2007/6/14

仙台国際音楽コンクール ピアノ部門 第1次予選 C  クラシック・トピックス

あと2人みると、第1次予選の通過者を全部カヴァーできる。

まずは、ヴァーチェスラフ・グリャーズノフ(露)。この人は、現時点で完成度が高いピアニストと思われる。モーツァルトは決して得意とは思えず、特に緩徐楽章にはアラも目立つが、出しきっていない感じが、かえって可能性を大きく見せている。

ときに強引に割り込むような響きがあり、全体的にはやや退屈であっても、ときどき見せてくれる打鍵の輝きや、ゆったりした優美なパッセージは印象に残る。終楽章は速めの流れに乗りながら、伸びやかで粒立ちのいい響きで、鬼ごっこのように出たり入ったりするアクションが、アンサンブルによく調和しているのが目を惹いた。

エチュードは、これまでのコンテスタントのなかでも最右翼に位置する。響きがきれいにカーブしていくかのような op.10-4 は、音色も美しく透徹とした響き。前曲からアタッカで突っ込んだ op.25-6 は、後半で少しだけリズムが崩れた感もあるが、躍動的にパッセージを決めながら、豊富なイディオムをしっかり織り込んだ演奏で上出来だ。

最後は、日本の津田裕也の演奏。彼は、オケよりも少しずつ先をとっていくような演奏が特徴で、オスミニン同様、リズムの正確さにおいては比類ないものをもっている。そのせいもあってか、周りの音への癒着がなく、打鍵が清潔であるのはいい。彼の打鍵したところより、少しでも遅いとバックの響きに呑み込まれ、少しでも速いと、前のめりに聴こえてしまう。音量なども控えめではあるもの、適度な重みがある。

オスミニンとちがうのは、向こうが小節線まで見えるような演奏だとすれば、津田の場合は、小節線のないバロックの楽譜の上に、きれいに音符を置いていったような感じであることだ。コンチェルトは、第3楽章で特に魅力的であり、ポイント・トゥ・ポイントで旗門(=音符)をスラロームのように通り抜けて、精密な時計のような響きを刻んでいく。

エチュードは大きな感動を与える演奏ではないものの、ソツなく丁寧な演奏であり、これもまた彼らしい。まとめて聴いていくと、はじめは乗らないが、だんだんに惹きこまれていくのではないだろうか。

このラウンドでは、まだまだコンテスタントたちの真の実力は計りかねるところもあるが、一応、2次進出者のうちでランク付けしてみよう。

★★★★★(優勝候補) 該当なし

★★★★(決勝レヴェル) V.グリャズーノフ
                O.シェフチェンコ
                リー・カリーン・コリーン

★★★(有力者) I.オフチニコフ 
           S.ツィンツァバーゼ
           津田 裕也

★★(秘めたる可能性) シィ・ブライアン
               V.オスミニン

★(変身に期待) 島貫 愛
           E.ビリンガー
           ルー・イチェ
           長瀬 賢弘
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ