2009/3/21

児玉宏 アッテルベリ 交響曲第6番 大阪シンフォニカー響 地方都市オーケストラ・フェスティバル 3/20  オーケストラ

【序】

すみだトリフォニーホールの「地方都市オーケストラ・フェスティバル」も、今年は2公演のみの小規模となった。昨年のアイスランド響の来日中止に加え、近日、日本交響楽協会の経営破綻を受けて、予定されていた公演が中止となる受難もあり、トリフォニー財団の先行きも予断を許さない。

今回の大阪シンフォニカー響の公演も、どうも成功とは言い難いようだ。このフェスはわりと低料金なこともあり、地方のオーケストラを聴ける数少ない企画として人気があったが、この日の公演は、空席が目立った。地元からの応援団も来ていたようだが、それを除いた東京の客はかなり少なかったように見受けられる。曲目が曲目であるし、長くドイツで活躍して、いまもミュンヘンに住む児玉宏という指揮者も、地味な印象を与えたのかもしれない。しかし、逆にいえば、私はいま言った2つの要素に惹かれて、ここに来たのであるが・・・。

児玉宏には、とても良い印象があった。もう5年も前だが、新宿文化センターの企画で、都響を振ったときの記憶がそれである。R.シュトラウス「ばらの騎士」組曲は、私がシュトラウスの魅力を強烈に自覚した最初の出来事だったし、高橋淳が大暴れしたオルフ「カルミナ・ブラーナ」は既に好きな曲だったが、こちらの満足度も大きかった。それ以来、聴く機会を逃していたが、大阪シンフォニカー響の音楽監督に就任すると知ったときには仰天したものだ。

そのコンビが、アッテルベリという至極珍しい曲目をもって、東京に来るというのだから、私は一も二もなく錦糸町をめざした。

【これも大阪人気質?】

それにしても、ちょっと露骨すぎないだろうか。前半と、後半の密度の差である。メインのアッテルベリの演奏は、素晴らしいものだったと言えそうだ。なにしろ、最初の音からして、前半と同じ楽団とは思えないほど、響きに手ごたえがあった。最初の硬さがとれて、後半から良くなるようなことはしばしばあるが、ここほど極端な例は少ない。後半がはじまると、ようやく自分たちの出番が来た・・・という感じで、全く以ってテンションがちがっていた。

前半は、あまりにも集中力がなかった。エルガーの「セレナード」などは、本番まで1度もあわせなかったのではないかというぐらい(地元での本番はおわっているが)、慎重すぎるパフォーマンスだったし、R.シュトラウス「4つの最後の歌」は、独唱の佐々木典子の巧さだけが目立ち、要所でデリカシーのない大きなミスが出て、興醒めだった。はじめて聴くオケでもあり、「セレナード」はもともと奥様への贈り物だったのだから、こういう空気の漂うようなやり方もなくはないと思っていた。だが、弦楽合奏のみであるだけに、もう少しつ突っ込んだ表現も狙えたと思うし、喰い足りない感じは残っていた。

その流れのなか、「4つの最後の歌」になり、いよいよガッカリした。第1楽章はオケの伴奏と、独唱が混ざりあう瞬間がほとんどなかった。最初の歌い出しを除いて。管弦楽の響きには、ソプラノの発する言葉との響きあいがなく、音の動きしかないのだ。その範囲で、シュトラウスらしい響きの質はあるのだが(さすがは児玉)、あまりにもニュアンスに乏しく、思い入れが感じられない。第2楽章以降、児玉のアジャストが決まり、特に、この歌曲の肝でもある前奏と後奏に一挙に流れ込んでいくポエジーを、拾い集めていく部分は良かった。

しかし、その中においてさえ、例えば、第2曲の最後、美しいホルンのソロに続き(これも部分的にごまかし気味)、結びをつくる木管のアイン・ザッツが酷く、すべてが台無し。第4曲は、鳥の声が爽やかに響き、明るく光のさす天国の風景がグレー・スケールに変わり、死へと傾斜していきながら、最後、再び爽やかな響きが現れ、いや、自分は生きていると思いなおすまでの物語性が、きれいに提示されているのは、児玉の優れた手腕を象徴する。ところで、ソプラノの囁くような歌いおわりから、徐々に死と絶望に沈んでいく響きを反転させるとき、フルートの囀りが重要になるが、これがまた鳥たちのデュオというよりも、病人に繋がれたヴァイタル・モニターの音のように聴こえて、折角の美しさも、まるで吹き飛んでしまうのであった。

なんと、惜しいことをするのであろうか。

【アッテルベリの成功も素直に喜べない】

こうなると、アッテルベリの演奏がいかに良かったとしても、素直に喜ぶことはできない。

例えば、典型的な「前プロ・コンチェルト・メイン」という構成で、どこか大事にしたいポイントに9割ぐらいかけてしまうという例は、ザラにあり得るだろう。だが、その場合、残りの10%をゆるがせにしていいという意味には、間違ってもならないと思うのだ。彼らも、前半を捨てたつもりはないかもしれないが、実際、技術的な習熟度を別としても、露骨にテンションが異なるのは傍目にもわかったので、ほとんどの練習時間を傾けたであろうアッテルベリの見事な演奏にも、私の共感は十分高まらなかった。

第3楽章のメヌエット、スケルッツォ、マーチ、ワルツが、互いに位相を交換しつつ、現れては消え、消えては現れる構造の面白さは、児玉のタクトで明瞭になっていた。最後、強烈なマーチが全体を踏み潰し、痛々しいまでのコーダが結ばれるときの皮肉のきつさは、古今、なかなか例をみないものだろう。アダージョ(第2楽章)では、クラリネットの穏やかな響きが印象に残る。全体はやや冗長だが、これは作品の問題であろうか。第1楽章は、民族的な響きが根ぶとく歌い上げられているが、これをゴージャスな響きで織り上げていく。変拍子なども自在にこなし、なんだかんだと言って、高い技量を持っているオーケストラであることは、ここでよくわかる。

全体を通して振り返ってみると、この1曲に関しては完成度も高く、後半から入った聴き手がいたとすれば、それはもう、見事なものと思ったことだろう。

【まとめ】

やや残念な結果であった。

なお、この日は、いかにも大阪のオーケストラらしい光景もみられた。開演前、ボランティアがビラ配りをしていたのである。その内容をみてみると、ユニオン設立にも関わった打楽器奏者が、些細なことを理由に首席奏者から降格されたのが、不当労働行為として大阪府の労働委員会に認定されたというのである(運営側は中労委に上訴中)。事務局長が、名指しで批判されている。

これは重要なことではあるが、わざわざ東京にまで来て訴える内容なのかという感じもする。実際、彼らが何を我々に求めているのかは、わからなかった。センチュリー響のように、支援がほしいわけでもなさそうだし、運動への参加を訴えるでもない。この場で、いきなり断片的な情報を与えられても、それだけによって、どちらかが正しいか、そうでないかを判断するわけにはいかない。結局のところ、楽団の内紛を印象づけるだけで、何のメリットがあるというのだろう?

このように、演奏する楽団員たちと、それをサポートするはずの事務局がタッグを組んでいない・・・むしろ、対立しあっている集団に、輝かしい明日があるとは思えないのである。アーティストも、運営側も、本当に楽団を愛する想いがあるのならば、もっと額を近づけて、自らが行くべき道を決めるべきではなかろうか。もちろん、言うは易く、為すには困難が伴う。だが、社会的に大きなコストとなる、オーケストラのようなものを成り立たせていくためには、そんな細かいところで争っていてはいけないはずだ。

閑話休題。

ドイツ式に、新しいレパートリーを積極的に追っていくオーケストラのパフォーマンスは、今後とも見守っていきたい。今回のように、曲目は一見して地味と思えても、聴けば、ちゃんとフレーバーがあり、バラバラなようで統一感のある、しかも、国際性ゆたかな児玉のプログラミングは面白い。であるならば、それらはなるべく同じ密度で、濃淡はあっても、少なくとも同等のテンションで演奏されるべきではなかろうか。それができないならば、曲目を減らせばいいと思う。

【プラグラム】 2009年3月20日

1、エルガー セレナード
2、R.シュトラウス 4つの最後の歌
 (S:佐々木 典子)
3、アッテルベリ 交響曲第6番

 コンサートマスター:森下 幸路

 於:すみだトリフォニーホール
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ