2008/5/17

ライナー・ホーネック オール・シューベルト・プログラム 紀尾井シンフォニエッタ東京 5/17  演奏会

紀尾井シンフォニエッタ東京(KST)にライナー・ホーネックが客演し、3つの役割をこなしながら、オール・シューベルト・プログラムを披露しました。いわば、「熱狂の日」番外編。あとで書きますが、この日はもう1公演、シューベルトです。私にとって、「熱狂の日」は、まだ終わっていないのです!

ホーネックさん、多才ですね。最初の2曲ではゲスト・コンマス、次の2曲ではソリスト(弾き振り)、最後の2曲では指揮者として、立派に振る舞いました。後半は、劇付随音楽「ロザムンデ」からの3つの〈間奏曲〉と、「未完成」交響曲。「ロザムンデ」は、アレグロ・モルト・モデラート/アンダンテ/アンダンティーノの順。瑞々しい旋律美があるものの、ともすると退屈な音楽になりかねないアンダンティーノの、引き締まったフォルムが魅力的でした。クラリネットの鈴木さんが、第1楽章でウインド隊をきりっとさせるソロを吹いたほか、第3楽章の見せ場でも、麗しい響きを聴かせて絶好調です。

未完成交響曲(D579)は、序奏からしばらく、河原さんたちのコンバス隊に耳目が釘付け。全体に、かなり重い感じだったのは、ホーネックの音楽づくりとしては意外です。弦の運びが何といっても素晴らしく、後半は彼が抜けたといっても、ボウイングなどの点で、明らかに影響があります。第2楽章は、トロンボーンとホルンが安定性を欠き、和声がしっかり感じられない部分があったのは残念です。

前半は、やはりホーネックのヴァイオリンの音が、そこにあるというだけで幸せでした。もちろん、KSTの弦にも定評はありますが、それに輪をかけて、涙が出てくるほどに華やかな響きになるので、驚きでした。「アルフォンソとエストレラ」序曲は、冒頭からパンチの効いたパフォーマンス。コンマスと全体の響きは、十分に溶け合っていないものの、ホーネックの美しいリードがオーロラのように全体を包み込み、KSTの弦はまるで、白雪に彩られた松のようにきれいでした。全身を使ったリードはわかりやすく、拍節感はしっかり。指揮者なしですが、鳴らしすぎないで、品のある響きが丁寧に選ばれています。

ウェーベルン編による「10月のドイツ舞曲」(D820)は、言われなければ気づかないほど、シューベルトの語法に忠実な編曲で、もとから管弦楽であったような感じがします。この曲は、ウィンナー・ワルツのルーツとしてよく挙げられる曲目ですが、ホーネックの体得する舞曲のリズムが効いて、ふうわりとした軽いステップが小気味よい演奏でした。全体の響きは一段と溶けあい、ここへ来て、まるでウィーン・フィル・・・とはいかないけれど、よりシャープで、ナイーヴなラインを、彼らは共有するに至ったようです。声部がきれいに束ねられ、次回の指揮者なしにも繋がる、室内楽的な演奏!

ホーネック独奏に変わり、小規模な曲ではあるけれども、「ポロネーズ」(D580)が白眉というべき出来でした。この曲は全編が踊りのリズムで、きれいに織り込まれているのですが、その波をKSTのメンバーは柔らかく捉えきっており、ほとんど自分の演奏に専念したホーネックも、安心のパフォーマンスだったと思われます。すこし憂いを含んだ男装の貴婦人を囲んでも、遠慮なく響きを盛り立てており、もちろん、ジェントルな響きは終始、しっかりとキープしています。ホーネックの優美で、清潔なヴァイオリンの響きに誘われ、爽やかな響きを寄せるオーケストラの響き。舞踏会の一コマが、ぱっと目の前に浮かぶ演奏です。

より規模の大きな「ロンド」も、快演。これはオーケストラも頑張ってはいるけれど、どちらかといえば、ホーネックのヴァイオリンの凄さが目立つし、そういう意図に基づいた曲なのではないかと思いました。読売日響のステージでも見せた天使のような響きは、ここでも健在なのですが、シューベルトともなると、あそこまでピュアではなく、人間くさい部分もあります。内省的な響きが、優美なラインと切り替わるときの緊張感は、モーツァルト譲りのもの。それでも、濁りのない瑞々しい響きが決して後退しないのは、やはり、ホーネックならではの長所でしょうか。

前半だけで、お釣りの来そうな演奏でした。アンコールは、ロザムンデのバレエ音楽。こういう曲をやらせると、ホーネックという人は、本当にうまいです。日本人は欧米人と比べると、踊りとは縁遠いだけに、はっきりいって、ウィンナー・ワルツなどは下手ですが、この日の演奏に関するかぎり、弱点を克服していました。さて次回は、いよいよ指揮者なし、KSTメンバーだけによる演奏です。楽しみ!

【プログラム】 2008年5月17日

オール・シューベルト・プログラム
1、歌劇「アルフォンソとエストレラ」序曲 (D732)
2、ウェーベルン編/10月のドイツ舞曲 (D820)
3、ヴァイオリンと管弦楽のためのポロネーズ (D580)
4、ヴァイオリンと管弦楽のためのロンド (D438)
5、間奏曲 (D797) 〜劇付随音楽「キプロスの女王 ロザムンデ」
6、交響曲第7番「未完成」

 コンサートマスター:青木 高志(3−6曲目)

 於:紀尾井ホール
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ