2007/6/19

仙台国際音楽コンクール ピアノ部門 セミ・ファイナル B  クラシック・トピックス

仙台国際音楽コンクールのピアノ部門、セミ・ファイナルの模様を引き続きリポートする。既にファイナル進出者が発表されているため、これから聴くことになるコンテスタントたちは全て、このラウンドを通過したことがわかっている。

オフチニコフは、プロコフィエフの3番を選択。非常に独特のテンポ感に基づいた演奏であるが、そうしたスタイルが通用したのも、オーケストラ、並びに、指揮者(山下一史)の柔軟性の賜物である。遅めのテンポ設定が基本になっているが、そうして思いきって引き伸ばしたフレーズが、案外に間延びすることなく、むしろ、響きとして自然な息吹きを宿していたのが印象的だ。

リー同様に、珍しい部分を押し出してくる傾向もあるが、彼女とちがうのは、それが少しもわざとらしくない点である。予選で感じられた押し引きのうまさというのは、このラウンドでもやはり感じられ、特に、十分な高さから打ち下ろされるときの、打鍵のしっかりした手応えは魅力的だった。それだけに、最後の楽章の弾きおわりにかけて、手もとの確かさだけに頼ってしまったようなパフォーマンスには、若干の違和感を覚えないでもないが。

全体としてのフォルムは、ときに個性的でありながらも、常識的な均整を保っており、聴いていて不安に思う部分は、意外と少ない。多分、チャイコフスキー・コンクールでは、彼のようなコンテスタントは上がってこない。ヴァイオリン部門同様、仙台のコンクールとしての面白さを反映したかのような、オフチニコフのセミ通過である。

グリャーズノフは、ラヴェルをチョイスした。冒頭部分をしっかりと押し出して、エンジンに点火。次の部分での響きの収め方も秀逸で、出だしは好調だ。展開部の直前で、テンポを落とさず、もう一ねじ巻くようなアクションには驚いた。その前後だけが少しガチャガチャしたが、展開部以降は、各部の特徴を際立たせながら、はっきりした輪郭の演奏をオーソドックスに弾きあげた印象である。

緩徐楽章は、しっかりスコアに忠実な演奏で、楽曲そのものが持つ魅力を、昆布だしをとるように抽出していく。長い主題提示のあと、木管が入ってくるところで、なお、しばらく打鍵の重みを保ったのが彼らしい。ここも、全体としては、新味の感じられない演奏だが、彼に弾かれると、これ以上なにもできないし、そのほうがいいのだという説得力がある。

第3楽章は、冒頭に山下(指揮者)の独特の主張が表れていて、ここまでの両日とも、その動きの面白さを仙台フィルがいまいち表現しきれていないものの、グリャーズノフだけは、それをはっきりと把握していたことが感じられる演奏だった。抜いたり力んだりしながら、複雑に重みを変えて曲目を編み上げているのを、ピアニストが的確に拾い上げているのがわかるだろう。素晴らしい演奏だ。終演後の山下の握る手に、こころなしか、力が篭っているようにみえたのは、私の思い込みであろうか?

本邦から唯一のファイナル進出となった津田は、前の人が前の人だっただけに、分の悪いラヴェルを選んでしまった。だが、彼の演奏はまたタイプが異なり、しっかり個性を刻むことができた。彼は、正確性というキーワードで、リーと双璧だが、同じ正確性といっても、ちょっとタイプが違うのだ。リーは表立って、こうでしょう、ああでしょうと、表情ゆたかに語りかける。だが、津田のほうは、淡々と自分の演奏をこなすことで、共演者をいつの間にか説得してしまうのだ。

なお、この中間(というより、少し上のレヴェルにも感じられるが)にいるのが、グリャーズノフである。

津田の演奏に戻るが、緩徐楽章はグリャーズノフ同様、タネも仕掛けもないといっても、どこが違うのだろう、彼と比べると表現力に深みが出ない。その原因はよくわからないが、多分、本当に基本的な問題で、打鍵の重みや、それに関わる腕やからだの使い方に違いがあるのだと思う。終楽章は、いささか素っ気ないし、打鍵に重みが足りない感じもする。

さて、ファイナルは、コンテスタントがリストの中から2曲を選び、その中から、運営委員長が選んだ1曲を演奏するという、独特のスタイルをとっている。これが、なかなか面白い組み合わせになったのである。

私が比較に使った、リー、グリャーズノフ、津田のテクニカル系の3人が、同じベートーベンの4番で、その表現の重みを問われることになった。特に、セミの内容からすると、自分で選んだ1曲に変わりないとはいえ、津田には厳しい感じのする曲目だ。

オフチニコフは、ここまで押し引きのうまさはあっても、それを明確なダイナミズムとして表現する場面が少なかった。チャイコフスキーでは、それをやらなくてはならない。ルーは、これまで感情がぐっと乗るような表現をしてこなかった。ショパンでは、その面が厭でも試されることになる。そして、シェフチェンコは、ブラームスを弾くには、ややスケール感に不足する面もあった。これを見事に弾き上げることができれば、仙台の優勝者とするにふさわしい風格を手に入れることができるだろう。

ということで、ちょっとばかり、決勝が楽しみになる曲目の選択である。ラフ2、ラフ2、プロコ3、ラフ3、ラヴェル・・・などという具合になりやすいコンクールのファイナルでは、正直、選考というよりはガッラのような趣があるものだが、ここでは、そうした甘えはないようだ。なお、ファイナルは、22日と23日である。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/6/30  7:22

 

神尾真由子さん優勝!!チャイコフスキー国際コンクールヴァイオリン Results of XIII International Tchaikovsky Competition on a viloin speciality III round of the Competition on a speciality "violin" has ended 29 th of June, 2007 in the Chamber Hal 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ