2008/5/31

青いサカナ団 マーマレイド・タウンとパールの森 5/25 C  演奏会

さあ、これで「マーマレイド・タウン」の記事も最後だ。1週間にもわたって、レビューを書き続けてきたのだから、自分にも意外な根気があるものだと思う。

【仮面が全体のなかで果たす役割】

さて、今回の作品を象徴する道具立てとして、仮面があった。製作は南鐘貴とあるが、この方がどういう人物であるのかはわからない。また、仮面自体がどれぐらい素晴らしいものであるのか、判断する力もない。しかし、タウンの一般住民がつけるのは、おかめのような表情をした笑い顔で、色は白で統一されている。これに対して、クロノス一派の仮面も色は白だが、表情がなく、上部にもう一重の顔がついていて、より立体的な印象を与える。これらの仮面が「プログラム」と「現実」を分ける意味をもつのは自明だが、2種類の仮面があるのは、どういうことを示すのだろうか。明確な答えはないが、多分、「プログラム」を縦軸にとったときに、横軸となる管理者の役割をもつことの象徴ではないかと思われる。

管理者たち、つまり、クロノスたちは、仮面をつけるときを自分たちで選んでいる。バック・ステージでは仮面はつけず、表で悪事を働くときや、パレイドのときだけ、仮面を着用するのだ。支配者の象徴であると同時に、素顔での行動を隠すような目的があると感じさせる。ところで、タウンの人たちはというと、仮面をしていないときでも、見えない仮面を被っている。それが明らかになるのは、終わりの浜で「プログラム」が素顔をむき出しにして(ということは、仮面をつけてということだが)、月子=ディアナのこころの真実に迫っていくときだ。

これらをまとめて考ると、きわめてアイロニカルである。「プログラム」のなかでは、人々は本当の表情を決してみせない。表情があるとみえるのは見せかけだけで、仮面をつけたときにだけ、彼らは本当の表情をみせる、それらは笑っているようだが、実のところ、仮面の笑い顔でしかなく、その後ろに隠された表情に迫っていくことはできない。しかも、悪いことに、これらの無数の仮面たちは、彼らとはまったく別の役割をもった一握りの存在に、動かされているにすぎない。その間のインターフェイスとして、「太陽」と「バッカス」があるのだ。

【バッカス大統領】

私の記憶では、肝心の月子を除くと、バッカスだけは仮面をつけない。このいうことを聞かないバグのような存在だけが、縦糸と横糸を紡ぎあわせ、結びつけることができるのだ。バッカス、すなわち、ディオニュソスは、ブドウの栽培を人間たちに伝え、酒というものを通じて、神と人間のインターフェイスのような役割を果たしたから、この名前が既に示唆的であろう。一方、この神の奔放な野性を逆手にとって、神田はそこに、人間の幼児性を詰め込んでしまうのだ。それに加え、「バカ」という言葉と掛けたのかどうかはわからない。いずれにしても、ここに、タウンのおかしな支配者(偶像)が出現する。動物を愛し、クマさん、ネズミさん、ゾウさんを分け隔てなく愛するバッカスが、どのような末路を歩むかは観客の大きな楽しみであったろう。実際は、覚醒したディアナにゾウさんを取り上げられて、泣かされるだけに終わったのは、すこし残念だった。だが、これには意味がある。

というのは、バッカスというのが、我々の期待に反して、実は、インターフェイスでもなんでもなかったことがわかるからだ。PCに譬えれば、バッカスというのは、無駄に増設されたUSBハブのようなものだったのかもしれない。邪魔だけれども、なくてはならぬと思われたものが、実は、直接つなげばよいだけだったというイロニー! 支配者とは、結局のところ、これだけのことにすぎないのか。「国王」ではなく、「大統領」というのも意味があるだろう。というのは、国王は血筋だけで決まるが、大統領はみんなで選ぶものだからだ。劇中にはもちろん描かれないが、クロノスたちの傀儡であるにせよ、彼はとにかく、タウンの人々に選ばれたのだ。選ばれた者であるのに、彼は自らの幼児性を曝け出し、享楽に耽るだけである。これは、政治家に対する痛烈な皮肉ともとれる。しかし、それがまた、支配者と人々の唯一のインターフェイスであるというのも、ぞっとすることではないか。

このように、バッカスは神田の吐く毒の塊のような存在なのであるが、一方、劇中でいちばんの人気者でもある。

【マーマレイド・タウンとは何か】

結局ところ、マーマレイド・タウンとは何であろうか。種明かしによれば、それは、もう死ぬことが決まった人に残された最後の、僅かな時間を使って、彼の好きな夢を見せるという装置(プログラム)であるという。しかし、よくよく見てみると、夢であるはずのタウンは、正に夢でしかないようなロマンティックな幻想と、現実よりも厳しい現実の、両方で覆われていることがわかるのだ。月子は、プログラムが提供する夢によって癒されたのか、益々現実的な世界の陰鬱さに弄ばれたのか、よくわからない。

観るものが釈然としないのは、こうした要素に対して、神田がこれといった答えを与えることがなかったからだ。私は既に、この劇はどう見てもいいのだと指摘した。すべての劇はそうであるが、大抵は、こういう風にみるのが当たり前だというセオリーがあるものだ。今回の作品は、それが皆無なので、捉えどころがないように思える。やや哲学的な言い方になるが、完全な自由は、束縛よりも不自由だからだ。ただ、大事なことは、そうであっても、この空間を共有する間に限っては、当の神田自身も、オケマンも、合唱団も、助演の人たちも、そして、観客さえも、ひとつの「プログラム」のなかにあったということだ。すべての自由は、そこから生まれたということ、これだけは変えようのない事実である。マーマレイド・タウンの「プログラム」が、すべて月子の想念から生まれたように! だが、その「プログラム」の組み手である神田でさえ、自ら、その世界の完全な支配者たることはできないと知っている。月子は、「プログラム」を生み出した張本人でありながら、同時に、その「プログラム」に左右される存在だったことを思い出そう。

プログラムにも、いつかは終わりが来る・・・そういって、月子は太陽を月に喰わせた。その言葉が重く響いてくるようだ。それは、月子にとっては死を意味する。この劇の作者である神田にとって、死とは何であろうか。それは、自ら苦しんで生み出したの作品との別れ、そして、それをともに創り、視覚化するために関わった人たちとの別れ、また、それをこころから愛し、演じ歌ってくれた共演者たちとの別れ、さらに、そうした世界を微笑ましく受け取ってくれた観客たちとの別れを意味する。きっと誰もがそう思ったように、誰もがこの作品世界との別れを惜しんだろうが、もっともその想いが強かったのは、神田自身ではなかろうか。作り手のエゴといえば、そうかもしれない。だが、最後のエピローグは、そんなエゴがバッカスのような子どもじみた形で、直裁に現れた姿であるともいえる。彼はもう、離さない。離さないぞと宣言しているのだ。終わりは来るとわかっている。だが、それまでの夢は甘く、濃厚でなければ! 最後に響くマーマレイド・タウンの歌に、その想いが託されているのかもしれない。

結論としてはバカバカしいが、今回もいい作品だった・・・この一言に尽きる。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ