2007/11/25

アファナシエフ ピアノ・リサイタル 「塩田千春展」関連公演 11/24  演奏会

このコンサートは、ヴァレリー・アファナシエフのピアノ・リサイタルであるが、「沈黙から」塩田千春展&アート・コンプレックス2007と題して、現代美術家の塩田千春をフィーチャーする企画に組み込まれている。音楽、ダンス、アートという分野にわたって、シンポジウムを含めて企画が組まれたもののひとつであり、その最後である。塩田ついては、現代アートに疎い私のよく知るところではないが、ドイツを中心とするヨーロッパで高く評価され、最前線で活躍するアーティストということになるらしい。得意分野は、映像やピクチャーなのであろうか。

このリサイタルでは、一部の曲目の演奏にあわせて、塩田のアートが舞台奥の壁に投影されるという趣向である。アート作品は描き下ろしではなく、2003年と2006年の塩田の近作であり、先週まで展示されていたものと同じようだ。塩田とアファナシエフの即興的な共同作業の部分があることを期待していたが、塩田は会場に来ておらず、アファナシエフの塩田作品に対する解釈が、彼のピアノを通して語られたにすぎない。普通のピアノ・リサイタルではないが、コラボというにはもう一歩である。

だが、パフォーマンス自体は非常にレヴェルの高いものだ。曲目は当日発表とされていたのだが、いつからか事前公表の方針に変わり、なんと驚きのショパン・プログラムになっていたのは、昨日、知ったことである。ショパンの曲といえば、音だけですべてを語ることのできる喚起力に満ちているので、それを敢えてコラボの対象とするのは、かなりアグレッシヴな選曲であるように思われる。しかし、塩田の作品の力強い表出力に対置される音楽としては、ショパンのような、しっかりした手応えのある作品でなければならないと考えたのであろうことは、想像に難くない。しかも、「小犬」「告別」「英雄ポロネーズ」などを含む、わりと有名な作品が中心に組まれているのも、冒険的ではないか。しかし、アファナシエフが鍵盤を叩けば、聴き慣れたこんな曲目たちも瞬時に新鮮さを取り戻す!

演奏は、「もうひとつの葬送行進曲」とも言われる op.34-2 〈華麗なる円舞曲〉で始まる。映像は、グランド・ピアノを中心に、客席が取り囲む構図。だが、鍵盤は焼け爛れたように朽ちており、天井から吊られた無数の黒いワイヤー(実は糸らしいが)が、菌糸か蜘蛛の糸のように、ピアノに絡みついている。椅子のほうも同様で、黒く焦げて菌糸が絡みついているのだ。こうしてピアノを楽しみにきたというのに、見るのも辛いピアノの悲惨さに接して、聴き手は複雑な想いだ。アファナシエフは船を漕ぐようなゆったりした流れで、丁寧な打鍵をつづける。だが、下手な感傷は抜きにして、正しく、ピアノの葬儀を淡々と進めるかのような雰囲気であった。映像は曲の半分すぎで切れ、そこからは通常の独奏になるが、頭のなかでは、映像のイメージが消えていない。

前半は、ワルツだけで構成される。先に行ってしまうと、アファナシエフは前半のワルツでは、ショパンの内面の孤独をワルツのリズム感を抑えることで、しっかりと印象づけ、ポロネーズだけで構成された後半では、やはり内面のものながら、外に向かっていくショパンの感情の起伏が、明晰な意図によって辿られている。ポロネーズの演奏は、いつもよりもフィジカルに逞しく、第6番の有名な「英雄」ポロネーズでは、身震いのするほど鬼気迫る印象だ。

ただし前半は前半で、自己完結している。最初のワルツで悲劇の結末をプロローグに使いながら、その後の3つのワルツでは、回想のように華やかだった人生と、その終わりが、ゆったりと描かれていく。op.70-2 での反転の巧さと、op.64-1 〈小犬〉の雄弁な語り口がとりわけ印象的。op.69-1 〈告別〉も、明るめの表情のほうが強調されるが、それでもどこか満たされないものが残る。ここで2つ目の映像。これは、やはり蜘蛛の糸で区切られた2つの空間がモティーフ。向こうの部屋にはピアノが置かれているが、糸に遮られて、シルエットしか見えない。空間は意外と広く、ピアノの部屋から視野を移すと、隣接する空間は明るめで、すこし歪んだ窓からの光が眩しく目に入る。シルエットのために、歪んでみるのかと思いきや、途中で切り替わる視野で捉えられた映像で、窓自体のかたちが歪んでいるのだと分かる。やがて再び、視野はピアノの空間に移されるが、焦点をずらしながら、一本一本の糸にフォーカスが合い、見えるものが移り変わっていくトリックなどが披露される。ちかくて遠いピアノへの距離。音楽は、しんなりと減衰して終わる。

哀愁に満ちたop.69-2 がブリッジとなり、op.64-2 では、再び最初の淡々とした諦念のような世界に戻る。ここでも映像が流れるが、それは最初のものと同じ。先程は黒く見えたワイヤー(糸)が、実は、全体的には白いことが種明かしされる。燃えたピアノや椅子にちかい部分だけが、エナメルかなにかで黒く塗られていたのだ。さらにメタな部分の種明かしがされ、ピアノと椅子を燃やしたときの映像が流れる。私はそれまで、実際に燃やしたとは思っていなかったので、大いに意表を衝かれる。その部分はやや陳腐でもあるが、交代にトリオに入るあたりでピアノの美しい音色が全面に押し出されると、もう堪らない。ひたすら祈るような心持ちでいると、やがて映像は途切れる。あとは、長い禊ぎの時間だった。アファナシエフ、響きを抱きしめるように弾きおわると、私はアーメンとこころの中で囁いた。こうして、悲劇的に焼け焦げたピアノの運命は、ショパンの美しい響きとともに、私のこころに転写された。

後半のポロネーズは、op.26-1 からの演奏である。今度の映像は、使われなくなった無数の窓枠からなる構造物で、ちょっとしたカテドラルのような雰囲気だった。ポロネーズといえば、ショパンの愛国心を刻み込んだ作品。その複雑な想いが、この役割を終えた窓枠の残骸と重なり、何ともいたたまれない演奏であった。op.53 おいわゆる英雄ポロネーズでは、既に述べたように、剥き出しの感情が鬼気迫る硬質な打鍵となって表出された、恐ろしい演奏が聴かれた。だが、それを彩るほんのわずかな柔らかみが、この荒々しいデフォルメーションを、表現の世界に留めているのだろう。

終曲となった op.40-2 では、再び種明かしのような全体像が見られ、実は小さな音楽ホールのような空間と、それとは別の大きな空間のイメージが、組み合わされていたことがわかる。ホールの内側には割れたガラスが散らばり、痛々しいが、それも引いた映像になると陳腐で、先程までの生々しさが一転してキッチュなものに変わる。演奏はそれらのイメージを相対化しながら、最後まで厳しさを失わないアファナシエフらしい、実の詰まった演奏である。

先週の「オルフェーオ」と同様、今回の企画も、コラボとしては原始的なレヴェルに止まるものの、その分、かえって喚起するものが野生的で、力強い。重要なのは、先週の公演では「オルフェーオ」という演目そのもの、今週の公演では、アファナシエフの演奏そのものが、コラボという試みの面白さに負けることなく、いよいよ原始的に、その力強さを語ったことだ。ショパンの名曲を聴いて、こんな新鮮な感動を味わえると、誰が思っただろうか。

いまのアファナシエフにとって、ショパンはフロンティアに置かれるべき素材ではない。今回のリサイタルは、そういう印象も強く感じさせた。アファナシエフは、塩田の作品に応えるために、既に熟したものをこの場に持ち込んだのではないか。アファナシエフというと、つよい確信に満ちながらも、どこか不確定的な危うさというものがつきまとうピアニストであった。だが今回は、久しぶりに完成した、どうにも揺るぎないアファナシエフのパフォーマンスだったし、それゆえに否応なく凄いものだったといえそうだ。アファナシエフのショパンは、ベートーベンよりはるかにフィジカルで、逞しかったといったら、どれだけの人たちが信じてくれるだろうか。本当に、良いものを聴いた!

【プログラム】 2007年11月24日

オール・ショパン・プログラム
○前半 ワルツ op.34-2 op.70-2 op.64-1 
        op.69-1/2 op.64-2
○後半 ポロネーズ op.26-1/2 op.53 op.40-2  

 於:神奈川県民ホール(小ホール)
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ