2008/9/29

レーゼル ベートーベン ピアノ協奏曲第5番 紀尾井シンフォニエッタ東京 9/27  演奏会

紀尾井シンフォニエッタ東京(KST)、新楽季の幕開けは、ヘンヒェンのドレスデン音楽祭で勇名を馳せたレーゼルとの、ベートーベンを中心としたプログラムだ。多分、音楽祭のつながりで、ミュンヘン室内管のコンマスを務めるダニエル・ギグルベルガーがゲスト・コンマスに迎えられた。指揮は、ユハ・カンガス。

そのベートーベンは、やや期待外れであった。否、レーゼルの完璧なピアノのコントロールについては、この日も健在だったが、指揮者がいけないのである。このカンガスは2005年以来、KSTには2度目の登場となるが、前回はラングラメ&吉野のハープが活躍した華やかさもあり、少なくとも悪いイメージはなかった。しかし、この2−3年で当方の趣向が変わったものか、今回の客演では感心しない場面が多かった。このベートーベンでは明らかに工夫がなく、フレージングもアーティキュレーションも朴訥、しかも、強弱と速い/遅いのコントロールしかないのである。折角、レーゼルがひとつひとつの音に微妙なニュアンスをつけているのに、指揮者のほうは無頓着に細かいコントロールを怠っていた。かなり細々とした演奏のできるはずのKSTに対して、とにかく要求が低すぎるのである。

正直、今回のベートーベンを指揮したカンガスは、フィンランド製コバケンとでもいうべき、ニュアンスに乏しく、解像度の低い演奏に徹していた。時代の最先端を走ったはずのベートーベンが、あわれ、ボンの田舎でもがいていた印象である。終楽章のみ、妙に遊びのある、大胆なリズムの処理がみられたが、ことここに至ってはいびつな印象を残すだけだった。

レーゼル自身は、冒頭の優雅なパッセージからして立派で、オーソドックスではあるものの、完璧に美しいピアノのコントロールを、この日も楽しませてくれた。緩徐楽章では、オケの「騒音」(こう言ってしまおう!)が少ないだけに、その透明な音色の優しさにホロリと来る場面も少なくない。特に、第2楽章から第3楽章へ移るとき、次の楽章のロンド主題を漂わせながら進むブリッジの部分の美しさは、それだけでお釣りが来る演奏であったと言える。「ウン・ポコ・モート」(すこしだけ活き活きとして)の指示を生かし、引きずらない展開であったことだけは、ソリストと指揮者のアイディアが合っている。

終楽章も妙にいじくらず、自然体で、きれいなフォルムを出すレーゼルのピアノが堪能できた。元来のロンド主題の変奏形式が表情ゆたかで、変化がつけやすいだけに、オケのほうも前2楽章の借りを、少しだけ返すことができたと思う。最後、近藤のティンパニーとシンクロして、ゆったりと減衰していく部分の音色の繊細さも、特筆に価する。最後の締めも上品に盛り上がり、印象が良かった。

レーゼルの素晴らしさは、アンコールのブラームス(op.117-1)の、渋い、渋い、渋すぎて、泣けてくる演奏を聴くだけでも、十分に立証されたはずだ。それだけに、なおさら惜しいのである!

休憩後の、シベリウスの「トゥオネラの白鳥」に関しては、ゲストの池田昭子の吹くイングリッシュ・ホルンの見事な音色のコントロールもあり、さすがにお国ものというニュアンスを示すことができた。だが、彼の場合は、こうした演目といえども、かなりイメージが硬い。コンテンポラリーのような怜悧な美しさがあり、シベリウスのたおやかな作品(その温かみのある音色は出せているのだが)と独特の化学反応を見せる。

モーツァルトについては、得意とするところであろう。北欧の指揮者らしく明るい音色を選び、揺るぎない展開のなかでも、上手にタイトなフォルムをつくっていた。しかし、これだけ感情ゆたかな楽曲において、再びニュアンス不足に陥るのは、あまりにもアイディアが平板である証拠というほかはなかろう。からっとしたサウンドの流れが、小気味の良い演奏であるとも言えるかもしれないが、普通にやれば、もっと自然に浮かび上がってくるはずの、表情の変化があまりにもデッドなのに驚いた。シンプルというよりは、筋張ったモーツァルトの演奏と聴こえ、演奏に触れての特別な感興がなかった。

なお、ギグルベルガーのリードは良かった。彼はバレエダンサーのような柔らかい上半身の動きを生かして、独特の楽器コントロールを見せたのが面白かったし、統率力も高そうである。メンバーはゲストが多めで、仙台での活躍が未だに印象に残っている千葉清加(vn)、エクの大友肇(vc)、都響の鈴木学(va)などの姿が、KSTの舞台で見られたのは意外だった。一方で、リーダーの澤、青木、玉井、安藤、篠崎(友)、丸山(泰)など、常連のメンバーが見当たらないのは、すこし違和感があった。身重のはずの難波薫がフォア・ザ・チームというべきか、この日、元気に出演していたが、安産をお祈りしたい。

前回のカンガスの指揮では、実は、ヴァスクスをやったのがもっとも印象ぶかい。そうした曲目をやるときには、彼の知的構築の鋭さや、音色の明るさが存分に生きてくるだろう。だが、今回のパフォーマンスは、私としてはガッカリした。KSTとしては、近年で、特に低調なパフォーマンスだったといえる。今回、2日公演がソールド・アウトとなったが、タイミングが悪かったと思うほかはない。


【プログラム】 2008年9月27日

1、ベートーベン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
 (pf:ペーター・レーゼル)
2、シベリウス トゥオネラの白鳥
   〜「レミンカイネン」組曲
3、モーツァルト 交響曲第40番

 コンサートマスター:ダニエル・ギグルベルガー

 於:紀尾井ホール
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ