2009/8/3

フランツ・コンヴィチュニー ブルックナー 交響曲第4番 コロムビア(オイロディスク)  CDs

         1

今回紹介するのは、1961年と古い録音だ。コロムビアの「オイロディスク・ヴィンテージ・コレクション」というシリーズで発売されたものだが、このコンヴィチュニーのブルックナー「交響曲第4番」の録音は、タワーレコード新宿店では、同シリーズのなかで売上トップにランキングされていた。

もちろん、トップだから買うというほど、流されやすい人間ではない。また、次のような話題性にもあまり興味がなかった。このディスクは従来、ゲヴァントハウス管との録音として扱われてきたのだが、それはマスターテープの取り違えによるものであって、実際はウィーン交響楽団との1961年の録音と同一のものだったという、数奇な来歴である。今回、オリジナルのマスターテープが発見され、コンディションも良い状態であることがわかったため、これが丁寧に修復されて姿を現したというわけだ。

ステレオ録音でややくすんではいるが、それでも十分に爽やかな響きで、かなりの臨場感がある。最近、こうした美しすぎるディスクは結構あって、例えば、最近発売されたゲザ・アンダの録音なんて、本当にそうなのかと疑いたくなるほど、清らかな響きがするので驚かされたぐらいだ。しかし、その嘘くささというのはどうしても気に入らず、好きにはなれなかった(別に、スクラッチ音のバリバリ入っていたり、窮屈なアナログのヒストリカル録音が好きなわけではない)。

そこへいくと、店舗内で試聴した限り、このディスクはただきれいなサウンドではないようで、非常に奥行きが深く、コンヴィチュニーという音楽家(彼には、以前から興味をもっていた)の音楽性にアプローチしやすいのではないかと考えたのだ。実際、帰宅して聴いてみると、そのとおりであったと思う。

         2

ここで蛇足だが、フランツ・コンヴィチュニーについて書いておこう。

コンヴィチュニーの名前は、いまや、世界を代表する演出家となった息子、ペーターのおかげで有名である。しかし、かつてはこのペーターも、フランツの息子というレッテルに苦しんだのかもしれない。フランツは1901年にチェコ、モラヴィア地方のフルネクに生まれたという。フルトヴェングラー率いるゲヴァントハウス管でヴィオラを弾いていたが、指揮者に転向し、出身のゲヴァントハウス管や各地の歌劇場で要職を務めたあと、わりに早く1962年に亡くなっている。ということは、この録音は、亡くなる1年前のものということになるわけだ。

押しも押されもせぬ名指揮者ではあるが、冷戦下の東側にあったこともあり、カラヤンやベーム、ジュリーニ、クライバーのようなスター性が出ないうちに亡くなってしまったことも重なって、今日的な評価は、(特に日本では)さほど芳しいものではないかもしれない。この記事を書くために、いろいろとネット上を調べてみたが、少なくともコンヴィチュニーのブルックナーを高く評価する記事はあまり見当たらなかった。

さらに余談だが、このディスクで共演しているウィーン交響楽団は、この1961年当時はサヴァリッシュが率いている。その前はカラヤンによる黄金時代で、1948年以降、12年間もディレクターを務めていた。この録音はカラヤンの去ったあとの時代ではあるが、まだ2年と経っていないときのものだ。指揮者がちがうこともあるが、ここに聴かれるウィーン響のサウンドは、巨匠・カラヤンがベルリンで築き上げたものとはまったく異なり、ワイルドな部分が際立っている、そういった意味でも、興味ぶかい面がある。

         3

この録音には、2つの特徴がある。それはスラヴ系のルーツをもつコンヴィチュニーのつくる伸びやかなサウンドと、それを基礎づけるドイツ風のガッシリした構造的な支えだ。特に、弦のつくるサウンドの弾力性は、今日の指揮者の演奏からはなかなか味わえないものである。

その醍醐味は、何といっても第3楽章のスケルッツォで、もっともしっかりと味わうことができる。トリオ形式の両端部分で、金管がプクプクと収縮する響きの運動に対応するように、弦のトレモロの快活なテクスチャーが沸騰した油のように跳ねまわり、つづいて雲のような音の塊となって、急速に立体化していくときの風景は衝撃的である。最初のうちは、その響きの凄まじさに驚くのだが、やがて、ちょうどスメタナやドヴォルザークの作品によく出てくるような、人馬が一体となって草原をかけていくようなイメージがふっと浮かんでくるのである。

これに象徴されるように、コンヴィチュニーのブルックナーは、この作曲家につきまとう神経質で、重苦しい音楽性というものからは自由だ。

私はしばしば、スヴェトラーノフの録音したブルックナーの「交響曲第8番」が好きだといって、ブルックナー愛好家の失笑を買っている。それは極端な例かもしれないが、他にオイゲン・ヨッフムや、カラヤンにもその気はあるように、ブルックナーの交響曲は実のところ、かなり開けひろげな音楽ではないかと思っているし、特に、この「ロマンティク」のような曲では、その面が際立っているべきだと考えるのである。

コンヴィチュニーのブルックナー「交響曲第4番」は、既に述べたように響きに弾力性があり、その収縮を音楽の推進力の根源としている。そして、まるでソリストか歌手のように、前のめりにポジションを取り、絶えず先取りしていくような、サーフィン型の積極性の高い演奏を主体としている。だが、逆にいえば、それは構造的な支えがしっかりしていないとできないことでもある。もしも三流の指揮者がこの真似をしたとすれば、満足にフォルムがとれずに、全体のバランスがメチャクチャになって、収拾がつかなくなってしまうことだろう。

         4

演奏時間をみると、他の録音と比べて少し速めであるし、その実感もあるディスクだと思う。すこしカンタービレが忙しないような気もするが、その分、ライヴ的なサウンドの新鮮さがある。実際、ライヴかスタジオかはわからないが、演奏は後半に行くほど質が上がっているようでもある。特に、第3楽章のスケルッツォは、金管にとっても、弦セクションにとっても白眉となる部分で、コンヴィチュニーらしい跳躍的な響きがよく表れている。

しかし、それを突き抜けるようにして、第4楽章は豪壮、かつ、繊細な演奏に仕上がっている。特に、序奏のあとに出る第1主題の神々しい響きの澄明さは、全体のなかでも抜群に光る部分であった。まだまだワーグナーの陰影が残る、第2主題の短調部分のイメージのつくり方も秀逸だ。さらに、展開部からコーダに至る部分のテーマの丁寧な扱いは、気を惹くところである。コーダの入口は唯一、ブルックナーのメランコリーに配慮しているが、その後の切り返しはダイナミックで、もはや優美とさえいえるほどであろう。

私はブルックナーに対して十分な愛着がないし、特に第4番は、これまであまり好きではなく、その魅力がはっきりと理解できなかった。ブルックナーは5番から・・・と明言していたことさえあるぐらいだ。しかし、このディスクに出会って、すこし考えが変わったかもしれない。コンヴィチュニーの「ロマンティク」は、そんなに強烈な味わいがあるとは思わないが、聴き手に対して親密で、大言壮語がなく、柔らかい音楽だ。そして、そうして表現したブルックナーの音楽は意外なほどに素直で、シンプルな美しさを湛えているように見えたのである。

以前、ヨッフム&RCOの来日公演のDVDをみて、こんなにも優美で、楽しいブルックナーの演奏があるのかと驚き、ブルックナーの本質がやはり、舞曲であるということも教えられたものだ。それにつづき、このコンヴィチュニーの録音も、私にとっては「エポック」な発見になりそうである。
1

2009/4/9

金子陽子 ベートーベン ピアノ・ソナタ (Anima Records)  CDs


ガブリエル・ピアノ四重奏団のピアニストとしても活躍する金子陽子は、ジョス・ファン・インマゼールを師とする鍵盤奏者だ。ピアノ・クァルテットでは主に新しいピアノを使うが、インマゼールの弟子だけあって、古い楽器にも精通しているのだろう。最新のベートーベンの録音は、フォルテピアノによる演奏となっている。

【最近の活躍】

なお、彼女の所属するガブリエル・ピアノ四重奏団は、1988年、パリ音楽院の学生同士で創設された。現在のメンバーは2004年から弦のトリオが若返り、いわば2代目なのであるが、金子のみは創設メンバーで、いわゆる「若手」というには当たらない。欧州でも、このフォームで常設の団体は少ないが、それだけに、彼らの実力が高く評価されていることがわかるだろう。知る人ぞ知る鵠沼のサロンでは早くから呼ばれていたようだが、2007年に来日したのがほぼ最初のお目見えといえる。その模様はCD録音されているが、他に3枚の録音がある。そのうち、新メンバーによるものは、これを含めて2枚だ。
 
金子陽子は、師匠であるインマゼールがいま、もっとも才能を評価している弟子である。それはアニマ・エテルナのモーツァルトの録音に彼女を起用したり、海外の公演で連弾などをやる場合、しばしば金子をパートナーに選んでいることからもわかる。今年の日本公演でも、武蔵野市民文化会館の公演では金子をパートナーに、連弾の公演を開いた。その金子であるが、1987年にパリ音楽院に渡っているというから、翌年には、早くもクァルテットのメンバーと出会っていたことになる。同音楽院の看板教授、ジェラール・プーレやレジス・パスキエのクラスの専属ピアニストを任されたことからも、その実力のほどは想像できるのではないか。

【フォルテピアノによるベートーベン】

ともあれ、その実力はやはり、録音を聴くことで確かめるべきだろう。ちなみに、今回の録音で用いられたフォルテピアノは、2004年製の新しいものだが、1800年製、アントン・ワルター・モデルの「古楽器」レプリカを使用し、ライヴで一発録りされたものだという。レコーディング・エンジニアとして、タッド・ガーフィンクルという名前(マイク1本だけによるワンポイント録音の名手という)が刻まれている。

録音の曲目は、ベートーベン初期のピアノ・ソナタ4曲(6、13、14、17番)。その演奏の特徴は、正にフォルテピアノという楽器の使用、また、それによってベートーベンを演奏することの意味に集約されていく。確かに、現在の楽器に比べて、音量(ダイナミズム)や音色のゆたかさには限りがある。しかし、それだからこそ、浮かび上がってくる構造の力強さと、一拍ごとに調節される強弱やニュアンスの繊細さについては、相当の分があるといえる。逆にいえば、これまで新しいピアノを使うことによって得られていた効果の行き過ぎを抑え、楽曲のより素直な構造美や、和声の美しさが浮かび上がっているといえるだろう。

ベートーベンは、このような楽器を前にして作曲していた。もしも現代ピアノを使えば、そのスコアに込められた意図は作曲者がびっくりするぐらいに、より尖鋭に浮かび上がるのだろうか。そうともいえるが、それはもしかしたら、ベースボールの球を金属バットで打てば、もっと遠くへ飛ばせるというに等しいことなのかもしれない。ベートーベンは一般的なイメージよりも、貴族階級の厚い保護を受けていたらしい。そうしたスポンサーのために弾くためには、フォルテピアノという楽器はふさわしい。

近年、フォルテピアノによるベートーベンの「ピアノ・ソナタ」の演奏は、少しずつ試みられているという表現が正しいだろうか。我が国では他に、現代音楽に強いというイメージの大井浩明が、全集録音に取り組んでいるが、それと比べても、金子の演奏はかなり筋がいい。先述したようなフォルテピアノ演奏によって実現されるべき特徴がより明確であり、かつ、誇張がないからだ。また、師匠の流儀を受け継いだものか、楽器の音色そのものも、きわめて美しい。

【具体論】

やはり、「テンペスト」(第17番)のような有名な素材のほうが比べやすいだろう。両端楽章は既に述べたような、響きのコントロールの素晴らしさが印象ぶかい。均整のとれた両手の拍の対比からは、対位法の美しさが際立っており、ベートーベンがやはり、大バッハの音楽の申し子だったことを明白にする。第1楽章では強拍のポイントなどがよく練られ、カンタービレの巧さがこころを惹くだろう。しかし、それにも増して特別なのは、緩徐楽章の温かい響きであった。そこには、現代楽器よりも音を保持しにくい、フォルテピアノの舌足らずな響きが、むしろ味わいになっており、全体を穏やかに包む、流麗なラインのなかに根を張っている。右手のストーリーテリングは、マンドリンやテオルボのような温かみのある響きで奏でられ、ピアノがよく言われるように「打楽器」であるというに止まらず、「弦楽器」でもあることを印象づけた。

第14番「月光」の第2楽章も、同様の傾向がある。メヌエット風の柔らかさが、弦楽器の響きの柔和な表情で明瞭である。有名な第1楽章では、後ろ髪を引かれるような憂鬱な旋律が、このような弦の響きで、丁寧に表現されている。ただし、この部分では、より弦を押すような響きが強調されており、最初の楽章の底に沈んでいる悲劇性が上品な隠し味になっている。単純な構造だからこそ、金子が和声の重みを大事にして弾いているのが、よくわかる部分だろう。また、楽器の特性に妥協することなく、しっかりしたダイナミズムを刻んでいることも強調できる。それは最終楽章で、「プレスト・アジタート」の指示を実現すべく、爆発的に浮かび上がっている。その情熱的な部分は、ベートーベンのもつ一面に光を当てることとなった。それは、よく言う「精神性」などというものよりも、より手ごたえのある(生々しい)感情の昂ぶりのように思えるが、それが構造の堅固さにぶつけられることで表現されている点は、興味ぶかい。それらはまた、両手の機能に還元され、我々の耳に届いてくる。このあたりを多分、意識的に操っている金子のインテリジェンスに注目したい。

上記の2曲には知名度では劣るが、やはり、よく知られたナンバーであるといえる6番と13番が、実は聴きどころだ。CDでは、6→14→13→17の順で採録されているのだが、6番が冒頭に弾かれることで、この日の演奏会は、かなり引き締まった構造になったはずである。6番は、ここに収められた曲に共通するある種の単純さと、それとは対照的に、作品全体から感じられるスケールの大きさを物語るにふさわしい作品だ。特に、第1楽章をバロックのオペラ・アリアのようなイメージで演奏した、金子の工夫を賞賛したい。これこそ、ベートーベンの作品の隠された鍵なのではなかろうか。また、終楽章の流麗なピアニズムは、全体の白眉を成している。

【まとめ】

とりあえず、このあたりにしておこう。音質は良好であり、拍手を含め、会場ノイズはきれいにカットされている。ライヴにつきもののエラーもほとんどなく、聴き心地は素晴らしい。金子陽子の音楽の素晴らしさを、十分に楽しめるディスクである。

なお、彼女の率いるガブリエル・ピアノ四重奏団は、5月に来日予定だ。藤沢のラーラ・ビアンケというイタリア料理店を貸し切りにして、プライヴェットなサロンに早替わりさせる。詳しくは、鵠沼サロンコンートのホームページを参照のこと。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ