2008/5/18

スダーン シューベルト 1番&4番 東響 サントリー定期 5/17  演奏会

【今年のスダーンは、シューベルトの4−5年だけに焦点化】

東京交響楽団は今シーズン、交響曲全曲演奏(昨シーズン演奏済の第8番を除く)を中心として、すべての定演にシューベルトの曲目を入れるという方針を掲げ、実行している。特に、音楽監督のスダーンは1年を通して、ほとんどシューベルト1本に絞った活動内容となっており、このような例は珍しいのではなかろうか。しかも、シューベルトの交響曲の作曲年は、1番の1813年から、6番の1817−18年まで短いスパンにすぎず、1年間を通じて、1人の作曲家の、僅か4−5年の成果だけしか扱わないというのは、かなり難しいことであるといえる。

だが、それだけに、スダーンは気合いが入っているようだ。既に先月、大友が「レンダリング」を取り上げているが、スダーンのシリーズは、これが初回。その第1回目は、スダーンがこのプロジェクトに賭ける、只ならぬ想いを否が応にも感じさせる機会となった。

【プロコフィエフは独特のイメージ】

まず、真ん中に置かれた協奏曲から触れる。曲目は、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番。シューベルトとは何の関係もなく、明らかに客寄せパンダの役割だ。それゆえ、ピアノ鑑賞に向いた席はとっておらず(ステージ横のバルコニー席)、評価は難しい。独奏のリーリャ・ジルベルシュテインは、硬質な、金属的な響きのピアノを弾く。かなりのテクがあり、打鍵にもごまかしがない。多分、オケにマスクされず、遠くの席でも、彼女の鍵盤の音がしっかり聴き取れたはずだ。オケは序盤、シューベルトからの切り替えが難しそうだったが、尻上がりに調子を上げ、ピアノに対応した力強いヴィルトゥオージティで、演奏を盛り上げた。

スダーンは、ピアニストのステンドグラスのような硬い音色を踏まえて、オケ側も硬質な響きで貫き、無機質で、しばしばアイロニカル、もしくはドライともいえる、独特のデザインを施した。プロコフィエフの時代まで来れば、あと一歩というところだが、現代音楽的なイメージということもできようか。例えば、第2楽章のピアノとチェロのかけあいは、譬えるならば、「マタイ受難曲」のイエス(ピアノ)とユダヤ人たち(チェロ)の問答のようであり、颯爽としたピアノの緒言に、チェロの低音が無機質に懐疑の反応をする・・・という具合だ。第1楽章のおわりの凄いテンポも圧巻だし、終楽章のコーダの圧倒的な切れ味なども特筆に価する。

スダーンの音楽づくりでは、ところによっては巧く弾くことを求めないで、むしろ、ぶっきらぼうな響きをつくることで、冷笑的な響きをつくっていたのが興味ぶかい。

【交響曲総論〜第1番】

さて、シューベルトである。私は、シューベルトの交響曲については、あまり詳しくなく、1番はこれが初めてとなる。なるほど、後世の人間からみても感心するような、すっきりした書法ではなさそうだ。シューマンと同じく厚ぼったい感じで、船頭が悪ければ、まるで波に乗れなそうな楽曲であるといえる。しかし、スダーンの手にかかれば、不思議とすっきり整理された響きに聴こえ、書法の問題も感じられない。そこへ来て、歌曲王・シューベルトのカンタービレは、さすがに強烈だ。シンフォニーともなると、その揺るぎない構造の堅固さもあって、もはや歌曲の旋律線のもつ揺らぎはみられず、しっかりと響きが立っている。

1番はモーツァルトの影響が濃厚といわれるが、この時点で、既にかなりはみ出しているようで、早くも「らしさ」が出ている。トランペットで外壁を塗り固めてあり、バロックのような響きでもあるが、肉体はもはや、バロックの枠を越えて成長しており、ベートーベンに接近している。マルティが、その大事なトランペットの響きを支えている。これに、ホルンを加えた金管の巧さが目立った。これに花を添えるのは、ティンパニーの丁寧な縁取りだ。高木コンマスの率いる弦のベースは、もちろん安定感があり、スダーンの指揮に応えて、キビキビと反応する。フルートの相澤のキレのある響きもさすが。

【交響曲第4番】

4番は、プログラムの解説にもあるように、父親と決定的な決裂があり、ショーバー家などに寄宿しながら、音楽家として「さすらい」を始める時期に当たる。この作品は、ゲーテの「ヴェルテル」を読むのに相当する、シューベルトの青春の悩みを感じさせる。1番と比べると、より内省的なものが表出されており、第1楽章の木管の響きなどは、その象徴である。この楽章は1番と同様、金管の豪華な響きと、弦の情熱的なサウンドに彩られているが、自分の本当のこころを知ってほしいと訴えかけるような、木管の響きが通りやすいように工夫されている。

アンダンテは、前楽章のエネルギッシュな響きとは対照的に、内省的に、じっくり構築されていく響きが印象的で、東響の粘り強いアンサンブルが光る。第3楽章はスケルッツォのような諧謔の感じられる響き。鬱憤を叩きつけるようでもありながら、上品なステップにも満ちた風変わりな舞曲。そして、壮大なアレグロのフィナーレは、千切れそうな想いを、ファゴットや弦が薄皮一枚で支えるという、アクロバティックな書法がスリリングだ。特に、この楽章でのファゴットの使い方には痺れるものがあるが、そこを福井蔵が控えめな表現ながらも、しっかりとカヴァーしていたのが印象に残る。

終盤は、弦に細かいリズムが刻まれるなど、難所があるが、スダーンは自ら歌ってオーケストラを鼓舞し、手綱をとって馬を駆けさせる仕種をするなど、工夫もみせながら、圧倒的な統率力をみせていた。これに応える東響のパフォーマンスは鬼気迫るもので、このシンフォニーを書くために、シューベルトが必死になって筆をとっていたことを想像させる。それにもかかわらず、響きのコントロールが失われることはなく、全体の響きはしっかりと統制がとれているようだった。渾身のパフォーマンスながら、細工は隆々というわけである。

D959のピアノ・ソナタのように、短いフレーズが切断されながら繰り返される場面や、序奏への回帰(ダ・カーポ)など、シューベルトらしいイディオムも、丁寧に折りこまれていて、それぞれに印象的だ。シューベルトには、このような必殺技がある。

【むすび】

終演後は、プロコフィエフのような有名曲ではないものの、高木コンマスが深くお辞儀をして団員が解散するまで、まったく弱まらない拍手がつづき、スダーンの演奏が聴衆のつよい支持を得たことを窺わせる。いや、プロコフィエフのあれだけ派手な曲を演奏して、全然負けていないというのは驚きだ。この日は2F後方などに1−2割の空席があり、やはり商業的な厳しさは拭えないが、この勢いならば、東響&スダーンのチャレンジが愛好家らの耳目を集めることになるのは請けあいだし、客席も徐々に埋まっていくにちがいない。さて、東響に静かな革命をもたらしつつある才人、高木コンマスのブログによれば、スダーンはやはり、このプロジェクトに相当の情熱を注いでいるようだ。当初はモーツァルトの巨匠として知られたスダーンだが、こんなスペシャリティを持っているとは知らなかった。

今後、9月と11月に、それぞれ5/6、2/3と2曲ずつ、初期の交響曲を制覇していき、来年3月に「未完成」+「ロザムンデ」でフィナーレとなる。「未完成」以外は、サントリーと川崎の両方で取り上げるので、是非、どちらか一方は聴いておきたいものである。東響に、歴史を刻むシリーズとなりそうな予感!

【プログラム】 2008年5月17日

1、シューベルト 交響曲第1番
2、プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番
 (pf:リーリャ・ジルベルシュテイン)
3、シューベルト 交響曲第4番

 コンサートマスター:高木 和弘

 於:サントリーホール
0

2008/5/17

ライナー・ホーネック オール・シューベルト・プログラム 紀尾井シンフォニエッタ東京 5/17  演奏会

紀尾井シンフォニエッタ東京(KST)にライナー・ホーネックが客演し、3つの役割をこなしながら、オール・シューベルト・プログラムを披露しました。いわば、「熱狂の日」番外編。あとで書きますが、この日はもう1公演、シューベルトです。私にとって、「熱狂の日」は、まだ終わっていないのです!

ホーネックさん、多才ですね。最初の2曲ではゲスト・コンマス、次の2曲ではソリスト(弾き振り)、最後の2曲では指揮者として、立派に振る舞いました。後半は、劇付随音楽「ロザムンデ」からの3つの〈間奏曲〉と、「未完成」交響曲。「ロザムンデ」は、アレグロ・モルト・モデラート/アンダンテ/アンダンティーノの順。瑞々しい旋律美があるものの、ともすると退屈な音楽になりかねないアンダンティーノの、引き締まったフォルムが魅力的でした。クラリネットの鈴木さんが、第1楽章でウインド隊をきりっとさせるソロを吹いたほか、第3楽章の見せ場でも、麗しい響きを聴かせて絶好調です。

未完成交響曲(D579)は、序奏からしばらく、河原さんたちのコンバス隊に耳目が釘付け。全体に、かなり重い感じだったのは、ホーネックの音楽づくりとしては意外です。弦の運びが何といっても素晴らしく、後半は彼が抜けたといっても、ボウイングなどの点で、明らかに影響があります。第2楽章は、トロンボーンとホルンが安定性を欠き、和声がしっかり感じられない部分があったのは残念です。

前半は、やはりホーネックのヴァイオリンの音が、そこにあるというだけで幸せでした。もちろん、KSTの弦にも定評はありますが、それに輪をかけて、涙が出てくるほどに華やかな響きになるので、驚きでした。「アルフォンソとエストレラ」序曲は、冒頭からパンチの効いたパフォーマンス。コンマスと全体の響きは、十分に溶け合っていないものの、ホーネックの美しいリードがオーロラのように全体を包み込み、KSTの弦はまるで、白雪に彩られた松のようにきれいでした。全身を使ったリードはわかりやすく、拍節感はしっかり。指揮者なしですが、鳴らしすぎないで、品のある響きが丁寧に選ばれています。

ウェーベルン編による「10月のドイツ舞曲」(D820)は、言われなければ気づかないほど、シューベルトの語法に忠実な編曲で、もとから管弦楽であったような感じがします。この曲は、ウィンナー・ワルツのルーツとしてよく挙げられる曲目ですが、ホーネックの体得する舞曲のリズムが効いて、ふうわりとした軽いステップが小気味よい演奏でした。全体の響きは一段と溶けあい、ここへ来て、まるでウィーン・フィル・・・とはいかないけれど、よりシャープで、ナイーヴなラインを、彼らは共有するに至ったようです。声部がきれいに束ねられ、次回の指揮者なしにも繋がる、室内楽的な演奏!

ホーネック独奏に変わり、小規模な曲ではあるけれども、「ポロネーズ」(D580)が白眉というべき出来でした。この曲は全編が踊りのリズムで、きれいに織り込まれているのですが、その波をKSTのメンバーは柔らかく捉えきっており、ほとんど自分の演奏に専念したホーネックも、安心のパフォーマンスだったと思われます。すこし憂いを含んだ男装の貴婦人を囲んでも、遠慮なく響きを盛り立てており、もちろん、ジェントルな響きは終始、しっかりとキープしています。ホーネックの優美で、清潔なヴァイオリンの響きに誘われ、爽やかな響きを寄せるオーケストラの響き。舞踏会の一コマが、ぱっと目の前に浮かぶ演奏です。

より規模の大きな「ロンド」も、快演。これはオーケストラも頑張ってはいるけれど、どちらかといえば、ホーネックのヴァイオリンの凄さが目立つし、そういう意図に基づいた曲なのではないかと思いました。読売日響のステージでも見せた天使のような響きは、ここでも健在なのですが、シューベルトともなると、あそこまでピュアではなく、人間くさい部分もあります。内省的な響きが、優美なラインと切り替わるときの緊張感は、モーツァルト譲りのもの。それでも、濁りのない瑞々しい響きが決して後退しないのは、やはり、ホーネックならではの長所でしょうか。

前半だけで、お釣りの来そうな演奏でした。アンコールは、ロザムンデのバレエ音楽。こういう曲をやらせると、ホーネックという人は、本当にうまいです。日本人は欧米人と比べると、踊りとは縁遠いだけに、はっきりいって、ウィンナー・ワルツなどは下手ですが、この日の演奏に関するかぎり、弱点を克服していました。さて次回は、いよいよ指揮者なし、KSTメンバーだけによる演奏です。楽しみ!

【プログラム】 2008年5月17日

オール・シューベルト・プログラム
1、歌劇「アルフォンソとエストレラ」序曲 (D732)
2、ウェーベルン編/10月のドイツ舞曲 (D820)
3、ヴァイオリンと管弦楽のためのポロネーズ (D580)
4、ヴァイオリンと管弦楽のためのロンド (D438)
5、間奏曲 (D797) 〜劇付随音楽「キプロスの女王 ロザムンデ」
6、交響曲第7番「未完成」

 コンサートマスター:青木 高志(3−6曲目)

 於:紀尾井ホール
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ