2008/4/17

抗うつ剤  術後補助療法

私は今、術後の補助療法としてフェマーラを服用している。
この薬は閉経後乳がんの治療に有効とされている。
私はまだ39歳で、閉経前ではあるが
半年間の化学療法により、閉経状態になっているため
この薬が有効というわけだ。

閉経していない人は、リュープリンで閉経状態にしてから
この薬を服用する。
私の場合、今後生理が戻る可能性があるため
3ヵ月ごとにホルモン値を計測し、数値が上昇してきたら
リュープリンを打つことになっている。
決して安くない注射なので、閉経状態で打つ必要は無い。

ホルモン療法は、化学療法と比べて副作用が軽いと
言われているが、健康な時と比較すれば
決して軽い副作用とは言えない。
私の場合、ホットフラッシュと言われる「ほてり」や「多汗」などの
症状は軽く、火照って暑い訳じゃないのに何故か頬が赤い。
それはそれで恥ずかしいのだが、
恐らく、ホットフラッシュを経験されている人と比べれば
考えられないほど軽いものだと思う。

ただ、間接痛がひどい。
常に背中に誰かを背負っているような重さ(こわっ!)と
立ち上がるときの骨盤の痛み。
もともとヘルニアだったり肩凝りがひどかったりするのだが
毎日が重度の凝り状態。
典型的な更年期症状らしい。
リュープリンを打つと、骨疼痛の一過性増悪が見られる。
確かに、化学療法前にリュープリンを打った時は
間接痛が今よりひどくて、どうにも我慢できないほどだった。
それと比べたら軽度になるのかもしれないが
常に肉体疲労を感じてしまうこの重み。
何とかならないかとDrに相談した。

そこで処方されたのがジェイゾロフト
これはうつ病やパニック障害の治療に使われる抗うつ剤だ。

・・・私って・・・うつ状態なわけ?・・・

続きを読む
1

2008/4/14

検査結果  乳がん

12日に岩瀬先生の診察予約をしていたので
クリニックに行って来ました。
この日は前回受けたホルモン検査の結果と
2週間前に受けたPET検査の結果の説明を聞くことに
なっており、クリニックに向かう足は緊張で小刻みに震え、
徒競走の「位置について」の時みたいな心臓のバクバク音。
ヒョエ〜。 怖いよ〜。
なんだかコレって手術後の病理結果を聞く時と同じ・・・。
あの時も必死にクロッキーを探しながら
「リンパ転移がありませんように」 と念じて
クリニックに向かったんだ。
冷静に話すDrを見ていて「よし、これならきっと大丈夫だ」
なんて思った矢先に「リンパには転移していました」って
言われたんだったな〜。
前回は抗がん剤を使う必要があるかどうかの選択。
今回は更に重い・・・。
今度「転移」の言葉を聞く時は、今まで以上にキツイ治療を
エンドレスで受けることになるのだから。

勿論、転移が見つかっても元気でいる人は沢山いる。
元気でいてくれる人が多いということは
乳がん治療中の私にとっては嬉しい限りだ。
私も先輩方のように、自分の身体を信じて頑張れば良い。
でも、転移はしたくない。・・・それが本音だ。

クリニックに到着し、本を読みながら呼ばれるのを待つ。
1番の診察のはずなのに呼ばれない・・・。
20分経過した時、看護師さんがやってきて
岩瀬先生がまだ東大を出ていないということを告げられた。
到着次第の診察になるが20分は待つことになると・・・。
早く言ってくれればお昼でも食べてきたのに
これから20分じゃ厳しいな〜。
仕方なく、そのまま読書タイムを続けることに。

・・・緊張してるくせにご飯食べたいのかって?・・・

はい。どんな時でもお腹がすくんです。私。(;¬∀¬)ハハハ…

岩瀬先生が到着して呼ばれ、診察室に。
ここでも看護師さんやDrの顔色を窺ってしまう私。
表情からは何も読み取れない。
顔に出さないって・・・すごいな〜。

机には3枚の紙が並べられていた。

続きを読む
0

2008/4/12

新学期初のお休み  家族のこと

新学期が始まって早くも1週間。(正確には6日)
月曜が入学式だと、1週間休み無くフルに学校だから
長女も次男も疲れただろう・・・。
長女は入学して2日で、初潮を迎え慣れないこと尽くしで
ちょっと可哀相だった。
長女は152センチで34キロ。ほそっっ!
身長は私とほぼ同じなのに体重が20キロ少ないって・・・。
どういうこと?・・・私がデブなだけですが・・・。
最近大分身体が丸くなってきたな〜とは思ってた。
環境が変わると生理が始まるっていうのは
あながち嘘ではないようだ。
長女は小学校を越境していたため
同じ小学校の友達が通う中学には行かなかった。
申請すれば変えられたのだが、
その中学校までは徒歩で40分。
公立の中学校に40分もかけて通うのは無理がある。
長女は「友達と一緒じゃなきゃいや〜」なんて言う
女の子特有のねちっこさは無く、親の心配をよそに
「友達いなくても近くの中学校に行きたい」と
学区内の中学に進学した。徒歩10分。

さすがに初日は誰とも話せなかったが
この1週間で友達ができ、一緒に登下校するようになった。
楽しそうに学校の様子を話してくれる長女。
良かったね。
小学校の仲良しグループは受験組みが多くみんなバラバラ。
メールでそれぞれの学校の近況報告をしている。
学校によってやることが全く違うから
メールを読んでは「え〜!」とか「いいな〜」なんて
声を発している。
来週からは部活の仮入部も始まるらしく、
益々楽しく、忙しくなるね。・・・今日はまだ寝ています・・・。

次男は積極的なほうじゃないから
まだ新しい友達はできていない様子。
昨日は「わくわく」に入っていたので迎えに行くと
「お母さん、教室に行かなくちゃ。」と。
ランドセルは「わくわく」の教室に持ってきているはずだし
どうして教室に帰らなきゃならないのか?聞いてみると
「教科書とか筆箱とか、全部机に忘れてきた。」と。
え〜〜〜〜! マジですか?
慌てて教室に行くと、先生達が打ち合わせ中。
忘れたことを話して教室に入ると、先生は
「そっか〜。先生、体操服と上履きしまってって
言っただけだったもんね〜。
その他はしまわなくて良いと思ったんだね〜。」と言った。
幼稚園のときも「上履き袋持って帰ってね〜」と言われて
上履き置いて袋だけ持って帰って来たことがあったな〜。
まだまだ幼稚園児同様。
少しずつしっかりしていくだろうか?
次男は新しい習い事も始まったのに疲れも見せず
元気いっぱい!今日も早起き。

私は長男が学校だからいつもと変わらず早起きでした〜。
(6時半って早くない?
今日はこれからクリニックでPETの結果説明。
吉と出るか凶と出るか・・・。キンチョ〜。
神様・・・。お願いします。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ