2008/1/31

ランドセル  家族のこと

昨日は先生方の研修会のため幼稚園が休園だった。
長男、長女は休みではないので、
のんびりできるわけではなかったのだが
2人を送り出してから次男と共に実家に行ってきた。
正月に挨拶に行った時、祖父と次男が約束を交わした。
「入学のお祝いにランドセルを買ってやる」と。
祖父はかなりの資産家だが、すっごくケチ。
金持ちはケチとはよく言ったもんだ。
そのケチな爺さんが買ってくれると言うのだから
気が変わらないうちに買ってもらわねば・・・と
早々に日取り調整をして、昨日に決まったのだ。

我が家から実家までは車で1時間ほど。
祖父はせっかちなので、開店同時に店に行くと言う。
高島屋の開店は10時だから家を9時に出れば充分と
のんびりしていたのだが渋滞に引っかかり
実家に着いたのが10時10分。
その10分が待てない。
祖父は何度も母に催促をしたらしい。
祖父を乗せ、高島屋へ向かった。

祖父は大正生まれの94歳。
杖を突いて歩くが、信じられないほど元気。
ひ孫が6人。まだ子供を生んでいない孫が3人いるから
ひ孫の数は更に増えるだろう。

高島屋のランドセル売り場は閑古鳥。
そりゃそうだ。
賢い消費者は定価のランドセルなんて買うはずない。
そこへ年配の紳士(?)がひ孫を連れて来れば
店員も逃してなるものか!と飛んでくる。
一通り説明を受け(3人目だから必要ないのに)
スポンサー付きということで、
本皮のつや消しタイプを選んだ。
その中でも背宛に入っているスポンジが
NASAで開発された「衝撃吸収スポンジ」を
使っている物にした。
背宛はいわゆる「天子の羽」の中でも最新で
成長しても常にフィットするように作られており
ボコボコしている。
そんなの必要なの?とも思ったが、
買ってもらえるなら「良い」と言われている物にするかと
値段は気にせず、機能性を気に入った物にした。
気になる金額は・・・。
5万8千円!!!!! あり得ない・・・。
私の鞄を買ってくれ〜〜って感じ。

我が家で買った長女のランドセル3つ分。( ̄▽ ̄;)
こんな高級ランドセルを買ってもらうのに、更に
高島屋のポイントを私のカードにつけてもらおうと
思って準備しておいた。(・・・せこっ!)
が、なんと!敵は(いつから敵?)
高島屋のゴールドカードを出したのだった!
ポイント横取り作戦はあっけなく失敗。
私のは赤〜いやつ。・・・94歳に負けた。
ま、元々勝てる相手ではないんだけど。

店員にリボンやのしをつけるか聞かれたが
自宅用に包んでくれれば良いと答えた。
すると祖父は「ただか?」と聞き、
ただならリボンをつけるように言ったのだ。
恐るべし・・・。 ケチな金持ちだ。

買い物が済んだあと、喫茶店に寄りたいというので移動。
祖父は健康管理を徹底しているので、
毎日同じ時間にココアを飲む。
その時間がやってきたようだ。
次男はジュースを、私はコーヒーを頼み
ゆっくり飲んでいたのだが、自分のココアが飲み終わると
「さ、行くぞ」・・・チ〜ン・・・。
まだ残ってるのに・・・。
慌てて飲み干し店を出た。
なんて自分勝手な爺さんだ!
長生きするわけだ。
ランドセル買ってもらっといて文句も言えないので
低姿勢で言う事を聞く。(´∀`;)

実家に戻り、両親に報告すると驚いて
「よく6万近くの物を買わせたじゃない!」と言われた。
実家は玄関も別の2世帯住宅になっているので
話を祖父に聞かれる心配はない。

自宅に戻って夫に報告すると、値段に驚き
「返品して安いのに買い替えちゃうか」だって。
カードで買ってるんだからばれるっつ〜の!
せこい夫婦です・・・。(;^△^)ア、ァハハハハハハ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2008/1/29

変わったね〜  友達のこと

今日は次男の園のお手伝いに参加した。
合気道をするために格技場に畳を敷く。
結構な労働量だ。

先日から爪の状態が悪く、根元の半分まではがれ
今にも皮膚がむき出しになろうとしている。
この指で畳を運ぶのは無理だな・・・と
次男には爪を見せて行けない事を説明したのだが
どうしても来てほしいと駄々をこねられた。
去年は合気道の練習日が化学療法日と重なり
顔を出してやれないことがほとんどだった。
今まで来てほしいと駄々をこねた事がないのは
私の治療ということを幼いながらも理解し
我慢していたのだろう。
先生に爪の状態を話し、足手まといかもしれないが
子供が来てほしいというので行くと伝えた。

「何もしなくていいんです。
 ただ、来てくれることが嬉しいのですから。」
と言ってくれた先生。涙が出ちゃったよ。

まず園で子供達の着替えを手伝う。
子供達は帯を結べないから、親が結んでやる。
着替えが終わると格技場へ移動。
そこで畳敷きをする。
移動の途中、去年同じクラスだったママ友に
「メイク変えた?顔の感じが変わったよ〜!」
と言われた。
Wigのせいかも・・・。と、内心ドキドキ。
「太ったせいじゃないかな〜。春から4キロ増えたのよ。」
と答えたが、今一腑に落ちない様子。
顔か・・・。まつ毛だな。

あまり気にしていなかったのだが、
まつ毛がなくなっていた。
まじまじと見ていなかったから気付かなかったというか
もともと少なかったから感じなかったというか。
でも、まつ毛があったときの表情とは
確かに違う。間違い探しみたいだ。
何かいつもと違う顔なんだけど、
どこが違うのか分からない。
友達はそう思っていたのだろう。

正解は・・・まつ毛でした〜・・・。

髪の毛と共に、1日も早く生えてきておくれ〜!
0

2008/1/26

爪、その後  副作用

昨日皮膚科に行ってきた。
前回の診察で、浸出液もなくなり
爪の復活を待つのみ!と言われていたので、
しばらく行かなくてもいいかな〜
なんて考えていたのだが、
親指の爪が今にも剥がれ落ちそうになってしまい
怖くなって急遽行くことにしたのだ。

足は文句なし。すごく善くなっているので心配いらない。
剥がれそうな手の親指の爪は
横が剥がれてとれているが、根元はくっついていて
無事らしい。
自然に取れてしまうことは無いそうだが
どこかに引っ掛けて剥がしてしまうのが怖い。
下に新しい爪ができれば、自然に取れる。
それを待つのが理想だそうだ。
引っ掛けないように・・・と
パツンパツン爪を切られてしまった。
通常時の半分しかない。
肉があらわになり、自分で見てても痛々しい・・・。

 クリックすると元のサイズで表示します   クリックすると元のサイズで表示します

爪がないってすっごく不自由。
置いてある物を取ることもできず、
ふりかけの袋なんかも開けることができない。
爪に栄養が行き届くように・・・と
フルメタローションを処方してもらった。
早く新しい爪が生えてくれるといいな〜。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ