でいられる人も沢山いると思います。

いっしょに変えていきませんか?
がんという憎いやつに打ち勝つ人を増やすために・・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ