2009/5/22

新国バレエ 白鳥の湖 ザハロワ & ウヴァーロフ 5/21 A  バレエ

【終幕】

終幕にはやはり疑問が残る。最大の問題は、やはり安易なハッピー・エンドに求められるだろう。このプロダクションの2006年の改訂に当たって、牧監督が考えたのは、多分、暗い時代だからこそ、バレエの世界ぐらいは明るく結びたいということであろう。音楽は厳しい曲調から、華やかな長調に転調し、金管でぐっと盛り上がって締まる。最後の最後に、金管の低音が残るところまでは、バレエの観客は聴かない(なぜなら、作品がおわりそうになると拍手で盛り上げようとするから)。これはこれで、一見識だろう。

【ロートバルトについて】

だが、そのことによって生じる矛盾点は致命的なものだ。

私にとっていちばん大きな疑問点は、ロートバルトの存在って、何なのだろうということに尽きる。魔術師、ロートバルトはなにを目的として、人間たちを白鳥に変え、オデットをさらって湖に連れてきたのだろうか。私はそのことを考えるとき、たしか70年代に起こった誘拐事件で、10人以上の女子を誘拐した男がそれらの女子と共同生活を営み、女子もその犯人になついていたという事件を思い出す。確かに、ロートバルトはワルであろう。だが、オデットが白鳥に変えられたのを嘆いた母親の涙が、湖になったというその場所に集められてくる娘たちというのは、本当にロートバルトのことを憎んでいるのであろうか。白鳥ならば羽があるのに、なぜ逃げようとしないのであろうか。私はここにこそ、チャイコフスキーの仕組んだイロニーがあると思うのだ。

ここで、歴史を紐解こう。バレエの名品「白鳥の湖」は、1876年に生まれた。翌年からは露土戦争が始まるという時代で、その直前は、トルコからの独立をめざすセルビアを支援して、ロシアも関わりつつあった。戦争の傷病兵を見舞ったチャイコフスキーは、戦闘の厳しさに驚き、傷病兵へのチャリティーのために「スラヴ行進曲」を書いたという。それと同じ年に、この作品も生まれたのだ。オデットの母親の涙がつくった湖は、戦場で息子たちを失った母親たちの涙に通じ、そこを守る白鳥たちの存在は必要不可欠なものとなろう。ロートバルトは、型どおりのワルを演じながら、実は、このような役割をもっている。

まともな解釈であれば、ジークフリートがロートバルトに打ち勝っても、白鳥たちの魔法は解けない。それは音楽をよく聴けば、明らかだ。なぜ、魔法が解けないのかについては、本来のドラマトゥルギーのほか、戦術のような歴史的な背景からも考えることができる。それは戦争が終わるどころか、より泥沼に入っていきそうであることが、チャイコフスキーのような庶民たちにとっても、はっきりとわかっていた証拠である。この戦争には、必ず次があるというわけだ。だから、ロートバルトという災厄が去っても、白鳥たちの役割はおわらない(魔法は解けない)のだ。

ところで、ロートバルトが是非とも必要と考えたのが、オデットの存在だった。彼女は湖の象徴であり、主でもあろう。それをどこからともなく現れたジークフリートが奪っていくのだから、湖の管理人としては堪らない。オディールがジークフリートを本気で愛するように、ロートバルトもオデットをこころから必要としているのだ。そうでなければ、あのような手の込んだはかりごとを為すとは思えない。

ところが、牧版の演出では、ただの勧善懲悪になっている。オディールがあれほど必死になってジークフリートに訴えかけたことや、ロートバルトが自らの持てる力を振り絞って、ジークフリートを騙したことを軽視して、2人の愛の力がロートバルトを打ち破るという、少女漫画的な結末に滑り落ちているのだ。そのため、幕切れのパフォーマンスは甚だ曖昧で、ロートバルトとジークフリート、オデット、それに群舞がチョロチョロと動き回っているうちに、なんだかよくわからないままロートバルトが打ちのめされ、後ろのせりから消えていくというものになっている。

こんな酷い演出はない。

そのほか、ジークフリートが裏切ると、オデットは人間の姿に戻れないという約束が完全に反故になってしまうので、ロートバルトの存在はなおさら無駄であろう。危機が実質的にはないのであれば、2人の成長もないはずだ。そのほかにもいろいろあるが、いま述べた論点がもっとも大きいので割愛する。

【全体像】

こうした終幕の問題もあり、やや欲求不満の部分は残った。また、先のエントリーに述べたように、ダンサーたちの内側から弾け出てくるようなものが少なく、コール・ド・バレエなどの面白みもない。整然と揃っているだけでは、表現に力がないということもある。白いバレエの伝統的なチュチュ姿は、日本人の体型には不似合いな部分もあるので、それを埋める表現の息吹きが必要なのに、それが犠牲になっている。さらに言えば、今回の出来をみる限り、さほど整然と揃っているわけでもない。動きの質に微妙に揺らぎがみえ、ポジションも精確ではない面が散見する。

例えば、最後の幕で、白鳥と黒鳥が「∩」の字型に整列し、奥の黒鳥の列の真ん中を境にシンメトリー構造をつくる場面がある。ここで、ちょうど境目の黒鳥2羽の動きが美しいシンメトリーをなさず、フォルムもタイミングも微妙にずれているのが、しかし、はっきりとわかった。こういう部分でアラを出すようでは、全体のフォルムへの共感を抱きにくい。

牧版演出について、もうちょっとだけ。まず、プロローグであるが、これは明らかにアイディア不足だ。イントロダクションの途中に幕が開き、友人と針仕事をしているオデットの前にロートバルトが現れ、窓からさらわれる場面をさらっと描いているが、すぐに幕が閉じて、再び音楽だけとなり、情景で再び幕が開く。「これだけ?」という感じで、いかにも説明的なのだ。もしも私が演出家ならば、針仕事をしている相手を友人ではなく母親にし、ロートバルトに娘がさらわれたあと、母親の嘆きを短くはさんで、湖ができるところまで手際よく描いてしまうだろう。

もうひとつ陳腐なのは、第3幕で、王子に向かって本物は自分と訴えかけるオデットが、スクリーンに映し出されるところだろう。

ただ、全体的には素直に楽しめる舞台であり、新しい振付のような刺激を期待しなければ、のんびりと作品世界に浸れる舞台ではあると思う。ただ、2回、3回、と繰り返しみたいとは思わない。

【音楽面】

音楽面では、今回、ウクライナ歌劇場のアレクセイ・バクランが、ハイ・テンションで頑張っている。舞踊の舞台にふさわしい手ごたえのある響きで、舞踊よりも音楽に関心のふかい人たちの欲求も満たしてくれるだろう。舞台へのつけ方がうまく、最後の盛り上げでは演出に配慮して悲劇性を薄め、アーティキュレーションを軽めにデザインし、できるだけ明るい響きを用いているのがわかる。舞踊音楽のリズムをよく捉えており、舞台上に配慮しながら、音楽的な構造をなるべく生かした演奏にしているのは評価できる。

マズルカの演奏などは聴いたこともないほど起伏に富んでおり、非常に突っ込んだ表現になっている。ワルツにしても、マズルカにしても、ロシア人の書いた曲は現地(例えば、ポーランドやウィーン)のものより表現が露骨になるような気がするが、バクランの演奏では、それに輪をかけた元気の良さだ。一方、トリオの艶やかな演奏は魅力的で、こちらはきれい・・・というよりは、スイートに感じた。

東京フィルは響きを盛り上げながら、冷静にバクランの指揮に対応している。イントロダクションのあとの情景では、ややドライすぎる響きが気になったが、場面が進むごとにまろやかな響きに変わっていった。バクランは縦の線につよく、そこに有機的な和声の動きをみせることができる優れた指揮者だ。フォルムのキメも美しく、なかなかに腕利きという印象を残す。木管のいいオーケストラであるというイメージがないが、オーボエ首席の加瀬孝宏などは、意外にふくよかな響きを出す。弦のソロは、青木コンマスのヴァイオリンは徹底的にザハロワに苦しめられたが、チェロの金木首席などはふかい響きをつくっていた。ホルンはまあまあ。トランペットは、すこし外しすぎか。パーカスはよかった。
0

2009/5/22

新国バレエ 白鳥の湖 ザハロワ & ウヴァーロフ 5/21  バレエ

新国立劇場のバレエ公演で、「白鳥の湖」牧版を拝見した。3日目の公演は、オデット/オディールにスヴェトラーナ・ザハロワ、ジークフリート王子にアンドレイ・ウヴァーロフという組み合わせ。管弦楽は、アレクセイ・バクラン指揮の東京フィル(コンマス:青木高志)。

【演出・振付について】

プレミエではないので今さらだが、私にとっては初めてみる舞台なので、演出と振付についての所感を書いておく。周知のように、このプロダクションは、新国が伝統的に演じてきたセルゲーエフ版をもとに牧亜佐美監督が改訂振付した「牧版」である。改訂に当たっては、ピーター・カザレット氏に依頼して衣裳と装置を一新したほか、ロシアの踊りを新たに加え、フィナーレを、主役組の愛の絆によりロートバルトが消滅するというものに直した。

さて、この演出・振付が問題である。衣裳や装置が古色蒼然たるものから、華やかなものに変わったのは歓迎だろう。しかし、肝心の振付は、どうだろうか。私には、遠慮が多すぎるように思えてならないのだ。伝統的なプロダクションへの敬意は必要だが、原型からなるべく逸脱しないように、オドオドと薄化粧を施していく牧の奥ゆかしさが、なんともどかしいことだろう。牧は、セルゲーエフという大きな壁に自らの個性をぶつけるということを避け、セルゲーエフも、牧も、まったく傷つかない方法で再創造を試みた。だが、それでは芸術の神は微笑みもしなければ、怒りを露わにすることもないのである。

この中途半端さが、筋書きにおいては作品のもつ厳しさを奪い、全体に美肌クリームを塗ったくったような平滑さを生み、きつい感情のもつれがいつも安易な方向に流れていく印象を与える。また、踊り手たちの実際のパフォーマンスにおいても、どこか煮えきらない、突っ込みきれない雰囲気があり、それもこれも、もとはといえば、この演出・振付に問題があるのだろう。

【伝統的スタイルの厳しさ】

確かに、原振付として謳っているプティパ=イワーノフの踊り自体が、そう容易いものではないということはわかる。派手な動きやシャープなフォルムを徹底的に織り込むのではなく、大らかで、自然な動きをじっくり洗練させていくような踊りは、例えば歌でいうと、童謡をうたうときのような難しさがある。そこでは、1つ1つの動きにバレエ・ダンサーのセンスが滲み出てくるし、踊りの拙さを助けてくれるものは音楽ぐらいしかないのだ。「白鳥の湖」をみれば、そのバレエ団がどこまで到達しているかがわかる。残念ながら、新国はまだまだというところであろう。

【ダンサーたちの個性が輝かない!】

こうした踊りだからこそ、なおさら個性が求められるのだろう。踊りのフォルムを精確に捉えていくことも、無論、重要ではあるのだが、それを内側から突き破っていくものが必要なのである。これはソリストに限ったことではなく、群舞でも同じ。当夜、それができていたダンサーはあまり多いとは言えない。

そういう意味で、もっとも光っていたのは、道化役を踊った八幡顕光ではないか。全体的に穏やかな踊りが多いなかで、細やかな動きが織り込まれ、笑いというフレーバーをも提供するおいしい役柄だが、それに輪をかけて、八幡の道化はすばしっこく、芸が細かい。お決まりの道化衣裳の内側から、弾けるような肉体の動きが客席にまで迫ってくるようだ。王宮の場面では、つい彼に目がいってしまう。これだけ素晴らしい道化ならば、湖の場面でも、なにか役割を与えたいぐらいだ。幸い、原作にフクロウという存在がある・・・。

ザハロワも、さすがというべきだろう。姿態の美しさはいうまでもないが、1つ1つのフォルムにきりっと光る主張があり、それが行きすぎる場面もないではないが、やはり、見ていて飽きないのだ。最後の場面では、ザハロワがもうひとりほしいところだろうか。つまり、オディールの存在がないのが、このエピローグのあり方を難しくしているのが明白だからだ。オデットとオディールでは、王子を取り込もうとして必死に自分をアピールする、オディールのキャラクターのほうがザハロワにぴったり来ている。

だが、それ以外ではどうだろう。湖の場面は、どちらも総じて型どおりの世界におわっており、面白味に欠ける。派手なつくりの第3幕は、どうだろうか。前座の八幡が素晴らしい踊りを披露したあと、花嫁候補たちのパ・ド・シスは、「花嫁候補」というよりは「見物の若い娘」にみえる。前曲の勢いのまま突っ込みたいスペインの踊り(寺島まゆみ、楠本郁子、芳賀望、中村誠)は、内側から滲み出る情熱に乏しい。あちこちに顔を出す魔術師、ロートバルト(貝川鐵夫)だが、これも本気で王子をやっつけようという迫力に欠け、特に最後の部分は演出の問題もあり、あっさりやられすぎで、憎々しさというのがまったくないのだ。

肝心のロシアの踊りは、ほかのナンバーと比べて抑えめの音楽をもっていることを利用し、ソロにしているのは面白い発想だろう。基本に忠実な牧らしい振付で、派手派手ではなく、薄味のしっとりしたダンスに仕上げており、ほかの振付と調和している。それだけに、主役組以外のパフォーマンスでは、作品を彩るフレーバーというよりも、全体を象徴するような役割をもつ。当夜はここに湯川麻美子が配されたが、ここだけの登場ということもあり、やや乗りきらない印象だ。

やや舌足らずだが、このなかで優れていたのは、ナポリの踊りだ。高橋有里、大和雅美、吉本泰久のグルーピングがうまくいって、小気味よい動きをしっかり踊って、弾力性が高い。また、ハンガリーの踊りでの西山裕子も、さすがに筋がよかった(相手はトレウバエフ)。コール・ド・クラスしかいないマズルカも、意外によく踊れている。第3幕は、指揮のアレクセイ・バクランがオケを煽りまくっており、音楽の快活さに助けられた部分が多い。

【主役組】

ザハロワのパフォーマンスは、それは素晴らしいとしか言いようがない。特に、オディールの幕と、最後の幕のほとんどの部分では、文句のつけようがない。だが、ヴァイオリン・オブリガートを伴っての、最初のソロなどは行きすぎている。バレエでは踊り手の呼吸に絶対的なアドヴァンテージがあるのは認めるが、それにも限界というものがある。なぜなら、弦楽器の響きの持続には限界があるからだ。あそこまでテンポを落とされては、どんな名手でも美しい響きを保つことはできないだろう。バレエというのは、舞踊と音楽の両方のいのちが対応したときに、もっとも美しく輝く。その意味で、ザハロワのここでの踊りは、誤解を恐れずに言うならば、美しいとは言いがたいのだ。

さて、このプロダクションでは、オデットとジークフリートは、ほかの白鳥たちの登場を経ずして、いきなり出会う。王子と出会ったときの、オデットの驚きがコミカルに描かれているが、ここで早くも恋愛に火がついたのが手際よく表現されているのは、原振付のプティパの発想なのであろうか。この時点で、主役二役は「未熟」の状態である

このプロダクションの面白さは、ロートバルトとオディールの介入により、幼かったオデットとジークフリートの関係が一気に成熟し、ロートバルトを打ち破るようなところまで高まっていくところにある。例えば、第1幕に出現する王子はいかにもな坊っちゃんで、放っておけば、頽廃へ向かっていく可能性さえ感じさせる。それに対応するように、踊りもゆたかではなく、素朴なものになっている。だが、後半になるにつれて、オデット(もしくはオディール)をジェントルに、しっかりとサポートする場面が増え、その地味な役割がかえって、ジークフリートの力強さを浮き立たせることになるのである。

こうした構造のせいもあるのか、ウヴァーロフの第1幕はパッとしない。この日はジャンプの着地も安定せず、ソロでは、あまり印象がよろしくなかった。だが、後半に行くにつれて増えていく、リフトの堅固な安定感や、相手の腰を回してサポートするときの見事な所作は、どうだろうか。日本人の男性ソリストと、外国人の大きな差は、こうした部分にあるのではないかと思う。そうしたサポートを得たザハロワの自由さや、安心感が、フィナーレに向かって深まっていくオデットの愛情に反映されるのは、言うまでもない。

長くなったので、終幕に対する見解など、つづきは次のエントリーに譲る。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ