2009/3/9

スクロヴァチェフスキ ブルックナー 交響曲第1番 読響 芸劇マチネー 3/8  オーケストラ

今シーズンの読響は、常任指揮者のスクロヴァチェフスキでシーズンを終える。来シーズンは2回の来日が予定されているが、愛すべき音楽家の演奏を聴ける機会も、前日のシュナイト同様、残り少なくなった。ただ、もう来日が期待できないシュナイトと比べると、スクロヴァのほうは、健康さえ許せば来日してくれる可能性もある。現役最高齢の86歳は、シュナイトより7つも年上であるが、この日も相変わらず元気いっぱいなのだ。椅子に座ることもなく、足取りも軽い。

【構造の輝き、そして、表情のゆたかさ】

この日は、最初のブラームス「ハイドンの主題による変奏曲」が、白眉であった。先程からわざわざシュナイトの名前を出しているのは、実は、そのためなのだ。少しばかり、やり方はちがうかもしれない。だが、シュナイトもスクロヴァも、ブラームスの楽曲に驚くほどゆたかな表情があることを、私たちに教えてくれた。R.シュトラウスの交響詩を引き合いにして、その詩情の動きの多彩さについて触れたドッペル・コンチェルトの記事。書き忘れたが、音色の柔らかさも、その印象を強めていた。そして、この日の「ハイヴァリ」だ。この作品では、二重協奏曲に垣間見えたようなストーリー性はないものの、むしろ、その分だけ自由な響きの表情が紡ぎ出されるのであった。

シンプルだが、丁寧な主題演奏(オーボエの辻功が、この曲を象徴する音色の柔らかさと、リラックスした表情を紡ぎ手となる)のあと、一気呵成に変奏を織り上げていくスクロヴァの手綱さばきが、まずは見物だった。息づかいを立体的に組み上げたブリュッヘンの演奏と比べると、彼の場合は、設計図から丁寧に組み上げていった響きとして受け取られる。響きの重なりも厳格で、これがほんわかした主題の緩やかさに対して、自然なくさびとなっていく。スケルッツォ的な第5変奏は一見、控えめだが、そのような構造の象徴となっていた。最後、ぴくっと立ち上がる響きが印象的であろう。これが第6変奏とセットになり、後者の構造の張りとなっている点は見逃せない。

対位法が息づく第8変奏も、同じように、最終変奏(フィナーレ)の骨組みを暗示している。序盤のねじ巻き部分から、風船に息を吹き入れるときのように、自然な手ごたえで響きが膨らんでいくことに、多くの聴衆は気づいただろう。そして、シンプルな対位法の構造を弛めたり、引き締めたりすることで、響きの江南がきれいに入れ替わっていくマジックを、目撃したのだ。クライマックスの見事な響きから、いったん静まって、最後の盛り上げ、そして、緩やかなディミヌエンドと、こうした押し引きの見事さがよく表れていた場面だろうと思う。

これでこそ、ブラームスだ。この作曲家の弱点は、旋律が書けないことにある。ブラームスは、ドヴォルザークがゴミ箱に捨てた旋律の欠片だけで、シンフォニーが書けるといった。それは一見、友人の才能に敬服し、自らの能力を謙遜した言葉のようにも見えるが、一方では、これといった旋律はなくとも、十分に作品は組み上げられるのだという底意をも含んでいる。それこそ、こうした構造のマジックと、音楽の表情にゆたかさをもたらす書法の確かさなのだ。

【じわりと引き込むケフェレックのワザ】

中プロは、アンヌ・ケフェレックを独奏に迎えての、モーツァルトのピアノ協奏曲第27番の演奏だ。ケフェレックといえば、「熱狂の日」日本公演の第1回でモーツァルトのソナタを全曲演奏し、その後も、チャーミングな人となりと豊富な学識で、演奏やマスタークラスを通して音楽祭の顔として活躍し、人気を高めている。アンヌが弾くと、どんな曲でも彼女独特の響きになる。だが、不思議なことに、それぞれの作曲家の個性も、ちゃんと感じさせてくれるのだ。この日のコンチェルトも、正に! 香り立つような爽やかなピアノの響きはともかく、ちょっと勇気がいる動きの少ない演奏。最近のスポーティな演奏に一石を投じる、じっくり向かいあうような演奏だった。

すごいぞ、ブラーヴァ・・・という盛り上がりではないのだが、じわじわと聴き手を引き込んだ演奏は、長く、こころのこもった拍手によって象徴されている。

スクロヴァチェフスキの演奏も独特で、ベースがよくわからない。ツーと伸ばす音では弦への圧力を強くし、きついレガートを要求している部分もあれば、細かい音の動きはヘルシーな響きで、きびきびしている。どちらかというと、ピアニスト本位の動きであることは明確で、それは弦のプルトを思いきって絞って、明らかにアンヌの繊細さにアジャストした編成からもわかるだろう。

【単純さと緻密さ】

メインは、ブルックナーの交響曲第1番。私はいわゆる「ブル全」など持っていないし、1番は、ほとんど初めてだと思う。実際、聴いてみると、ワーグナーの影響が濃厚だ。素晴らしいワーグナーの素材を使って、交響曲をつくれば、どんなに素晴らしくなるか・・・と考えたのではなかろうか。ある種、安易な作品でもあるが、ワーグナーの作品を使った「オーケストラル・オペラ」のような感じで、聴きやすいことは聴きやすい。その分、素材をしつこいほどにしゃぶり尽くし、シンメトリーや繰り返しの構造を引き伸ばして、神々しいまでの作品に組み上げていくブルックナーらしさはない(第1楽章には、ブルックナー休止からダ・カーポするお決まりのコースがあるが)。

あまりに曲を知らないために、どこがどう良かったというようなことが言えない。だが、こうした作品のもつ味わいを、飾り立てることなく素直に表現したスクロヴァチェフスキの音楽づくりは、いつもながら好感が持てる。終楽章では、いつになく透きとおったトロンボーン部隊の響きが、印象に残る。しかし、豪壮な響きで全体をべた塗りするような弊はおかさず、一見、単純にきこえる部分にも繊細なアーティキュレーションを施し、響きのデザインにおいては、既に後期の傑作群を予告する要素があることを、しっかりと押さえているのも憎い。

この時期のシンフォニーにしか見られないブルックナーの意外な単純さ、もしくは、シンプルさといってもいいが、そうした要素をストレートに抽出しながら、そこに、後期作品に通じる緻密さをも感じさせる、ゆたかな演奏であったと言っておこう。

【プログラム】 2009年3月8日

1,ブラームス ハイドンの主題による変奏曲
2,モーツァルト ピアノ協奏曲第27番
 (pf:アンヌ・ケフェレック)
3,ブルックナー 交響曲第1番

 コンサートマスター:小森谷 巧

 於:東京芸術劇場
0

2009/3/8

シュナイト ブラームス 二重協奏曲 & 交響曲第1番 神奈川フィル @ミューザ川崎  オーケストラ

現在、神奈川フィルの音楽監督を務めるハンス=マルティン・シュナイトだが、健康上の問題もあり、2007年4月からの1期だけで職を辞し、今季限りで退任する。今回の特別演奏会「名曲コンサート 珠玉の旋律」を含め、日本で聴ける演奏も数少なくなった。

 3月7日(当日) 神奈川フィル ブラームス
 3月13日 神奈川フィル ブラームス&ブルックナー
 3月20・21日 札響 ブラームス&ベートーベン
 5月9日 コーロ・ヌオーヴォ バッハ
 5月16日 神奈川フィル シューマン
 日程未定 シュナイト・バッハ合唱団 バッハ

この日の演奏は、ブラームスの二重協奏曲と交響曲第1番による、シンプルなプログラムだ。ドッペルのソリストは当団ソロ・コンマスの石田泰尚と、首席チェロ奏者の山本裕康。チケット完売で、満員のミューザ川崎でおこなわれた。

まずは、ドッペル・コンチェルト。シュナイトはこの曲を高く評価しており、同じ作曲家による他の作品と比べ、軽く扱われていることに問題意識があるらしい。なるほど、この曲は、ブラームスにとって大事な曲だった。大規模な作品としては最後のものに当たり、ついにベートーベンを乗り越えたと確信した、交響曲第4番よりもあとに書かれている。また、親友・ヨアヒムとの友情を取り戻すためにも必要な作品だったとされている(夫人とブラームスとの不倫を疑ったヨアヒムと折り合いが悪くなったのを、この作品の創作をきっかけに仲直りしたとされる)。だが、何よりも内容が素晴らしいのだ。

二重協奏曲という華やかな外形だけに目が行きがちだが、シュナイトの演奏を聴いて、私は、ある別の曲を思い出した。それは、R.シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」だ。細かくは述べないが、シュナイトは、本当に表情ゆたかにこの作品を織り上げ、そこから、疑いあい、傷つけあい、憎みあい、しかし、最後には睦みあい、信頼を取り戻していくまでの、夫婦の姿を詩情いっぱいに表現して見せたのだ。もちろん、このポエジーの中心に、独奏ヴァイオリンとチェロのコミュニケーションがあるのは当然だが、それを中心にしながらも、オーケストラ全体がドラマを紡ぎ上げていくように、シュナイトは恐るべき緻密さで、音楽に起伏をつけていった。

2つの独奏楽器は、意見を交わしあうような形で配置されているが、やがて、高々と歌うヴァイオリンに対し、チェロの内助の功が鮮明に印象づけられる。ブラームスはきっと、こう言っているのだ。ヨアヒムさん、確かにあなたのヴァイオリンは素晴らしい。でも、あなたがそうしていられるのは、誰のおかげなのでしょうか?

ブラームスは、1897年の4月に亡くなった。そして、R.シュトラウスの名品「英雄の生涯」は、1898年の8月から4ヶ月あまりをかけて書かれている。ブラームスといえば「地味」、R.シュトラウスといえば「派手」の代名詞みたいなものだが、後者に対してブラームスの与えた影響の大きさは、わりとよく知られているところだ。この二重協奏曲を聴くと、なお、はっきりとするだろう。

演奏としては、第2楽章が素晴らしい。最初の楽章は、表情のゆたかさという点で、非常によく練り込まれた演奏だが、独奏の2人がねじ巻き役としてはやや非力なこともあり、オケ側の響きの良さが目立っている。一方、アンダンテによる緩徐楽章は、明らかに室内楽的な趣向の強い石田や山本の演奏にぴったり来て、夜、ベッドの中で睦みあう夫婦の姿が優しく描き出され、美しく、穏やかな演奏になった。第3楽章は、ブラームスのもうひとりの友人、ドヴォルザークを思い出す。その快活なイメージが、夫婦の和解と重ねられていく。

演奏終了後、石田と山本の両ソリストに加え、後ろのヴァイオリンとチェロがアシストして、カザルス「鳥の歌」がアンコール演奏されたが、これもこころのこもった素晴らしい演奏だった。その尋常ではない愛情に満ちた演奏に胸が高鳴ったが、これはきっと、我々聴衆だけではなく、シュナイトへの贈り物だったにちがいない。

交響曲第1番も、素敵な演奏だった。上手/下手という次元を越えて、良い演奏というのは存在する。神奈川フィルの弱点はこういう曲ではっきりする面もあるが、それを書き立てるのは野暮と言いたくなるぐらい、こころ温まる演奏だった。

第1楽章は、どうしても良い演奏にしたいと思うあまり、やや大事に行きすぎた面があって、響きが硬くなってしまった感がある。しかし、第2楽章以降は思いきりがよくなり、WBC代表にもみせたい伸び伸びとした演奏になった(と思ったら、野球代表もこの日は最高!)。書きたいことをことごとく割愛して、第4楽章だけについて触れよう。なぜなら、有名なコラールのあと、弦楽合奏によって奏でられる第1主題の明るさが、この日の演奏の象徴となっていたからだ。それと、優しさ。これに加えて、ラストでみられた奇跡のように美しい弦の動きを生み出した、一種の厳しさ。これら3つのものを見出したとき、この演奏は、正しくシュナイトその人を表すようなものだと思った人も少なくはあるまい。

終演後は、体調が万全でないとはわかっていても、名残惜しく、どうしても拍手をつづけてしまう聴き手の想いが、ホール中に広がっていた。何度目かに呼び出されたとき、シュナイトは顔を覆い、感極まるような風をみせていた。決して元気ではなさそうだが、思ったよりは、健やかにも見えた。少なくともあと5つの演奏会、シュナイトさんに神様のご加護がありますように!

【プログラム】 2009年3月7日

1、ブラームス ヴァイオリンとチェロによる二重協奏曲
 (vn:石田 泰尚/vc:山本 裕康)
2、ブラームス 交響曲第1番

 コンサートマスター:執行恒弘(前半、ゲスト)、石田泰尚(後半)

 於:ミューザ川崎    
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ