2007/10/5

新交響楽団 マラ9に挑む!  期待のコンサート

マーラーの交響曲第9番を、アマチュアが取り上げるのは無謀だ。私の持論だが、マーラーを演奏する場合は、技術よりも、指揮者とのコミュニケーション、それに基づく練り込みがものをいう。中でも9番はもっとも難物であり、その楽団のもつすべての音色、エネルギー、スピリッツが、すべて引き出されねば良い演奏にはならず、しかも、それだけでは駄目なのである。プラス、それまでに見えていなかった何ものかが見えてくるようでないと、本当に9番を聴いたという感動は得られない。これはという名盤も、さほど多くはない。スター指揮者が超のつく有名なオケを振っても、なかなか期待した結果にならないのである。

さて、今回、その無謀なチャレンジを試みるのは、新交響楽団である。10月8日(東京芸術劇場)の本番が、数日後に迫った。彼らはアマチュアであるから、指揮者とのコミュニケーションなどをいうには、あまりに条件が整わない。だが、まったく期待の一欠片もないかといえば、そうではないのだ。なによりも、今回の指揮者は高関健であり、マーラーのスペシャリストである。この楽団への客演も多く、昨年の奇跡のような「アルペン・シンフォニー」の名演や、2004年には、ブライトコップ新版によるベートーベンの交響曲第5番の鮮やかなパフォーマンスを演出した実績がある。その日はまた、石井眞木の遺作を見事に演奏しきったことも記憶に新しい。もしかして、マラ9が良い演奏になる可能性があるとすれば、アマチュアでは彼らをおいて他にはなかろう。

高関指揮のコンサート以外でも、2005年の飯守泰次郎による「ダフニスとクロエ」全曲版の堂々たる演奏も記憶に鮮明であったし、昨年11月、同じく飯守による「トリスタン」の目の覚めるような演奏など、このオケは武勇譚に事欠かないところである。ダフクロやアルペンは、プロの演奏でさえ、なかなか感動するような演奏にはならない。それを、新響が本当に素晴らしい演奏をしたのだから、今回も、その再現がないとは言えないだろう。そう願いたいものだ。

楽団のホームページには、公演プログラムに掲載されるはずの、高関自筆の解説が公開されており、彼らしくマーラーのスコアの版に関する詳細な考察が、それだけで成り立つ読み物になっている。群響とのツィクルスでは、現在、編集が進行中の「新批判版」に基づく演奏を、ときには世界に先駆けておこなっているが、9番はまだ編集が十分に進んでいないため、批判全集版の編集方針に従い、出版された下書き原稿のファクシミリを基に、1999年に群響で演奏したときの研究成果を踏まえて、さらに手直しした「手製」の楽譜による演奏が試みられる。下に、そのホームページのURLを示しておく。

 新交響楽団HP〜高関執筆のプログラム抜粋:
 http://www.shinkyo.com/concert/p199-2.html

次のフレーズを見逃してはならない・・・

>第9交響曲は私が指揮者を目指す原動力となった作品である。

>今回の楽譜についての考察も、私のマーラーへの私淑と敬意の表れと理解していただければ幸いに思う

私は、新響なんて、どんな難しい曲でも弾けると評価している。だが、マーラーの9番だけは、無理な選曲というほかはない。期待してはならないだろう。だが、そうもいかないと言っては、あまりに楽天的すぎるのであろうか。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/10/8  22:35

 



新交響楽団第199回演奏会 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ