2009/9/13

フランチェスコ・メーリ テノール・リサイタル @東京オペラシティ 9/7  声楽

この日は、テノールのフランチェコ・メーリのリサイタルを聴いてきた。最初の曲を聴いて、ホールの特質もあるとは思うが、頭頂から躍り上がった声が高いところから響いてくるのがわかり、ベルカント系の基礎に基づいた優れた歌手であることを印象づけた。

メーリについては、歌い手としての、頑固なまでの信念において語るべきであろうと思われる。彼のうたう歌には、圧倒的な誠意があり、言葉に立脚した表現の繊細さも図抜けている。言葉と結びついた感情の揺らぎを、例えば、文節、単語といった、かなり細かいレヴェルで印象づける、こまやかな内面表現につながっている。

例えば、ドニゼッティ『アルヴァ公』からの〈誰にも気づかれずに〜清らかで美しい天子よ〉では、いかにも皮肉な哀切さに満ちた歌いだしから出発し、やりきれない想いを昂ぶらせ、アメリアの名前を呼ぶところをひとつの頂点に、やがて懇願するような口調へと段々に推移していくのが、はっきりと聴き取れる。歌の流れと、それにあわせた声の調節が実に細かい。それがチマチマした印象を与えることなく、最終的に、大胆な歌いまわしとして出力されて、聴き手を驚かせる。

次は、ヴェルディ『トラヴィアータ』の二重唱についてみよう。ここでメーリはあまり強い声を使わないが、しっかりと揺らぎなく、ヴェルディの書いた表現に忠実な歌いまわしだけで、少しぶら下がったような男声のラインが女声の毅然たる旋律線に支えられて、ゆったりと基礎づけられていること、内面的には、寒空で拾われた仔猫が毛布にくるまれるようにして、安心とともに温められていくところまで、きれいに歌い描いている。ヴェルディらしく、声部の役割が明確になっていることに注目したい。

これにも象徴されるように、完璧に描き分けられた様式観の明瞭な歌いまわしは、メーリの凄さを際立たせるものだった。それはディクションへの強い意識とも密接に関連しており、それらの要素から来る音楽的フォルムの厳粛なる煌きは、既に超一流のレヴェルといえる。マスネからドニゼッティ、ヴェルディ(同じヴェルでもやはり歌い分けがある)・・・と推移していく流れのなかで、そのことは明らかに聴き取れた。

声のダイナミズムも、自由自在であった。主に表現の頂点で用いられる逞しい声の魅力に加え、ソット・ヴォーチェの繊細さは、男声としては群を抜く柔らかさがある。会場のどこの席に陣取っても、同じように聴こえるであろう声の伸びの持続力、適切な重量感のコントロール。相手役への配慮にも事欠かず、重唱では相手を包み込むジェントルな歌いくちまで披露している。

既出のドニゼッティに加え、後半に入り、デ・クルティスの歌曲『忘れな草』から、技巧的なロッシーニの歌曲〈ナポリのタランテッラ〉へのシーケンス。アンコールに入っての『人知れぬ涙』と『星は光りぬ』といったところは、リサイタルのクライマックスを飾った。

デ・クルティスは、本当に好きで歌っている曲という感じがして、どの曲よりものびのびとした表現だった。感情の推移に繊細な配慮が行き届いていて、それらの切り口が実に鮮やかに切り替わっていく。つづくロッシーニも得意の曲という感じであるが、余裕というよりは、むしろ、じっくり歌い上げるような情熱にそれを変換しているところに、自ずと愛嬌が出る。

有名な〈人知れぬ涙〉は甘みのあるフォルムに安易に乗らず、冒頭部分は音符を正確に刻んで、言葉の飛び石を慎重に渡っていく。そして、あるべき感情の昂揚にあわせてギアが調節され、蛇に噛まれた毒が徐々に体内にめぐってくるように、歌が次第に身体のなかに染み込んでくる。前半部分の感傷性をゆったりと凌ぎ、すこし歌い方を引き締めた後半のほうで感動が広がる。これこそドニゼッティの意図した、歌唱の本筋といえる。

最後の〈星は光りぬ〉は、とにかくメーリの人間的な優しさというのが、よく出た歌唱である。とても静かな感情の揺らぎが残るとてもいい歌だけども、まだ熟しきってはいないという感じ。リサイタルで1曲だけだからできるので、これから声が追いついてくるのだろうが、日本で早めに披露してくれた。そういう意味で、メーリにはお礼を言いたい。

伴奏は、藤原歌劇団所属の浅野菜生子というピアニストで、相手の呼吸にあわせることが実に巧みなため、イタリア・ベルカント系の歌手にはよく合うピアニストだ。

私の知る限り、最近の歌い手で、これほど明確に作曲家の特徴を歌い分けた人というのは知らないの。言語はもちろん、歌の自然なフォルム、その作曲家らしい声のコントラスト、重み、言葉と音楽の結びつきの在り様、表現性の選択、ダイナミズムの自然さ、それから楽器ならば「音色」とでもいうべきもの・・・。こうした点について、再度強調しておきたい。

【プログラム】 2009年9月7日

1、マスネ 目を閉じれば〜歌劇『マノン』
2、ドニゼッティ 誰にも気づかれずに/清らかで美しい天子よ
   〜歌劇『アルヴァ公』
3、ヴェルディ 私の喜びは呼び覚ます
   〜歌劇『第1次十字軍のロバルド人』
4、グノー 神よ、何という戦慄が〜歌劇『ロメオとジュリエット』
5、ヴェルディ パリを離れて〜歌劇『トラヴィアータ』
6、チレア フェデリーコの嘆き〜歌劇『アルルの女』
7、トスティ 理想の女
8、トスティ かわいい口もと
9、デ・クルティス 忘れな草
10、ロッシーニ ナポリのタランテッラ〜『ソワレ・ミュージカル』
11、プッチーニ 私が街を歩くと〜歌劇『ボエーム』
12、ドリーヴ どんな神、どんな神だって、ああ!〜歌劇『ラクメ』

 S:セレーナ・ガンベローニ  pf:浅野 奈生子

 於:東京オペラシティ
6

2009/9/12

山下牧子 リサイタル 東京音楽コンクール入賞者リサイタル 9/5  声楽

東京音楽コンクール入賞者リサイタルとして、東京文化会館で、山下牧子が歌ったコンサートを聴いた。

A.スカルラッティ『貴女は知っている』と『すみれ』は軽重の歌い分け、後者ではピアノの対位法的な伴奏が歌の骨組みに使われていることを踏まえ、ピアノと歌手の共同作業がモノをいった。構造的、技法的な歌い分けと、それとリンクする歌の内面にしっかりとスポットが当てる歌唱である。最初の曲からインパクトのある表現を堂々と展開して、早くも言葉の壁を超越し、歌詞が歌のなかに溶け出していく感覚が味わえた。

つづいてヘンデルの作品、『セルセ』『アルチーナ』『リナルド』の3作品からのナンバーが並べられたが、〈樹木の陰で〉〈ああ私のこころである人よ〉〈いとしい許嫁、いとしい恋人よ〉の3曲はさながら、序曲、緩徐的な部分、グランド・フィナーレという形で、ソナタ的な構成になっていたのが面白い。技巧的には、これらの作品を歌い進めるうちに、深度が深まっていく感じがする。そして、それとともに、場面の緊張も引き締まっていき、『リナルド』が失われた恋人のために怒り、嘆くアリアは、まったく非日常的な場面ながら、身に詰まされるものがあった。導入のレチタティーボにも山下のセンスが滲んでおり、役づくりの誠実さにも感銘を受ける。

3曲のアヴェ・マリアは、同じ名をもつ令嬢のために歌われたという。愛娘への情感が重ねられることで、信仰の情熱がより素直な表現に傾いていくが、この二重写しにはもちろん、聖母マリアへの不遜はない。

フランス・オペラのフィールドは、山下にとって、知られざるスペシャリティである。トマ『ミニョン』のアリア〈君よ知るや南の国〉などは、絶品だ。これほど富貴でありながら、ふうわりした明るさに満ちた世界を現出できる歌い手は、なかなかいるものではない。

最後に歌ったマスネ『ウェルテル』の〈手紙の歌〉は、この曲に含まれる悲喜いずれをも匂わせる特徴を捉えているが、わけても後者の要素が、ピアノの左手に乗っかるようにして、ひっそりと表現のバスを打っているのを聴いて、私はマスネという作曲家のもつロマン性に、ほんのりと広がる闇を知ることになる。山下はそこにフランス語の歌唱に特有の、自ずから言葉に宿るポエジーを感じさせもする。

表面上、さほど深く掘り下げるような仕種はなく、ごくごく自然体な歌いくちだ。それは言葉の面でもそうであり、ほんのりとそれを匂わすだけで、徒に「フランス語的な響き」を追っていない。もちろん、歌は平板でもなければ、それぞれのフレーズごとに、末端に小さな扉のようなものがついていて、我々が自らの趣向に応じて、1つずつこれを開けていく愉しみさえ用意している。これは終盤にいくほど効果的であって、特に少しずつ声と表現を絞っていく歌いおわりの何ともいえない余韻は、そうした扉を(聴き手の1人1人が)自ら開いたかどうかに関わらず、最終的には、しっかりと感じさせるものになっており、きっちり帳尻があっているのである。

なお、伴奏は森裕子という表現の喚起力に優れたピアニストで、山下牧子という繊細な歌い手に相応しく、耳を惹くものがあった。

【プログラム】 2009年9月5日

1、A.スカルラッティ 貴女は知っている
2、A.スカルラッティ すみれ
3、モンテヴェルディ 私を死なせてください
4、カルダーラ たとえつれなくとも
5、T.ジョルダーニ いとしい人よ
6、ヘンデル 樹木の陰で〜歌劇『セルセ』
7、ヘンデル ああ私の心である人よ〜歌劇『アルチーナ』
8、ヘンデル いとしい許婚、いとしい恋人よ〜歌劇『リナルド』
9、サン=サーンス アヴェ・マリア
10、フォーレ アヴェ・マリア
11、バッハ/グノー アヴェ・マリア
12、ベルリオーズ トゥレの王〜劇的物語『ファウストの劫罰』
13、トマ 君よ知るや南の国〜歌劇『ミニョン』
14、マスネ 手紙の歌〜歌劇『ウェルテル』

 pf:森 裕子

 於:東京文化会館(小ホール)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ