2008/8/31

クラリネット・フェスティバル東京・多摩 8/30の公演から  演奏会

クラリネット・フェスティバル、30日の公演は、同時開催のコンクールのほうが大詰めを迎えたが、私は今回、このコンクールにはあまり興味を示しておらず、いまのところ、結果も知らない。フェスティバル公演のほうは、「知りあう」ことがテーマとなっているように思われた。

11時からは、様々なピリオドを、クラリネットの発展史から辿る、ドイツから参加のクラリネット・トリオ「クラリモニア」のレクチャー・コンサート。共演した横田揺子による通訳がついた。さらに五重奏では、ベテランの伝田高廣が加わる。マッテゾン、モーツァルト、フックス、ウール、エヴァルト(金管五重奏曲からの編曲)と演奏し、それぞれのピリオドに使われた楽器を使用した。最後に、モーツァルトの歌劇「魔笛」からのピースで、古い楽器に戻る。完全に木製のクラリネットはバロック演奏などでもお馴染みだが、くの字に曲がったバセットの先祖となると、なかなかお目にかかれない。

こうして聴かせてもらうと、新しい楽器は音も大きく、機能的には優れているが、古楽器の音色の温かさ、そして、すっと溶け合っていくような優しさも、まったく捨てがたいものだ。彼らが古い楽器のほうが得意ということもあろうが、例えばモーツァルトの「アダージョとフーガ」(KV.404a-No.1)でみせた3人の響きの重なりは、オルガンの響きのよう。単体では、古いトランペットを思わせる音色が柔らかに響き、温かい響きが牧歌的に鳴っていた。正しく、素朴な農村の土の香りのする響き。比較的に歴史の浅いクラリネットだが、どうして他の歴史の古い楽器と比べても見劣りのしない、来歴を感じさせる。そして、その音色の親和力は、容易に宗教を想像させるものである。「農村=宗教=楽器」。この切っても切り離せない絆が、楽器の音色から自然に掴み取れる。

続いて出演の「ホルツの会」は、ベーム式=フレンチ・クラリネットに押されて、姿を消しつつある独墺系のクラリネットの愛好家によって設立され、10年以上の歴史をもつ。クラリモニアのメンバーも加わり、レスピーギの演奏を披露する。音色のちがいは繊細なもので、いちど聴いただけでは、そう簡単にちがいを識別できる能力は自分には備わっていないが、そういったちがいを意識させる契機にはなった。独墺系の楽曲ではなく、レスピーギという選曲も意表をつくが、この楽器がどのような音色をもち、どのような曲にあうのか、今後、積極的に興味をもってみたい。

オブロー・クラリネットアンサンブルは、「クラリネット八重奏の形態を最初に日本に持ち込んだ」という、プロによるクラリネット・アンサンブル。これにゲストとして、十亀正司が加わった。音色が非常に華やかで、ひとりひとりが魅力がダイレクトに伝わる八重奏の利点を、しっかり使いきっている。いずれも加藤雅之の編曲による、ピアソラ「ブエノスアイレスの春」「エスクアロ(鮫)」もいいが、より顔のみえやすい天野正道「ドゥ・ダンス(2つの舞曲)」では、いちいち挙げないが、それぞれの奏者の特徴が、もっている楽器の特徴と重ねあわせられ、しっかり印象づけられる。

楽曲自体はワルツ/タンゴ調のよくあるタイプの音楽にすぎないが、楽器の音色の幅を使いきって、アンサンブルの顔まで写しとった、この1曲はオブローにとって特別なものであるにちがいない。アンサンブルの親密さが飛び抜けており、まるで1台のアコーディオンで奏でたような響きの統一感、そこにコントラストがつくときの切り替えの同調性など、きわめて高いレヴェルにある。なお、「オブロー」とはフランス語で「小さな鷹」を意味し、アンサンブルは30年を越すキャリアをもつ。知られざる名アンサンブルといえるのかもしれない。

ここから、公募アンサンブル、コンクール受賞団体などのパフォーマンスが続く。私が聴いたのは、Ensemble「K-301」、ソノール・クラリネットアンサンブル、船橋市立習志野第一小学校の3団体。どこもアマチュアとは思えない質の高いパフォーマンスで、クラリネットって、簡単な楽器なのではないかと勘違いしてしまいそうなぐらいだ。「K-301」は野太い歌いくちで安定感があり、ソノールはしっかりした基礎を身につけた優等生的演奏(それに衣裳が可愛らしい)、習志野第一小のメンバーは、既に一端のアーティストと言ってよく、あとの公演で12歳の「天才少年」が登場するが、それに迫ろうかという金の卵たちの演奏は、驚きの連続だった。

15:30ごろから、その「12歳の天才少年」ハン・キムのリサイタルがあった。現在はソウルの学校に在籍中だが、既に彼の実力は衆目が認めるところであり、早くもプロとしてのキャリアがスタートしつつあるところだ。前の晩、マナシーも演奏したウェーバーの演奏会用大二重奏曲(グランド・デュオ・コンチェルタント)がもういちど聴けたが、まったくヒケをとらない出来栄えだ。課題は・・・などといってアラを見つけるのは困難で、「神童」など出さないほうがいいという意見の私も、一本とられた格好だ。技術的な完成度はきわめて高く、表現からみても、明らかに未熟な部分は少ない。ほんの僅かに、ブレスのポイントに疑問があった点を除いて、彼の演奏は賞賛に値するだろう。是非、才能をじっくりと育てていただきたい。

なお、ピアノ伴奏は同国人の若手、ウー・リ・コ。明らかに上等の生地を使ったドレスを身にまとい、気品の漂うソリスト級のピアニスト。スケールの大きな表現で、アンサンブル・ピアニストという感じではないが、非常にゴージャスで、構えの大きな表現は今後が楽しみだ。こちらも、まだまだ20代前半の若手である。

つづくTCCP(東京コミカルクラリネットフィルハーモニー)のパフォーマンスは、センスのいい笑いと、プロフェッショナルな演奏の不思議な融合だ。ラジオ番組のスタジオを模した舞台づくりで、下手のブースで十亀正司扮するパーソナリティと、三木薫扮する辛口評論家・春山隆が、コミカルなやりとりをする。リクエストに応えるという設定で、クラリネット・アンサンブルが生演奏を披露する。曲目はすべてオリジナル・アレンジの、パロディもの。クラシックの曲目に限らず、寅さん、3分間クッキング、アニメーション、時代劇のテーマなど、ごちゃ混ぜだが、無理なく、上手に編集している。アレンジャーは不明。途中ではCMまで用意され、これも生演奏。今回のイヴェントのスポンサーを絡めながら、決してオマージュ一本槍ではないイロニーを含んでいる。もちろん、会場は大ウケ!

日本のプロ・クラリネット奏者のうち、名立たるメンバーを集めているのだから、演奏自体はうっとりさせられるものがほとんどだ。そこへもってきて、大胆で、シンプルな笑いが仕込んであるので、会場はきわめてリラックスした雰囲気になる。やるほうが楽しんでいるのが、ダイレクトに聴き手に伝染している格好だ。クラリネット奏者にとっての恩人たちのひとり、ウェーバーの新発見の楽譜(ハッハ!)による「コンチェルティーノ第2番」の世界初演には、かつて名奏者として鳴らした、指揮者の板倉康明が駆けつけた。

夕方はパリの管楽器メーカー、アンリ(ヘンリ)・セルマー社の提供によるガラ・コンサート。都合により全部は聴けなかったが、素晴らしいコンサートだった。まず、前日にも演奏したポーランドのJ.J.ボクンが、再び、あの甘いクラリネットの響きを楽しませてくれる。スラップ・タンギングを活用した手法を用いながら、何の脈絡もなさそうな響きがいつか民俗的な風物を髣髴とさせる、無伴奏によるG.ヴァヤダの作品「影から光へ」。そして、ピアソラ「オブリヴィオン」の物悲しい雰囲気を、しっとりと印象づける。日本を代表する笛吹き、高橋知己はシューマンの「3つのロマンス」(op.94)を演奏し、年輪の積み重なった重厚な表現、慌てず騒がず、しっかりと世界を紡いでいく、彼にしかできない辛口の表現で、会場をボクンのときと同様に酔わせた。

原田綾子は、この流れのなかで明らかに晦渋な、デニゾフの無伴奏のソナタを、臆せずしっかりと演奏する。きれぎれのセンテンスを、確信に満ちた表現の意思が埋める納得のパフォーマンス。万行千秋(東京フィル首席)は、プーランクのソナタをじっくりと、衒いのない表現でしっかり聴かせる。この曲はマナシーも演奏したが、あちらの技巧性あふれる演奏とは打って変わり、落ち着いた大人の音楽づくり。ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団の第1首席、シルヴィー・ユーは、つんと鼻にかかった上品なフランスの音色で、聴衆を虜にする。N.バクリの「ソナチナ・リリカ」は雨のパリを想起させる(行ったことはないが)、瑞々しいリリシズムに満ちている。私が聴いたのは、ここまで。あと2曲あったはずだが、残念なことをした。

なお、このセルマー・ガラのピアノ伴奏は、前日のコンサートでも存在感を示した、石橋尚子である。彼女の弾くピアノが、今回のフェスティバルでは、もっとも質がいい。大ホールに来ても、そのオーラは失われなかった。

さて、明日はいよいよ最終日!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ