2007/5/31

乳がんはなぜ見落とされたのか  乳がん

最近病院で診察を待つ時間に色々な本を読んでいる。
活字嫌いの私にとっては驚くべきことだ。
もともと本が好きなわけではないから、買うことはない。
本屋さんで行くコーナーと言えば児童書か、雑誌。
珍しく読みたい本が出てくると、すかさず図書館で検索し、
借りてきて読む。
そんな私が今読んでいる本は、2004年に発行されたもの。
山口真理子さんと朝日新聞の取材班が共同で書いた本だ。
「乳がんは なぜ見落とされたのか」
タイトルもすごいが、サブタイトルはもっとすごい。
「余命半年の私にできること」だ。
図書館で見つけて鳥肌が立ってしまった。
山口さんは1994年に長男(3人目)を出産してすぐ、
気になっていた乳房のしこりについて、
出産した産婦人科で医師に尋ねた。医師は乳腺症と診断。
5年後にしこりが痛み出し、市の乳がん検診を受診。
出産した産婦人科が指定医療機関になっていた為そこへ。
ここで産婦人科ではなく、乳腺科に行っていれば・・・。
産婦人科は乳癌の専門ではないのだから・・・。
医師は触診、エコーで調べたが、
「乳がんは痛まないから脂肪の塊」と診断を下した。
2年後にしこりがはじけるような感覚に襲われ
また同じ産婦人科を訪ねる。
医師は漸くそこで事の重大さに気づき、精密検査を勧めた。
山口さんは大病院で検査を受け、乳癌の告知を受けた。
腫瘍の大きさは7×5×2.5cm。摘出したリンパ31個。
全てが陽性・・・。 リンパって一体いくつあるんだ??
抗癌剤、放射線、ホルモン・・・治療を続けていたが  
その後1年半で肝臓に転移が見つかり、
医師から余命6ヶ月と宣告された・・・。
その後、彼女はがん検診を見直してもらうことが
自分の使命と、辛い身体に鞭を打って、
行政相手に闘いを挑んだ。すごい人だ・・・。
彼女の行動のおかげで乳癌検診が見直され、
助かる命が増えてきた事は、喜ばしい事だ。


続きを読む
2

2007/5/29

ズキズキ  日常

昨日、根っこの歯科治療2回目を終えた。
凄い膿らしい。 噴出すように出ていると言うのだ。
こんなに膿が出ているのに、腫れや痛みがなかったのかと、
歯科医は不思議そうに、私の顔を覗き込んだ。
痛みに鈍感なもので・・・。
左下の奥歯のほかに、左上の奥歯にも膿が見つかったが、
左下の膿が落ち着くまで、手が付けられないと言う。
酷すぎるので、抗生物質を服用するよう処方された。
またしても薬・・・。 薬漬けだ〜!
次々に見つかる根っこの膿。
神経の無い歯は膿を持つまで痛みを感じないらしい。
怖くなって、全部の歯を調べてもらう事にした。
一度に全部の歯を写せるレントゲンを撮ってもらう。
次に来るまでに現像しておいてくれるらしい。
抗癌剤投与に辿り着くのにどの位かかるだろうか・・・?
今日は治療中の歯がズキズキ疼く。
黴菌と身体の中の白血球が闘っているのだろう。
このまま抗癌剤を投与していたら・・・と思うとゾッとする。
徹底的に治療してもらおう!頑張るために!
続きを読む
0

2007/5/28

睡魔に襲われる  副作用

ホルモン療法を始めて10日。
ホットフラッシュと言われるような副作用は、まだ無い。
私が苦痛に感じるのは肩と首のこり。
常に首をグルグル回したり、自分で肩を指圧したり・・・。
背中まで張ってくるから、始終ストレッチをしている状態。
肩こりがひどくなると頭痛も始まるから厄介。
でも、どれも元気な時に経験済みの症状で、
驚くほどのものではない。
ただ、困っているのが睡魔・・・。
昨日なんかは眠くならずに夜中1時近くまで
仕事をしていたけれど、土曜日は8時半頃睡魔に襲われ、
9時前には座ったまま「コックリ、コックリ」
試験期間中の長男が、代数の問題を持って
質問に来ていたようだが、問題すら読む事ができず
何かそばで言われていたような・・・という、うっすらとした
記憶が残ってる程度だった。
長男は私に駄目出しをして、部屋に帰って行ったらしい。
9時に寝てしまうんじゃ困るなあ・・・。
不思議と昼は眠くならない。それは助かるけど・・・。
明日は術後初めてテニスに行く。
疲れて眠くなるかなあ・・・???
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ