2008/11/7

おくやみ ジャン・フルネが逝去  ニュース

情報が遅くなったが、今月3日、ジャン・フルネが95年の生涯を閉じたという報は、まったく残念でならない。私が知っているフルネは、せいぜい晩年の何年かだけであるが、その1つ1つが私にとって大きな思い出である。

フルネは戦前にデビューし、マルセイユ歌劇場を振り出しに、母国・フランスやオランダを中心に活躍したが、92歳、最後のコンサートを日本に定めたことからもわかるように、わが国において特に評価の高かった指揮者であり、フルネ氏も日本をこよなく愛してくれた。もうすこし、日本がフランスに近ければよかったのに!

日本のオケには数多く出演したが、中でも、名誉指揮者の称号を桂冠されている都響との関係は深い。2005年の最後のコンサートでは、ベルリオーズの序曲「ローマの謝肉祭」、モーツァルトのピアノ協奏曲第24番、ブラームスの交響曲第2番というプログラムを指揮。モーツァルトのソリストを務めた伊藤恵は、晩年のフルネからもっとも信頼されたピアニストであった。一部に酷評する者もあったが、最後の最後のブラームスを含め、この指揮者の人生の、すべてが詰まった演奏であったといえる。のろかったし、音に聞く全盛期の彼の尖った音楽は想像できなかった。しかし、そこにかかっているものの重みを考えれば、それは問題ではない。

都響のメンバーも涙を隠さず、フルネとの別れを惜しんだ。

楽団は友情の印に、フルネと、それに付き添う奥さんのために、毎回の定期で席を用意していた。もしもフルネの臨席があれば、都響のメンバーも勇気100倍したはずだ。残念ながら、実際、そこにマエストロ夫妻が座ることはなかったと思われるが、フルネは自分が来場できない場合、そのシートを「未来の音楽家のために役立ててほしい」と言い、「マエストロ・フルネ・シート」として楽団に託した。

ベルティーニに次いで、フルネをも喪った都響である。新しい道を踏み出さなければならない!

ご冥福をお祈りする。
0
タグ: フルネ

2008/11/7

読響も新シーズンのプログラムを発表 @  ニュース

【スクロヴァチェフスキ、最後のシーズン】

都響、東京フィルにつづき、読売日本交響楽団も新シーズンのプログラムを発表した。スクロヴァチェフスキの常任指揮者としての最後のシーズンとなるが、来日は2回と少ない。9月と翌年3月の登場であるから、今度の3月の公演を聴くと、半年に1回のペースで聴けることになる。常任指揮者が最後に振る曲目は、ブルックナーの交響曲第9番と第8番、ショスタコーヴィチの交響曲第11番、シューマンの交響曲第1番と第3番などである。

シューマンは、これで一応、全曲を演奏したことになる。同じ年にメモリアル・イヤーを迎えるショパンも、2番を共演したクピークが再び迎えられて、ピアノ・コンチェルトも両方が取り上げられることになる。これで短い間ではあったが、スクロヴァチェフスキ1人の指揮で、ブルックナー、ブラームス、シューマンの交響曲、ショパンのピアノ協奏曲が、全曲演奏されたことになる。さすが、中継ぎとはいえ、ただでは帰らないスクロヴァおじさんである。私が熱望していたプロコフィエフのロメ・ジュリも、組曲版ながらプログラムに入り、楽しみが増えた。

【下野なくして読響なし】

さて、この楽団のシーズンを語るには、6プログラム11公演を振る下野竜也の活躍を見ないわけにはいかない。プロジェクトのつづくドヴォルザーク、ヒンデミットのシリーズを中心に、メンデルスゾーン、委嘱新作を含む邦人現代作品、序曲集など、多彩な内容である。

新しいシェフへの就任が決まったカンブルランが登場する4月、その露払いに登場する下野は、芥川也寸志の「エローラ交響曲」と黛敏郎の「涅槃交響曲」という、東西の横綱を登場させて正面突破を図る。真ん中には、藤倉大の委嘱新作が挟まる。6月は、ヒンデミット・シリーズの第3弾だが、「ラグライム」だけである。むしろ、この月は2人の偉大なソリストのお相手を、どのように務めるのかが気になる。すなわち、世界最高のクラリネット奏者、ザビーネ・マイヤーと、ショパンのスペシャリスト、ルイサダである。それぞれ名盤が残るウェーバー(第1番)と、ショパン(第2番)での共演だけに、手抜きは許されない。

ウェーバーの歌劇「オイリアンテ」序曲、同じくクラリネット協奏曲第1番、そして、ドヴォルザークの交響曲第1番がミックスされた演奏会は、私のために用意してくれたと勘違いしてしまうぐらい、愛着の強い曲目が並んでいる。

10月は、ヒンデミット・シリーズの第4弾で、珍しいチェロ協奏曲が演奏されるが、メインは、この年が生誕200年となるメンデルスゾーンの厄介な交響曲、第2番「賛歌」。下野はメンデルスゾーンも得意としているので、この回も聴き逃せない。交響曲第1番と第5番、それにピアノ協奏曲第1番をセットにした公演も、あわせてオススメ。ニューイヤーの序曲集は、ロッシーニ、スッペの珍しい作品が並ぶなかに、さりげなくドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲が混ぜられている。ウィーンの湯浅クラスで学んだ、下野のスペシャル・プログラムだ。

【カンブルラン、来る!】

カンブルランはシーズン・トップの4月に来日、これがお披露目となるが、ベートーベンの交響曲第4番&第5番、そして、ベルリオーズの「幻想交響曲」といったプログラムが中心となる。これがしっかり弾ければ、新しいシェフへの興味も深まることになるだろう。

【常連の指揮者たち、そのほかの指揮者たち】

常連指揮者からは、カリニャーニとロジェストヴェンスキー、ヴァンスカ、セゲルスタム、尾高といったところが登場する。特に、ベートーベンの交響曲シリーズの締めとして、ヴァンスカが「第九」を指揮するのは注目だ。

カリニャーニはホルスト「惑星」の公演もあるが、この年、生誕130年となるレスピーギの「ローマ三部作」はお国ものでもあり、カリニャーニの個性にあっていそうだ。ロジェストヴェンスキーは、シュニトケと、チャイコフスキーのレアな作品を取り上げる。マーラーの「夜の歌」、オール・シベリウス・プロ、ワーグナーと自作品・・・と得意とするプログラムが並ぶ、セゲルスタムの回も外せない。

初登場では、ボーンマス響とのコンビで、NAXOSレーベルを賑わせたマリン・オルソップが、わが国のオケに多分、はじめて登場するのが話題になる(よっぽど、私はこの人の録音はあまり評価しない)。今年、かつてアルミンクが振っていたルツェルン響を連れて来日した、オラリー・エルツ。評判を聴くかぎり、かなりエネルギッシュな指揮をするらしい。あまり好みではなさそう。スコット・ユー。ヴァイオリン弾きとしても活躍、北米で活躍しているので、現代ものにも強い。もちろん、この人はよくわからない。

8月は、高関健。この人はマーラー専門家だけに、勝手知ったる群響ではなく、読響を振っての5番がどういうことになるのかは、興味ぶかいところもある。

・・・次回に続く。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ