2008/12/30

大晦日もクラシック!  クラシック・トピックス

ジルベスター・コンサートというのは、ずっと以前からあったけれど、岩城さんと三枝さんの事務所が中心となって、大晦日という日の特殊性を利用した大企画、ベートーベン交響曲全曲演奏会が始められてから、もう6年ちかくも経った。

やがて、隣の小ホールを使って、同じベートーベンでも、弦楽四重奏曲だけのコンサートが開かれるようになった。といっても、全曲はさすがにということで、後期の傑作群をプログラムに据え、終演時間も交響曲よりも常識的なものにしてある。主催は、ミリオンコンサート協会。2006年が第1回だったので、今年で3回目となる。

そして、この年末、もうひとつベートーベンに関連する大型イベントが生まれた。その名も、「アイ・ラブ・ベートーヴェン」。こちらはピアノ・ソナタ=全32曲を、16人のピアニストが分けあって1日で演奏するという企画で、1公演の見物料は、どれだけ有名なピアニスト(日本人のみだが)であっても1,000円、という内容である。会場はオペラシティなので、先日の「ル・ジュルナル・ド・ショパン」と似たようなコンセプトとなる。

日本人はなんだかんだと言っても、ベートーベンが好きなのだろう。なにせ1つの都市で、大晦日というたった1日、交響曲、室内楽、ピアノの全曲、もしくは、半分を演奏してしまうというのだから!

さて、私は第1回以来、交響曲の演奏会に通ってきたが、今年はすこし趣向を変える。昨年のコバケンの演奏は、彼らしくもなく素晴らしいものだったが、やはり2年つづけて聴きたいとは思わないからだ。しかし、大晦日までもクラシック音楽に浸りきる生活は、私にとって魅力的でないということはない。そこで今年は、室内楽とピアノの両方を組み合わせることにしたのだ。

どうでもいいことだろうが、私の計画はこうだ。まず、ロー・ティーンでカーネギー・ホールで3回も演奏した経歴をもつ、小林愛実を聴きに初台へ。ついでに、メジューエワと岡田将を挟んで、うまくすれば山本貴志まで聴ける。その後、食事をとってから上野に移り、室内楽を8曲聴く。遅い食事のあと、再び初台に戻り、関本昌平、清水和音、伊藤恵と、最後の3人のピアノ・ソナタを聴いて、締めくくるというものだ。

これを実行すると、ソナタは、3、4、5、6、9、10、16、19、21、23、26、27、30。弦楽四重奏曲は、ラズモフスキー・セットの3曲と、後期の5曲。あわせて21曲を聴くことになるのだ。これは、快挙だ(自分は何もしていないが)!

今年の室内楽コンサートは、3つのグループが参加する。まずは、我らがクァルテット・エクセルシオ。ラズモフスキー・セットだ。次いで、古典四重奏団が、op.127 と op.130(大フーガ付)。最後に、ルートヴィヒ弦楽四重奏団が、op.131、op.132、op.135 という最後期の作品に挑む。

なお、「アイ・ラヴ・ベートーベン」について、紹介記事を書いておこう。チケットは、16公演の連続券と、各回の1回券にわかれている。連続券は200枚限定で、ほぼ売り尽くしたようだが、1回券はかなり残っている感触だった(29日現在)。最初の演奏が午前11時に始まり、終演は翌日の1時すこし前と思われる。

ピアニストは、国内の拠点を置く若手、中堅、ベテラン、教育者などから、広く選ばれている。最年少は、先程も触れた小林愛実で、若手は関本昌平、山本貴志、辻井伸之などのコンクール組が中心。私は聴けないが、辻井が「ハンマークラヴィア」を弾くのが注目だろう。メジューエワの出演も豪華。中堅以上では、既に名前を挙げた伊藤、清水に加え、若林顕、迫昭嘉、横山幸雄など。伊藤、若林、迫が最後の3つのソナタを弾くのが注目される。

このほか、8番「悲愴」は横山、14番「月光」は三輪郁、17番「テンペスト」は田崎悦子、21番「ワルトシュタイン」は伊藤、23番「熱情」は清水、28番は三舩優子が演奏することになっている。
0

2008/12/27

コンサート・ベスト10! 【セレクション】  クラシック・トピックス

さて、前回のノミネート公演から、十傑を選んでいこう。

1位 H.スダーン/東響 シューベルト・ツィクルス
2位 A.チッコリーニ 詩的で宗教的な調べ
3位 A.ゼッダ/ROF マオメット2世
4位 P.レーゼル ソナタ全曲演奏会 NO.1
5位 R.ホーネック&読響 Mozart vn協奏曲ツィクルス 
6位 小川典子20周年記念リサイタル
7位 R.エリシュカ/札響 ドヴォルザーク6番
8位 G.アルブレヒト 「グレート」「ロザムンデ」
9位 北とぴあ/レ・ボレアード オルランド
10位 コンセール・スピリテュエル ヘンデル・プロ

【特別賞】

○下野/読響 わが祖国
○G.ノイホルト/読響 第九
○ボローメオ&エクセルシオ メンデルスゾーン
○新国バレエ アラディン

選考基準は曖昧だが、自分のなかにあった価値観を塗りかえてくれたようなものを中心に、選んでみた。

2008年は、正真正銘のシューベルト・イヤーだった。「熱狂の日」はもちろん、アルブレヒトの「グレート」や「ロザムンデ」、ホーネック&KSTのシューベルト・プロ、新春にも良い演奏があって、私のなかで、この作曲家に抱いていたイメージは大きく更新された。中でも、スダーンと東響による交響曲ツィクルスは、聴き手を驚かせたはずだ。ただ隠れていた名曲を掘り返すというだけではなく、演奏水準の高さが特筆されようというものだ。

2位は、チッコリーニ。「詩的で宗教的な調べ」を全曲演奏するという希少な機会だったが、それがなぜ珍しいのかは、単に魅力的でないからではなく、完璧に演奏して聴き手に感銘を与えるのが難しい曲だから・・・ということが、ハッキリした。こういう演奏が続けば、リストへの見方も大いに揺らいでいくだろう。

3位には、ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの「マオメットU」を選んだ。この演目も単に珍しいというだけではなく、ロッシーニの懐の深さを示す大作であることが、ROFの素晴らしい上演により、よくわかった。声の愉悦性では、世界の一方の先端を行く音楽祭の、圧倒的な魅力を伝えてくれた公演でもあった。M.レベカやF.メッリの、強い声も堪能した。

私の選定には、何がやりたいかが明確という視点もある。

4位の、ペーター・レーゼルの公演は、作品自体の希少性はないが、演奏の質が唯一無二のクオリティを示している。それをソナタ全曲演奏という形式とあわせ、聴衆にアピールしていくという挑戦的なものになっているのだが、レーゼルがその意図にはっきりとしたカタチで応えているのも凄い。今後のシリーズへの期待も含めて。

5位のホーネック&読響のモーツァルト・シリーズも、同様の方向性をもつ。1人の特別なスキルを使って、作品そのものをいま生まれたように新鮮なものにしようとする発想は興味ぶかいものである。

6位の小川典子は、プロ演奏家としてのけじめのつけ方を教えるものだろう。ドビュッシーの「エチュード」の圧倒的な名演を中心にして、リサイタル全体の味わいが濃厚であった。小川らしさを貫いたリサイタルでもあり、彼女のファンならずとも、ガツンとした感動を味わったことだろう。

7位のエリシュカは、私にとって思い出ぶかいものになる。名演は、必ずしも中央だけに生まれるものではない。エリシュカにとっては、東京よりも、大阪よりも、やはり札幌こそがホームなのだ。この真摯な才能に出会えたこともさることながら、本当に都合のいい、あまりにも便利すぎる東京の「クラシック・システム」から漏れているものをがあるのではないかと、強く感じた演奏会でもあった。

8位のゲルト・アルブレヒトの演奏会は、最近の読売日本交響楽団の力強い成長を示す名演だった。もしも、この名前を伏せて聴かせたとして、これは欧州の一流オケの演奏だといったときに、誰が疑うであろうか。特別賞にも読響が並ぶが、楽団に下野がいる重みを自ら証明した「わが祖国」の熱演や、「第九」演奏の極致をいったノイホルトによるこだわりの演奏は、ただ技巧的に良い/悪いというのを飛び越した、演奏する意義を考えさせた。

9位のオルランドも、この作品へのイメージを100%転換したに止まらず、ハイドンの優れた劇作法や先進性について、多くの観衆に訴えることができた上演となった。末席になったが、コンセール・スピリテュエルのコンサートは、当時の時代背景を加味しながら、音のロマンで現代と過去を繋いだ意欲的な演奏となる。苦労しながらの来日、大仰に言えば「奇跡の」来日は、それだけでも賞賛に値することだが、演奏水準の驚くべき高さは想像以上のもの。アリスさんのヴァイオリンだけで、お釣りが来る。

特別賞に止まったが、ビントレー時代の豊穣な実りを予言し、カンパニーとしての新国バレエの強さを感じさせた「アラディン」と、新しいシステムで室内楽演奏会のシリーズが組まれ、その初回として見事な成功を収めたボロメーオSQと、われらがエクの共演した衝撃のコラボについては、なんとしても触れておきたかった。ちなみに、後者の演奏はいま、下記のURLで無料配信されている。

 http://www.livingarchive.org/

個人的には、あまり良くないこともあった年だが、少なくとも、音楽的な経験だけは充実した1年だった。私がそういうものを選んでいるせいもあろうが、ただ漫然と演奏するのではなく、凝ったコンセプトに基づいた公演が増えたという印象もある。

【個人・個別部門賞】

○最優秀指揮者&MVP  ユベール・スダーン
○最優秀ソリスト  ライナー・ホーネック 
○最優秀室内楽・独奏 アルド・チッコリーニ
○同・新人賞 イド・バル=シャイ
○シンガー・オヴ・ザ・イヤー  マリーナ・レベカ
○優秀歌手  マリア・バーヨ、ルカ・ドルドーロ
○最優秀演出家  ペーター・コンヴィチュニー「オネーギン」
○優秀演出家  粟国淳「三部作」「オルランド」
○最優秀企画賞  ラ・フォル・ジュルネ(シューベルト)

【最悪のできごと オーパンヴェルト風に】

演奏以外のこと
○大阪センチュリー響  大阪府、大幅補助金削減

演奏のこと
○H.ウルフ/読響 ブラームス(3番)
○張明勲/N響  ブルックナー(7番)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ