2008/11/30

ル・ジュルナル・ド・ショパン 3日目 11/29 A  演奏会

ル・ジュルナル・ド・ショパン、最終日は盛り上がっただろうか。私は、3日目までのおつきあいなので、まとめ的な記事になる。前日の記事に敢えて補足しておきたいのは、3日目の構成についてであった。やはり通しで聴いたこともあり、企画意図が優れたものであることが、わかりやすかった。

まず、午前中の公演「No.5 若きエトワール 1831-1832年」は、op.16 の「ロンド」、op.17 の「マズルカ」、op.18の「華麗なる円舞曲」、op.46「演奏会用アレグロ」、そして、「バラード第1番」など。外向的な曲が多く、華やかで、親密さよりも不特定多数を相手にするエネルギーが強調されているように思われた。

例えば、ヌーブルジェは初日、「3つのエコセーズ」「コントルダンス」「ワルツ」(KK Wa-14)を作品の小ぶりさにあわせた、優しい演奏で通していた。だが、この日の「演奏会用アレグロ」では、スターの登場を印象づける華美で、芯のつよい響きを追求した演奏をみせる。また、エル=バシャのop.16の「ロンド」は、初日の op.73 と比べたときに、はるかに表現の幅を広げ、音楽的に自由になったショパンの姿、その進化の秘密を活写している。

午後に入り、「No.6 惜別の甘い調べ 1830-1835年」では、既に一定の人気を確立したショパンが、今度は、自分の想いをもっと素直に表現できるようになったことが、示されていよう。最後の「別れのワルツ」を筆頭に、ジュジアーノの弾く「ノクターン」(op.15-1)、ヌーブルジェの弾いた「ボレロ」(op.19)のリラックスした演奏。バル=シャイや児玉が弾いたマズルカのローカル性。ケフェレックの弾いた「ラルゴ」では、バッハへの信仰告白までがなされている。

つづいて、エル=バシャの妙技に騒然となった「No.7 内なる声へ 1832-1835年」では、いわゆるショパンらしさが完全に確立し、op.25 の「エチュード」でひとつのピークを迎える様子がはっきりする。繰り返しになるが、エル=バシャの強烈な演奏が、その印象を決定的なものとしただろう。

ここまで、年代だけを追ってもらえばわかるように、No.5-7 の公演は、作曲時期が被っている。単純に年代順では、ショパンの歩みを追っていくのにわかりにくい面もあるが、こうして焦点を絞ってまとめていくと、複雑な創作史のなかにも、ある程度の道筋があることがわかろうというものだ。

「No.8 サンドとの出会い 1836-1838年」は、誤解を恐れずジョルジュ・サンドという強烈な愛人の登場が、ショパンにどのような影響を与えたかということに、焦点を絞ったプログラミングだ。それはずばり、多様性だ。謎、不可解さ、畏れ、未知、怒り、不安、歓喜、期待などといった要素が、これまでの音楽的な豊富さに加えて、ぱっと花をつける。児玉の弾いた「スケルッツォ」などは、これまでのショパンにはなかった、というより、好まなかったといったほうが正確なように思える、奇抜さ、機知に基づいた作品だ。ショパンの内面世界を成すマズルカも、ミステリアスな感じや、思いがけない表情の変化、自由で気まぐれな発想といった要素が、作品をゆたかに彩るようになった。バル=シャイの演奏の柔らかさが、そうした要素を自然に導き出しているのは、もはや言うまでもない。

このように、プログラムはピアニストの個性を織り込みながら、それが微妙にショパンの歩んだ道行きに重ねられつつ、積み重なっていくように構成されていた。そして、演奏が進むにつれて、6人のピアニストは確実に、それぞれがプラスαを得ていくように思われた。その象徴となるのが、この公演で、op.40-2 の「ポロネーズ」を演奏したヌーブルジェだ。その演奏はこの時期のショパンの英気が乗り移ったような名演で、今回、私が聴いたなかでは、彼にとって最高の演奏となっていた。

「No.9 マヨルカの風 1831-1837年」は、かなり幅広い年代から集めたプログラムだが、サンドとの愛情が深まり、昂揚していく雰囲気のなかで、op.25の「プレリュード」が演奏される雰囲気を十分に用意する。そして、荒波をゆく船の行方を示すニ短調に至るまで、ジュジアーノは、彼にしては感情を表に出した演奏で、盛り上げてくれた。

エル=バシャが構成に深くコミットすることで、このような面白い流れがつくられたのだと思う。よくよく見てみると、このシリーズは独奏作品全曲の演奏になるらしい。だとすれば、なおさら、よく考えたものだと思う。たくさんある曲から、一部の曲を流れに合わせて選んでくるなら、まだ簡単だ。しかし、今回は、そういうことではなく、まず全曲を演奏するという大前提があって、そこに、ショパンの創作史を織り込んでいかなくてはならない。それが、かくも見事に実現されていることには、感銘を受けた。

なお、ホールについてだが、はじめに選んだ席で聴けた3日目は、まったく問題がなかった。やはり、ホールのどの位置で聴くかによって、かなり印象が左右されそうだ。

ピアニスト6人には、満足だ。児玉については批判的なことも書いたが、逆に、私の評価するピアニストに疑問をもつ人もいるだろう。完全に誰もが満足する選択というのは、あり得ない。

今回は、「熱狂の日」アーティストから、録音などもあって一般的な評価が高く、ショパンを得意とする人が選ばれたわけであるが、より奥行きをもたらすためには、例えば、ポーランド派のピアニスト、例えば、ナショナル・エディションの伝道師として頑張っている河合優子や、名教師で来日経験も豊富なアンジェイ・ヤシンスキ、あるいはロシア系のピアニスト、「熱狂の日」アーティストならば、アンドレイ・コロベイニコフとかボリス・ベレゾフスキー、それ以外ならば、グレーゴリー・ソコロフとかイリナ・メジューエワなんてのもいいと思う。センスが似ているのはいいのだが、思いきって、まったくちがうタイプを入れてみることで、ショパン解釈の多様性を体験することができるだろう。

商業的には、成功といえるのだろうか。長い休日に当たっていたわけでもないので、少なくとも、熱狂の日」の盛況ぶりとは差がある。だが、いわゆるゴールデン・タイムといえそうな、休日の昼間から夕方にかけては動員率も高かった。客層はよくわからないが、拍手が短めだったことから、普段あまりクラシックを聴かないメンツか、音大生、もしくは、音大出身者(学内演奏会のノリであまり熱狂的に拍手しない)、ピアノ教育者というところが、多かったものと思われる。フォル・ジュルネのように、子どもを連れて・・・という光景は、さほど目にしなかったし、子ども向けのアトラクションなども用意されている感じはなかった。このイヴェントに関しては、そういうマーケティングでもないのだろうか。

マルタンとしては、いずれは、彼の代名詞でもある「ダ・ロック・ダンテロン」日本版の開催を目論んでいるのかもしれないが、どんな手応えだったろうか?
0

2008/11/30

ル・ジュルナル・ド・ショパン 3日目 11/29  演奏会

この日はひねもす、ショパンの音楽に明け暮れた。「ル・ジュルナル・ド・ショパン」も、いよいよ佳境となる、3日目の公演を迎えた。

【凄いぞ、エル=バシャ!】

この日のハイライトは、「No.7 内なる声へ 1832−1835年」(16:00〜)のメインを飾った、エル=バシャによるエチュード(op.25)の演奏であった。ショパン演奏の技術とセンスが厳しく問われる、この作品で、エル=バシャが見せたパフォーマンスは、正に文句のつけようのないものであった。

まず、最初の op.25-1 イ長調 「エオリアン・ハープ」が印象ぶかい。エル=バシャはごく自然な手さばきながら、弾力性のある響きを適度な長さに刻み、なるほどハープの爪弾きを思わせるような響きをつくって、シューマンによって名づけられたというニックネームが、妥当なものであることを示した(単に『ハープ』のほうがいいかも)。それどころか、ピアノの祭典に紛れ込んだ弦楽器の響きは、いつにも増して優しげな響きに聴こえた。

1曲ごとに特徴的で、ひとつずつ述べていってもいいくらいだが、それをぐっと呑み込んで、焦点を絞って話していこう。イ短調の op.25-4 は、ベイルート生まれのアラヴ人、エル=バシャのバックボーンが上手に作用しているのか、左手のもこもこした響きに乗って、動く旋律のエキゾチックな雰囲気が際立っている。ト短調の op.25-6 は、和声の感覚に強い彼ならではの、ハーモニーの美しさに息を呑まされる。特に、音の多い部分での完璧な響きの重なりはエル=バシャにしか表現できないもので、ある種のエクスタシーを生む。

最後、op.25-10 からの3曲は圧倒的な演奏だ。静かな部分でも、激しい部分でも、常に中心に置かれる踊りのスイング感が失われず、適度にキープされているのが驚くべきこと。「木枯らし」は、右手と左手の役割が入れ替わることで有名だが、エル=バシャの場合、それどころか、あたかも男女が絡みあうダンスのように、互いが別々の存在を主張しあって譲らない。もちろん、そのためにフォルムが乱れるということはなく、逆に、既に述べたような揺動が伸縮のエネルギーとなって、楽曲に弾力性を生み出している。繰りかえしの響きのなかには、ほんの僅かに混ぜられたルバートが息づき、隠し味になっている。決然として、鮮やかな波しぶきが目に浮かぶ、op.25-12 は、和声の動きが手にとるようにわかり、特徴的な旋律のアクションよりも、全体の構造が、弾きおわりに向けてぐっと引き締まっていくのが、全曲の締めくくりとして相応しい演奏だった。

録音、実演を通じて、この曲にはしばしば接してきたつもりだが、今回の演奏は、どんな高名なピアニスト、ポーランド派のスペシャリストたちにも真似のできない、高みを感じさせる演奏だ。(弾けはしないけれども)ショパンへの愛着がふかい私は、感激して、胸が詰まった!

今回、エル=バシャは、企画の中心的位置を担っただけあり、ほとんど隙のないパフォーマンスで、若いメンバーたちを引っ張った。彼がメインでない公演でも、やはり、エル=バシャの存在は光った。例えば、ジュジアーノがプレリュードを弾いた No.9 の公演では、神秘的で、音符が葡萄の粒のように引き締まった「ヘクサメロン」と、op.34-1 のワルツの正に「華麗なる」響きで、見事な露払いを演じている。

シュクラン、ジャジーラ!

【見本のようなジュジアーノ】

ジュジアーノは、どの曲を弾くのでも、理想的な模範演奏を示していた。この日、最後となる「No.9 マヨルカの風 1831-1837年」では、op.28 のプレリュードを全曲演奏した(しかも、その前にバラード第2番も演奏)。だが、この曲では、思いきって自己の内面にあるものを叩きつけ、情熱的に弾くナンバーが多くなった。

面白いのは、「マヨルカの雨」と題した公演のサブ・テーマに、この作品が驚くほど合致していることだ。サンドとの同地への苦しい船旅をし、最高の瞬間と、最低の瞬間を同時に味わったショパンが、幸福の絶頂から、荒波に呑まれていくまでの過程が、ジュジアーノのストレートな表現から、浮かび上がってくるのだ。ときどき見せた、運命の低音が、この楽曲を表現するときのキーとなっている。例えば、最後のニ短調のおわりで、彼が死に物狂いで打鍵した低音の連打は、ショパンの重たい恋の苦悩を端的に物語るだろう。

なお、この曲は6つごとにわけて聴く習慣ができたが、ジュジアーノも、その区切りで演奏していった。全体の構成はやや平板だが、目の前の曲が次の作品の「前奏曲」となり、主客を入れ替えながら、流れよく進んでいく様子はよくわかった。

【マズルカ賞・バル=シャイ/ポロネーズ賞・ヌーブルジェ】

バル=シャイは、録音も残しているマズルカの演奏で、聴き手を捉えた。彼のマズルカは、初日のリポートでも述べたとおりだが、非常に個性的でありながらも、ショパンらしい特徴をふんだんにアピールするものとなっている。ときどきやりすぎてしまうこともあるが、その自由な揺らぎは、今回のピアニストたちのなかでは特筆すべきものだ。特に、マズルカには、その表現がぴったり来ている。自分のペースをもち、よく練られた演奏をおこなっており、数音弾いただけで、涙が出そうになるものもあった。

一方、彼にとってのチャレンジ・プログラムとなるポロネーズはから、「軍隊」のニックネームをもつ op.40-1 を演奏した。マズルカと比べると、やや大味な感じもあるが、ハーモニクスの感性が鋭いので響きに品があり、同じような旋律では得意のルバートを軽くはさむなどして、聴き手を飽きさせない。

だが、ポロネーズに関しては、最年少のヌーブルジェに分がある。彼は弾くごとに調子を上げてきたが、特にポロネーズでは、その勇壮で思いきったアタックが、よく合っているようだ。この日の演奏では、No.7 の公演で、「演奏会用アレグロ」(op.46)で、正しく演奏会向きの外向的な演奏をみせたり、No.6 の公演での「ボレロ」の瑞々しい演奏もあり、好調だった。

【ケフェレックは独特の味】

フランスでは、意外にショパンの人気は高くないそうだ。ケフェレックは明日、チャレンジをする曲目を除き、ここまで(私の聴いた公演では)、典型的にショパンらしい作品は弾いていないので、さほど得意ということではないのかもしれない。だが、それを感じさせることなく、どれも優美なセンスに彩られた、独特の味を出すまでに仕上げているのはさすが。この人とエル=バシャは、やはりモノがちがうのだろう。

29日は出番が少なく、No.6 の公演で、4曲を弾いたのみである。しかし、その4曲がまた凄かった。特に、最後の 編イ長調のワルツ op.69-1 「別れ」は、身につまされてしまう。彼女のショパンは全体的にゆったりしているが、そのなかでも引きずらず、持ち前の華やかな響きは爽やかな別れをイメージさせる。だが、最後になってすこしだけ沈み、やがて訪れる沈黙は、この上もなく切ない。

その前は、ノクターン op.15-3、変ロ長調の「カンタービレ」、変ホ長調の「ラルゴ」と弾いたが、この日のケフェレックは初日に指摘した、表現の厚みに加えて、香りをプラスしてきた。もちろん、「別れのワルツ」もそうだが、いい匂いがする響きで、耳と鼻からリラックスしていく。

【児玉はパデレフスキ・スタイル】

これらに対して、どうしても納得がいかなかったのが、児玉桃だ。ショパンは録音もあるにはあるが、この日に聴いた限りでは、児玉のショパンはパデレフスキ派の流れを引いている。左手のキープが甘く、右手の動きに連動して、左手のテンポも揺れる。その範囲においては、なるほど洗練されているし、打鍵のキレもある。

しかし、ポーランド=エキェル派の啓蒙を受けた私としては、まるで細胞が水を吸って伸縮するように、小節が伸び縮みするような感覚には、やはり違和感がある。このことにより、フォルムに厳しさがなく、ショパンの意図したものの半分が、とろけてしまうのは確かだ。その分、そうした揺らぎが少ないノクターン op.27 などでは、彼女らしい音色の深さ、表現の柔らかみを楽しむことができる。

だが、エル=バシャを引き継いだ op.34-2、op.34-3 の、煮えきらない表現をみれば、その差は歴然としている。

あと1日あるが、私はこの日が見納めとなった。次回、各公演につけられたテーマと、演奏の関係について補足したい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ