2008/4/18

青いサカナ団 5月に2年連続の新作を発表  期待のコンサート

神田慶一と青いサカナ団の活動については、私は、彼らと出会った数年前から、いつも関心を払ってきたが、彼らの演奏をはじめて聴いたのは、意外にもオペラではなかった。マーラーの「巨人」や、相田久美子のピアノ独奏によるラヴェルのコンチェルトが演奏された、記念のコンサートだったから。だが、私はここで神田慶一という「指揮者」に、最初の、しかし強烈な信頼を覚えたのである。青いサカナ団の公演に足を運ぶ楽しみは、まずもって、この類稀なる才能の閃きを聴くことができる、本当に数少ない機会だからだ。彼のオペラをはじめて見たのは、「僕は夢を見た、こんな満開の桜の樹の下で」の再演。私はそのとき、実に深く涙した。現代人の胸に、鋭く突き刺さる神田の描く詩情が、ダイレクトに胸のうちに響いてきたのだ。

トリスタンとイゾルデ、トゥーランドットというオーソドックスな演目も、素晴らしかった。東京文化会館の主催による「日本オペラ絵巻」。近年、見逃したのは、東京室内歌劇場「ザ・ゲイシャ」だけだ。

さて今回、青いサカナ団は昨年の「アゲハの恋」につづき、神田の新しい作品を披露する。「マーマレード・タウンとパールの森」・・・なんだかおとぎ話のような、島田雅彦の小説のようなタイトルだが、「携帯電話やインターネットなどの通信手段とその便利さの影に隠れてしまう個人の孤独感。そしてマスコミやゲーム等のメディアによって形作られる『首尾よく作られた(ウェルメイドな)ファンタジー世界』に対しての批判」をテーマとするとは、HPで神田自身が語ることである。物語は、ひとりの女性がビルから身を投げるところから始まるらしい。ところが、女は大地に叩き付けられる代わりに、アナザー・ワールドへの扉を開いてしまう。

アゲハや桜の樹も、そうだったが、神田はこうした異世界での「夢」のなかに、なにかを詰め込んでいくのが好きなようだ。月子と呼ばれていた主役の女性は、この世界ではディアナと呼ばれることになるらしい。アポロが登場し、ゼウス、クロノス、ヘラ、バッカースなど、ギリシア神話でお馴染みの名前が並んでいるが、神田のことだから、2回か3回、メタモルフォーズさせてから、舞台に上げるのだと思う。神話好きな人たちは、その点を折り込んで観にこないと、かなり期待はずれなものになるかもしれない。

さて、神田のオペラというのは、私から言わせれば、1つのジャンルのようなものになりつつある。まず、ジャンルにボーダーがない。逆にいえば、オペラ・ファン、ミュージカル・ファン、クラシック音楽・ファン、演劇・ファン、文学・ファンといった、どこにも焦点があっていないということでもある。登場人物は多いが、主要な役柄はさほど多くない。大体は1組のオトコとオンナの関係が中心に置かれ、そこを取り巻く無数に大事な役柄がいくつもある。切迫した状況のなかで、主役がふっと異世界に連れ去られる。そこでは、その人が本質的に抱いていたにもかかわらず、実際には形にならなかったし、しようともしなかった世界が、堂々と展開する。幻想なのだが、その人にとって本質的な世界だけに、いきなり大きく拓けてしまうのである。これが面白い。

音楽も、ボーダーレスだ。プッチーニやワーグナーに強い影響を受けてはいるが、そのことを本人がしっかり意識していて、そこから逃れられないことを前提に、ありったけの批評眼を駆使して、異化していくような手法をとっているのだ。オリジナルとはいえないかもしれないが、その手法の鋭さはあくまで独創的だといえる。前作の「アゲハ」ではミュージカルのような要素を取り入れながら、やはりオペラとしか言い得ない音楽の優雅さを編み上げ、亡くなった木下順二「鶴女房」の筋書きを見事に異化して、「夕鶴」よりも艶やかなこころの物語として仕上げた。そして、アゲハの歌は、いまでも耳を離れないのだ。さて、今回はいかに・・・。

キャストは、月子=ディアナ役に、森美代子が抜擢された。神田にも縁の深い東京文化会館の主催するコンクールで、昨年、第2位と聴衆賞を受ける。2006年の日伊声楽コンコルソで入賞の経験あり。日生劇場の「利口な女ぎつねの物語」にも出演し、なかなか評判が良い。アポロ役は、アゲハの相手役も務めた秋谷直之。声は大きくないし、技術的にも問題があるが、とてもしっかりした表現をする。アゲハのキャストから横滑りしたキャストが多い中、ヘラ役に森永朝子が当てられたのが注目だろう。

原作/脚本/作曲/指揮/演出は、すべて神田が兼ねる。八木清市の美術、大石真一郎の照明というチームは、アゲハと同様。衣裳が、桜井麗に変わった。昨年は主役の設定にあわせて、本物のギタリストをピットに入れたのが目玉のひとつだったが、今回は、スタッフ・チームに「仮面製作」などというのがあるのが、注目に値する。会場は、新国立劇場の小劇場だが、「アゲハ」のときは、音響がいまいちと感じた。5月24日と25日の両日公演。管弦楽は青いサカナ管弦楽団。
0

2008/3/15

濱倫子 5月11日に単独リサイタル  期待のコンサート

ピアニストの濱倫子さんについては、このページで何度か取り上げてきました。チェロのアルミャンとのデュオ、メリクセティアンとのピアノ・デュオと2回の実演に接し、アルミャンと入れた録音も所有しております。ここまで来ると、ちょっとしたファンみたいなものですが、私の場合、あまりミーハーなところがないので、さしずめ、贔屓のひとりというところになりますでしょうか。

濱さんについて、私が特に高く評価しているのは、アンサンブル・ピアニストとしての表現の柔らかさをもつと同時に、インディペンデントな表現へのこだわりを貫くことのできる強い姿勢にあります。若手から中堅の(あまり有名ではない)ピアニストでは、江口玲や青柳晋というピアニストに肩を並べる素材ではないでしょうか。その演奏は、各々の作品に即した形で丁寧に構築されているのですが、一方では透けたレースのカーテンのようでもあり、作品を通して、演奏する人の個性がしっかりと刻印されているのも特徴です。彼女の素顔について、私はまったく知る由もないのですが、想像するならば、外向きの飾らない人懐こさがあると同時に、自分の世界をしっかりと持っていて、その点ではハッキリした性格でしょう。あるときには、とても近寄りがたいような領域をつくり、しばらくすると、ウソのように開放的になって愉快に笑うという感じで、どちらが本当の彼女なのかがわかりません。同じような香りがするのは、宮崎あおいです!

おっと・・・文学部出身者の悪い癖ですね。

さて、その彼女が5月11日、東京のトッパンホールでリサイタルを開かれます。濱さんは、日本でのソロ・デビュー・リサイタルを済ませていますから、これが2回目の単独リサイタルとなります。そのとき私は、諸々の事情で足を運ぶことができなかったので、いまもってアンサンブル・ピアニストとしての評価しかすることができないのです。幸い、今回の演目は、私にとって、とても親密な曲目ばかりです。メインは、ショパンのピアノ・ソナタ第3番。この曲には、うるさいです。それに、ラヴェルの「クープランの墓」は、私にとって「揺りかご」のような作品で、それを濱さんの演奏で聴けるというのは、神さまのプレゼントとしか思えませんね。ラヴェルに関連する曲目として、ずばりクープランの「クラヴサン組曲」よりの曲目が選ばれているのも面白いのですが、スクリャービンの詩曲「焔にむかって」も、濱さんにぴったりの1曲という感じがします。

前回のメリクセティアンとのデュオも、予想以上に素晴らしいコンサートで、会場は大盛り上がりでした。きっと素晴らしいリサイタルになると思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ