14年目の・・・  乳がん

ご無沙汰している間に桜の時期も終わっちゃいましたね 桜
例年杉、檜の花粉に猛攻撃を受けている私にしてみたら
いくら桜がきれいでも、屋外で無防備にマスクを外し
お酒を飲む・・・なんて奇行にはでれないわけでして・・・ ^o^;
ま、去年は友達に強引に連行されてね・・・
確かに美しいし癒されるんだけど、えらい目にあいましたよ ×o×
花見は自宅で!目の前の公園の桜を見つつ飲むのがnagu流 No.1!
我が家の前の公園は数種類の桜が植えてあるため
これから咲く花もあり、長〜〜〜く楽しめるんです *^_^*

まぁ、日中家にいるなんてことはまずないから
公園の桜を見ながら飲む・・・なんてこともないんだけどね ^o^;
夜は真っ暗で公園見たって1本の桜も見えないからさ (笑)
結局桜並木を車で走行中に車中花見で終了・・・という
なんともまぐろ私らしい花見? ほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)

新年度を迎えて自分や家族が新生活に身を置くことになり
忙しい日々を過ごしている方も多いかもしれませんね。
我が家はもうすぐ転勤だと言い続けて異動しない
転勤詐欺 (笑) の夫を筆頭に、変化のない新年度を迎え・・・
そう!そうなの!なんで変化ないんだよ!?
変化のないことに首を傾げたそこのあなた ←
nagu事情通です!     ←そんな人はいない(笑)

・・・  ・・・ねぇ・・・私の記憶が正しければ・・・  ・・・
1年間の休学を挟んで大学に通っていた長女が
卒業して新社会人になったんじゃないの?? '_';

相変わらずやってくれるよ・・・我が娘。

やば〜い!2単位足りなくて留年しちゃった〜! (・・。)ゞ テヘ

てめ〜〜〜!!笑ってんじゃね〜〜〜!!! `へ´
ありえる?2単位って・・・ >へ< 卒業できないって何ですか??

授業料は自分で払え!予約した袴、すぐにキャンセルしろ!

それしか言えなかったよね・・・ ||||||||/(≧□≦;)\|||||||

2単位不足で3月卒業できなかった娘は、半期分の授業料を支払い
9月に卒業となるそうです・・・単位が取れればね ^o^;
まぁ、救いなのは就職がまだ先だった点。
日本語教師の資格を取るべく専門学校に通っている途中だから
春からはWスクールから専門だけ・・・となる予定だったんです。
まさかのWスクール続行   <(; ̄ ・ ̄)=3 フゥ...

そんなわけで、我が家の新年度は次男が高3に進級したってだけで
大きく変化することのないスタートとなっております ^o^;

ちょっと・・・前置きながっっ! (笑)

え?今のが本題じゃないの?って思ったあなた ← あまい!(笑)
タイトル見た?
14年目の・・・だったでしょ?
そう、14年目と言えば・・・ Breast cancer 以外にないよね ^o^;

・・・てなわけで〜        ←どういういわけ?
乳がん患者として14年目を迎えることになりました・・・私。
先日PET−CTを受けてまいりました。
久々に四ツ谷まで出かけたわけですがね
TV取材の多さにびっくりしてしまいました。
え?あたし?何したのかって?
いくら私が有名でもPETで取材って *^_^*   ←誰が有名だって?
あ、セブンイレブンの営業時間問題の取材だったわ ((^┰^))ゞ テヘヘ
病院の目の前がセブンイレブンの本社だったね。   ←だから?

ま、私の戯言はこのくらいにして・・・
PET受ける人、増えているみたいですね。
身体に負担が少ないうえに多くの癌を早期に発見できるからね。
FDGを投与してから安静室で1時間待つんだけどね
ネカフェの個室みたいに15のブースに分かれているので
そこでテレビ見ながらウトウトして待つ感じなんだけど
この日は通路が騒がしくてね  ̄ー ̄
騒ぐような子供が検査に来ているはずはないんだけどね・・・。
騒いでいるのは老人なんですよ・・・老人。
個室のブースで一人になるのが不安なのか
一緒に来てる夫婦がガヤガヤ、老婆が付き添いの人とギャンギャン
・・・なんなわけ?と思うほどの騒がしさだったんだよね '_';

呼ばれて検査室に移動する時には
私より前に呼ばれたと思われる、85歳は超えているであろう老婆と
私より一回りは上だと思われる付添人が
安静室を出る扉の前で鍵をガチャガチャ回したり
扉をガタガタ引っ張ったり叩いたりしているじゃないですか >へ<

どうしたんですか? と、声をかけると
付添人が この扉開かない!何してもダメ!閉じ込められた! と
興奮状態で答えるものだからビックリして・・・

騒がしいのに気付いた職員がやってきて対応してくれましたが
付添人がそんなんじゃおばあさん、かなり不安だったのでは?
検査室に移動する扉は中から1度でも鍵をかけると自動ロックされ
職員が解除しないと中の鍵を開けても扉は開かないらしい。
この人、検査室に向かう前にも他の患者が使用している
処置室の扉を勝手に開けてしまって注意を受けていたみたい。
これもさ、老々介護に匹敵するというか
・・老いた嫁が義母の面倒を見る、老々介助・・・とでもいうのか '_';
寿命が延びて長生きする人が増えるのは喜ばしいことだけど
それを介助しなければならない人もまた老人である・・・という
どうにかしたいけどどうにもできない現実が、ちょっと悲しいね。

検査の前に必ずトイレを済ませるんだけどね
私と同時に個室に入ったのになかなか出てこない老婆を心配して
鍵のかかっていないトイレのドアをドンドン叩いて開ける付添人。
そこまで心配する?他にも人がいるのにドア開ける?
私だったら老人になってもそんなことしてほしくないなぁ ^o^;

検査自体は20分くらいで終了。
なんだか検査よりも安静室でのあれこれに疲れてしまったよ。
結果はナグモクリニックに送られるので
久々にがん患者に戻ってクリニックに行ってきます。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ