2009/8/11

宮部小牧 ソプラノ・リサイタル 真夏の夜の夢 8/8  声楽

ソプラノの宮部小牧が、「真夏の夜の夢」と題して開いたリサイタルを聴いた。この題名には意味があり、夏、夜、夢といったキーワードに関わる曲目が選ばれている。時間というものに注目したプログラム構成は、いかにも女性らしい感覚だとはいえないだろうか。

さて、前半はドイツ本流の作曲家の作品が並び、一定のキーワードをしっかり整えたこともあり、表現が単調にならない工夫が必要だ。そこで宮部がとった方法というのは、3つあった。1つは、実に女性らしい工夫であるが、魅惑的で豪華な衣裳を身にまとい、顔の表情をゆたかにすることだ。それは一見、歌の表現とは深い関わりがあるわけではない。ところが、2つ目のポイントに注目すると、これが実に効果的な表現に結びついていたかがわかる。それは、歌の表現を決して過度に飾り立てることなく、詩をしっかりと歌い込むという一点に賭けたことであった。

そして、3つ目は構成の妙であり、同じようなイディオムをめぐって、たとえ同じ作曲家でも、詩によって微妙に角度のちがう心持ちが表現されるのを併置しており、これが実に興味ぶかいのである。これら3つのポイントは、互いに関係しあってもいる。

後半は新ウィーン楽派まで到達し、内容が豊富である。ヴォルフの歌曲が3つ並び、歌詞の抑揚やイントネーションに注意した歌いまわしを丁寧に表現している。最初の2曲は失恋を歌うものだが、愛の幸せに浮き立つような心持ちの「語らない愛」がしまいに来ることで、音楽も詩も、ひときわ輝くように浮き立ってくるのを、明るい歌声と表情づけで引き立てていた。ツェムリンスキー「ワルツの歌〜グレゴロヴィウスの〈トスカーナの歌〉による」という珍しい歌曲集では、ユーモアのある歌詞をリラックスした表現で歌った。典型的なワルツは確か第2曲で現れるが、全体的には変に3拍子が効いているというよりは、より自由にワルツの可能性を追求した作品だと思える。

ベルク『7つの初期の歌』は、繊細に筋道をつけた歌いくちが妥当で、響きが清楚であるうえに、表現にも柔軟性がある。作詩者こそちがえど、内容的には近接する最後の2曲は、ほぼ続けて演奏した。集中力が高く、音符にも歌詞にも、そのひとつひとつに意味の籠っているベルクの作品の特徴を、うまくカヴァーするパフォーマンスであったが、ピアノも歌も、この曲集に関しては、思ったよりも表現が硬かった。

そこへいくと、あとのアルマ・マーラー『5つの歌』(2曲抜粋)のほうが、より自然な共感に満ちた歌いくちである。なかでも、このリサイタルを象徴する「夜への讃歌」は、最後の1曲ということもあって思いきった表現で貫き、この日のハイライトとなった。アルマの作品は、ツェムリンスキーやベルクといった人と並べると、選んだ詩をみてもより複雑なポエジーが絡み合ったものであり、そこを巧みに縫い合わせていくような筆致が感じ取れる。

女性の作曲家は、男性の愛する素朴さよりも、女性の愛する複雑さに向かっていく。男性的な感覚では、恐らく、ゴツゴツしていると感じるものに、宮部はよりリアルな共感を持っている。そのため、思ったよりも歌が滑るように流れ、言葉に含まれるポエジーもすっきりと浮かんで、優れた表現となった。

なお、伴奏は、おもにチェコで活躍するという渡辺治子というピアニストが務めた。高名なスーク・トリオ創設メンバーであったヤン・パネンカに学んだ室内楽のスペシャリストというプロフィールは嘘をつかず、宮部の音楽を柔らかい音楽性で支えててくれた。今回のプログラムでいえば、特に、シューベルト、ブラームス、シューマンといったロマン派の演奏に適性が高い。

外国人のリサイタルではなかなか実現できないような手の込んだプログラムを、上質の歌唱で聴かせてくれた宮部に対し、素直に拍手を送りたい。

【プログラム】 2009年8月8日

1、シューベルト 夜と夢/恋人の近く
2、メンデルスゾーン 歌の翼に/夜の歌
3、ブラームス 恋人のもとへ/セレナード/私は夢に見た
           /愛のまどろみはますます浅く
4、シューマン 悲しい歌はおやめなさい
5、リスト 愛せよ、愛しうる限り(愛の夢)
6、ヴォルフ 捨てられた女中/夜明けの一時間前/語らない愛
7、ツェムリンスキー ワルツの歌
             〜グレゴロヴィウスの〈トスカーナの歌〉による
8、ベルク 7つの初期の歌
9、A.マーラー 恍惚/夜の讃歌〜歌曲集『5つの歌』

 pf:渡辺 治子

 於:JTア−トホール アフィニス
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ