2009/8/21

フランツ・ヨッヘン・ヘルフェルト レクイエム 世界初演 8/19  オーケストラ

吉野肇氏より、シュトゥッツガルト楽派に属するフランツ・ヨッヘン・ヘルフェルトに対して委嘱された新作を披露する演奏会を拝聴した。ヘルフェルトは、ソリストを務めたメゾ・ソプラノの小山由美とは夫婦関係。アリオン音楽財団の〈東京の夏〉音楽祭への参加企画。世界初演。

大規模な管弦楽伴奏をもつレクイエムで、男声合唱とメゾ・ソプラノの独唱によって歌われる。無宗教のレクイエムとして作曲したとしているが、テクストは通常のラテン語典礼文と同じであり、キリスト教の影響は排除できない。ただ、プログラム解説に示されているところをみると、確かに、それだけで塗り固められてはおらず、無宗教までを含んだ、こころの在り方が広く包含されている。演奏前は、それが通常のレクイエム典礼文のうえに、どのように載ってくるのかは疑問であった。

実際、耳にしてみると、それは思ったよりもわかりやすい形で実現されていた。まず、典礼文自体は「響き」として使ったとあるが、思ったよりも素直に言葉が歌われていた。そして、その歌い方や、間奏的な部分において、非キリスト教的な要素がナチュラルに入り込んでくる形をとっていたように思う。非キリスト教的な要素は、冒頭にアカペラで歌われた声明のようなものを含め、具体的に音楽的なもの、つまり、ラップやゴスペル、ブルース、ガムランなどの形で表現されている。

キリスト教的なものが中心にあるのは否めないが、どちらかといえば、混沌ではない多神教的な空間、つまり、各々がめいめいの神秘的な領域を固有に築いていき、広大な音楽空間のなかで共有しているというイメージをもった。

また、作品は故意に繰り返し的な要素を音楽に復活させており、古典的なソナタの循環形式や、ときにはミニマル・ミュージックのような単純な繰り返しを使いさえして、音楽的イディオム(形式)の新しさよりも、内容(あるいは、精神といってもよい)の深さや濃密さにこだわった作品構成をめざしている。暴力的で重いモティーフと、深い清潔に満ちた古典的なレクイエムの美しい響きが、非常にわかりやすい形で並べられ、ときに驚くべき展開を含みながらも、全体的には聴き手の想像どおりに推移していく。

ヘルトフェルトの『レクイエム』は、このような点からみて、形式的な新しさという芸術的な実現よりは、聴き手に対して、ダイレクトに寄り添うことを第一に考えた作品であることがわかるのではないか。

言語(歌詞)と音楽の関係については、面白い特徴がある。聖書にも「はじめに言葉ありき」とされているように、古典的なレクイエムでは歌詞は初めからあるのが当然で、それは厳格に定められたある種の形式を成す。音楽は言葉がどっしりと位置をとったあとに、注意ぶかく組み立てられた。しかし、この作品では、初めから決まっているものは何もなく、その代わりに、互いが相手を待つという時間を重視している。

この音楽では、言葉が発するまでに熟していく時間というものが想定されている。なるほど、初めから歌詞はあったにしても、それを発したい、発するべきだという想いが熟するまで、それは表には出てこない。この作品では、瞑想的というべき、予備的な時間がたっぷりとられている。そして、音楽的要素が昂ぶって熟していき、そこに聴き手の想いが載ってきたときに、絶妙のタイミングで歌が発せられる仕掛けなのだ。

もしもヘルフェルトの作品に新しさを見出すとするならば、そうした時間の操り方に求められるのかもしれない。

作品は例えば「輪廻転生」の概念を表すように、無限の円環を想像させる単純なフォルムを重層的につくっている。最後、小山の独唱が言葉の途中で切断されて、甲高い打楽器の音が無造作に残るが、ここで死を想像するか、新しい生へのバトン・タッチを想像するかは、聴き手のセンスによる。

身体から汚いものが抜けていくような快感と、深いリラックスを味わった爽やかな公演であった。ヘルフェルトという作曲家については、他の作品も聴いてみたいと思ったのは言うまでもない。多分、これと比べると、ずっとハードな作品を書いているのではないかと思う。まずは、惜しみない賞賛を禁じ得ない公演である。

【プログラム】 2009年8月19日

フランツ・ヨッヘン・ヘルフェルト 『レクイエム』(委嘱初演)
T原点 U可能性 V自己の戦い W自己犠牲 X聖域 Y生あるものへのメッセージ

 小山 由美(Ms)
 東京混声合唱団
 東京交響楽団(cond:沼尻 竜典 コンマス:大谷 康子)

 於:東京オペラシティ
2

2009/8/14

湯浅譲二 バースデーコンサート 80歳の誕生日を祝して 8/12  室内楽

作曲家の湯浅譲二が12日、80歳の誕生日を迎えた。その誕生日当日に彼のことを祝うため、秋吉台の現代音楽祭に関わる音楽家や弟子たちを中心にしたグループが、東京オペラシティのリサイタルホールで公演を行なった。

湯浅の作風をめぐるキーワードはいくつもある。例えば、最近では「未聴感」ということを頻繁に口にしているように思うが、「未聴感」は本質的な価値ではなく、作品を残したいと思う者にとっての前提的な条件ではあれ、本当に大事なのは、そのことによっていかなる表現をしたいかということに尽きる。ありがたいことに、最初の「マイ・ブルー・スカイ第3番」(ヴァイオリン独奏)を聴いた瞬間、湯浅が本質的になにを求めているのかは、すぐに直感できたといって間違いではなかろう。

つまり、楽器本来の持ち味、そして、それを弾く人間の持ち味というのを、いかに引き出すかということが、それである。フルート独奏による『タームズ・オヴ・テンポラル・ディーテリング』の演奏において、そのことはより象徴的であった。この作品はまず演奏者が肉声を発し、それを模倣するようなフルートの響きが、そのイメージを追いかけていくところに始まる。以下、人声との重ねあわせを中心とする特殊奏法を交えて、作品は鷹揚に展開していく。

ここで、私が面白いと思ったのは、そうした奏法の特徴が風変わりな聴感に止まることなく、徐々に本質的な表現、つまり、楽器と演奏者の持ち味の表現という「本丸」に向かって推移していくことにあった。聴き手が皮相的な面白さに呆れてしまう頃合いを見計らって、湯浅はすかさず別のパラダイムを準備し、否応なく聴き手と演奏者が1:1で向きあう瞬間を用意する。例えば、このフルートの作品は9分あまりにすぎないが、後半にいくと、こうした手法の面白さに向きあう演奏者のこころと、聴き手の関心がおもむろに出会うような感覚が待っており、そこに演奏者の個性がぬっと裸身を晒すことになる。

このような形で、湯浅の作品の前に立つ者たちは、たちどころにその本性が丸見えになるが、実のところ、聴き手のほうも同じように裸にされるのだ。

日本の作曲家にほぼ一般的なように、湯浅もピアノが得意であると思われる。ピアノ独奏による『メロディーズ』と、ヴィオラ独奏による『ヴィオラ・ローカス』では、前者に作曲家の愛着があり、後者には作曲家としての興味がある。愛着は作品に自然な展開をもたらすが、必ずしも身近な楽器ではない場合は、それに代わって、知らないものに対する飽くなき関心と、本来の演奏者には思い当たらないようなイメージの転換や組換を生み出す可能性が高くなる。そこに、ある種のユーモアが生まれやすい。

わかりやすいのは、テューバ独奏による『ぶらぶらテューバ』だろう。テューバの特徴はいくつかあるが、そうした要素に対して湯浅の示す温かい関心といったものが、この作品のほとんどすべてを占めており、悪くいえば、子どもじみた、あるいは、童心を思い出させるような素直な共感が見えてくる。湯浅といえば、前衛のハードな知性家というイメージがあるが、その本質的な部分に、こうした純粋なものがあることは見逃されがちではなかろうか。

初演の平松英子に代わり、松平敬が歌った『R.D.レインからの二篇』は、親交のあったレインという精神病理学者の追悼のために、レイン自身のつくった「つぶやき」「私はなくしてしまった」の二篇の詩を選んで付曲されている。ところが、その内容は葬式のものがなしい弔辞とは似ても似つかず、リラックスした、賢者の諧謔に満ちた作品なのである。特に、後者では日本語訳のあとに原語の詩が追っかけるような形になっており、その二重性のなかに、愉快な友人との国境を越えた関係がユーモラスに忍び込んでいる。ここでも、湯浅とレインの関係が、音楽と詩(もしくは、それぞれの中にあるパーソナリティ)によって、やはり1:1で向き合っている。

最後に、二十絃筝の曲『筝歌〈蕪村五句〉』が演奏されたが、ここでは蕪村による辞世を含む5つの句が選ばれ、謡がつくようになっている。この曲はいわば一種の歌曲なのであるが、伝統的に存在する「筝歌」とは似て非なるものと言えそうな気がする。もちろん、それは20世紀的なイディオムをふんだんに含んだ響きのイメージからもたらされる感覚でもあるが、より本質的に、声と筝の音の関係性においてパラダイムが異なるように感じられるせいでもある。うまく説明できないが、湯浅の作品における声と筝の音と、付け加えるならば、さらに蕪村の句との関係は、それぞれ1:1:1で対応するように思えるのだ。

湯浅の作品では単純な融合をよしとせず、それぞれの要素がパラレルな価値観を保っている。ここでは、吉村七重という傑出した筝の奏者と、それとは別の謡の名手が、蕪村というもう1人の天才とを加えて、パラレルに我々の前に出現する。その壮観たるや、表現のしようもないほどだ。ここにこそ、湯浅の音楽の本質の本質をみる想いがしたのである。

80歳になったとはいえ、湯浅は杖をつくでもなく、まだまだ元気そうである。昨年、100歳の誕生日を迎えた先輩のエリオット・カーターもバリバリに現役で、いまだに新しい作品を披露しつづけている。この老爺を追いかけて、まだまだ20年も若い湯浅には頑張ってもらわなくてはならない。

【プログラム】 2009年8月12日

オール・湯浅・プログラム
1、マイ・ブルー・スカイ第3番 (vn:ジョージ・ヴァン・ダム)
2、クラリネット・ソリテュード (cl:山根 孝司)
3、タームズ・オヴ・テンポラル・ディーテリング (fl:大久保 彩子)
4、ヴィオラ・ローカス (va:般若 佳子)
5、メロディーズ (pf:藤田 朗子)
6、テナー・レコーダーのためのプロジェクション
 (テナー・リコーダー:鈴木 俊哉)
7、R.D.レインからの二篇 (vo:松平 敬)
8、ぶらぶらテューバ (tub:橋本 晋哉)
9、筝歌〈蕪村五句〉 (二十絃筝:吉村 七重)
10、川島素晴 湯浅メロディーズによるプロジェクション (全員)

 於:東京オペラシティ リサイタルホール
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ