2008/6/13

在京オーケストラ三題 NJP/読響  クラシック・トピックス

ここのところ、日本のオーケストラの動向が激しくなっているが、東京圏オーケストラにも動きがあった。といっても、2つは留任の報である。ひとつは、新日本フィルがクリスティアン・アルミンクとの3期目の契約をまとめ、2年延長したこと。もうひとつは、読売日響がスタニスラフ・スクロヴァチェフスキとの2年契約を延長し.1年繰り延べたものだ。

アルミンクは定期会員数を増加させ、地元スポンサーの地道な獲得にも成果を挙げており、まず、ビジネスマンとして、意外なほど優れていたことに注目すべきだろう。彼については、バックボーンなどの関係からネガティヴな発言をする人も多かったが、現在、そういうことを強調する人は、現在のオーケストラの状況を理解していないと見なされるだろう。肝心の音楽的成果もまずまずで、1年ごとにテーマを定め、客演ともよくミーティングをして練り込んでいくプログラミングも、愛好家らの関心を惹いた。来シーズンからは、年間テーマこそ廃止されるものの、演奏会ごとにテーマを設けて、掘り下げていくというスタイルに変わるという。

継続的にパートナーシップを結びたい指揮者として、ブリュッヘンやハーディングの名前が挙がっている。いずれもDG系列のレーベルと関係があるのは偶然ではないだろうが、一方、アルミンクが個人的にコネクションを結んだ相手でもあるということは、見逃されるべきではない。ブリュッヘンは、今年の「天地創造」を皮切りに、ハイドンのシリーズを続けていくことが、既にアナウンスされている。アルミンクは古典派、ロマン派なども得意とするが、ヒンデミット、ツェムリンスキー、マーラー、R.シュトラウスのほか、ヴィリやリームなどの現代音楽というところに、本領がありそうなだけに、こうした古典派のしっかり振れる指揮者をパートナーにもつことは、彼自身の成長にも良い影響をもたらすだろう。

スクロヴァチェフスキの契約延長は、もちろんネガティヴな要素ではないが、先行き不透明な印象を与えることも確かではないか。アルブレヒト後の読売日響は、高いレヴェルで平行線をも保っている。弦は国内最強の精度を誇るであろうし、まじめな人間が揃う木管の成長も顕著だ。ただし、アンサンブル精度と、表現力の驚くべき向上に比して、楽団の人気はやや低迷気味である。これは、どうしたことであろうか。人気のあるはずのスクロヴァチェフスキの公演でさえ、芸劇などでは、3F席などにかなりの空席があるようだ。そこの音響はというと、オケを聴く場合、決して悪くはないはずである。コスト・パフォーマンスを考えると、むしろ、リーズナブルとみられる。バックがバックだけに、それは即座に問題とはならない。だが、いつまでも、この状況を安んじて受け容れるべきであろうか。

日本では、巧いということは逆に、思いがけないリスクを生むものだ。それは愛好家らの、N響に対するネガティヴなイメージをみればわかる。しかも不思議なことに、読売日響のイメージは、決してレヴェルの高いオケということにはなっていないようだ。私がみる限り、いま日本で最高のオーケストラは読売日響だと思う。二歩も三歩も抜けている。だが、そうした評価は必ずしも一般的ではない。呼んでいる指揮者のレヴェルは、N響にも引けをとらない。ホーネック、P.ヤルヴィ、ヴァンスカなど、良いところを押さえている。それなのに、楽団のやりたいことが、なぜ聴衆に届いていないのであろうか。

読売日響が、ここでもう一押しすれば、その評価は揺るぎないものになるのに! 例えば、アルミンクやティエリー・フィッシャーのようなやり方が参考になるが、ただ漫然とプログラムをこなしていくのではなく、しっかりした哲学が必要だ。スクロヴァチェフスキは年が年であるし、どうしても保守的にならざるを得ない。いまの楽団は、そのことをある程度、よしとしているところがある。任期延長は、そのことを示してもいるだろう。まあ、楽団のトップは新聞社やグループからの「天下り」みたいなものでもあり、そういうところに期待するのも限界があるが、実に勿体ないと思う。

もうひとつ触れたいのは、この程、秋以降のプログラムを発表した日フィルだ。先日、ジェルメッティの「ドイツ・レクイエム」で600回目の定期を祝った、日フィルの新しい首席指揮者、ラザレフ最初のシーズンは、明らかにコバケン時代からは趣を変えた。このことを中心に、次のエントリーで話題を続けたい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ