2008/7/12

クァルテット・エクセルシオ A  クラシック・トピックス

さて、前回はクァルテット・エクセルシオ(エク)の音楽の素晴らしさについて、駄筆を走らせてみたが、それだけならば、エクだけを特に取り上げる理由はないのかもしれない。彼らの活動の独自性は、ただ音楽的な成果を追い求め、その代価を得ていくというところに止まらない。そこに、私の言いたいことのポイントがある。

現在、エクは自主的に 'NPO' を名乗っている。NPO=ノン・プロフィット・オーガナイゼーション=非営利組織は、自主的に社会貢献を行う活動をおこなう団体のことで、その活動によって利益をあげても、その構成員には分配されず、活動の充実のみに当てられるというものだ。 'NPO' を名乗るのは自由だが、2002年から新たな法律が施行され、国に申請して「NPO法人」格を認められると、寄付税制などに特別の措置が与えられることになっている。つまり、一口に 'NPO' といっても、自称NPOと、国に登録されたNPO法人が存在するということになる。なお、法人登録は当初、きわめて厳しい基準に基づいて行われていたが、現在は要件が緩和され、その代わり、それに相応しくない団体があれば、通報により再び判断が行われるなどとなっている。そのためというか、NPO法人をめぐっては、組織のあり方や運営体制、情報公開などに事細かな規定があり、それに応じた書類の用意などの煩雑な事務も存在する。法人登録されても、団体にとっていいことばかりではないのだ。エクの場合、現在は自称NPOであるが、近いうちにNPO法人として登録される見込みが立ってきたようだが・・・。

エクの場合、NPO法人としての登録は、寄付金への対策というよりは、これまで代表して誰か一人(多くはチェロの大友氏であろう)が負担して来ざるを得なかった責務を、法人としてクァルテットと、それを支える小さな組織として担っていくことを、目的としているように思われる。つまり、法人格のない任意団体のままでは、代表者の名義を使って契約や資産管理を行わねばならない問題があり、そのような責務を団体として共有し得るようにすることと、これは遠い将来のことであろうが、メンバーが交代したり、エクとしての活動を次世代に承継していこうとするとき、資産の贈与など、煩わしい法律的問題で悩まなくて済むということもあるのであろう。

さて、話がNPO登録にシフトしすぎたが、要するに、彼らはどのような志で活動を行っているのか。それは、入善(富山県)などで行われてきたアウトリーチ活動や、東京を中心におこなわれてきた定期演奏会以外に行われてきた、精力的な地方公演をみることで、はっきりするだろう。エクは単に高いレヴェルで演奏し、聴いてもらうというだけではなく、室内楽の楽しみをなるべく幅広い範囲の人たちに知ってもらい、次の世代の人たちにも伝えていくという使命を、早くから自覚的に行ってきたといえる。定期演奏会も、2006年からは京都、今年からは札幌でのシリーズをはじめ、室内楽ならではのマルチ拠点で活動を組み上げつつある。この5〜6月には、関西と北海道での活動に出かけてきたばかりだ。アウトリーチも、クァルテットならではの身軽さを生かし、コミュニティ・コンサート、若年者を対象とした体験学習やマスタークラスなどを組み合わせ、活動の場を広げつつある。そのきっかけともなった入善では、2001年年から始まった「芸術家滞在型地域活性化事業」の中核を担い、一定の実績を挙げてきた。

そして彼らはむしろ、このような活動にこそ、クァルテットの、それも、日本にあるクァルテットとしての使命があると考えたのだろう。彼らはまだ、功なり名遂げたというには早いのだが、こうした活動に自分たちの人生を捧げようとしている。もちろん、彼らを英雄視するつもりはないが、エクは自分たちが有名になり財を成すということを放棄して、日本の国にもっと室内楽の文化が根づき、そこに住む人たちにとって、音楽が生活の一部になっていくという、そのことだけのために、自分たちの身につけたものを使いたいと望んだ。これは賞賛されるべきだし、まだ、その端緒についたばかりとはいえ、積極的に応援することを私の喜びとして感じる。

その姿勢が、NPO法人登録に表れている。なぜならば、NPOの活動では、既に述べたように、活動による利益を出すことは禁じられていないが、それを構成員に分配することは認められていない。エクの4人は、NPOのコアメンバーとして受ける一定の報酬以外、エクとしての活動から得るものは、少なくとも金銭的には、何ひとつないのだ。考えてみれば、音楽家などというと、社会的なステータスが高そうな気もするけれど、実際のところ、明日をも知れない商売ということになるのではないか。最近、もとは指揮者業にあった男性が、そのイメージを利用して詐欺事件に関わったニュースがあったが、音楽業というのは、しかもクラシック音楽業などというものは、生活の糧としては、決して安定した仕事とはいえない。

エクの活動も、果たしてどこまで続くのか、不安な面もある。だが、とにかくやってみようと決断したのだろう。エクは年間60回もの演奏活動を行っているそうで、ときどき、メンバーが他のアンサンブルに参加していることもあるようだが、基本的には、あまり盛んに副業をやっているわけにはいかない活動形態をとっている。よくある首席/コンマス・クァルテットのように、他に安定した収入が約束されているわけでもない。年間1千円の寄付で、エクを支える個人賛助「エク・フレンズ」と、年間1万円の法人・団体賛助「エク・パートナーズ」がある。フレンズは140名ちかくもいるらしく、ここには私も含まれるが、精神的な支えとしては若干の力があっても、実質的には、まだまだエクを支えるというには不十分だろう。この輪がもっともっと大きく広がってくれることを望んでいる。

もう翌日(7月13日)に迫ってしまったのだが、東京文化会館の小ホールにて、エクの東京での定期演奏会がある。その後、場所を変えて、NPO法人登録による支援体制の変化などについて説明があるそうだ。どうしても行きたがったのだが、ちょっと行けそうもない事情がある。ついてない!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ