2007/9/15

マッケラス 最新鋭のベートーベン全集をリリース エディンバラ音楽祭(ライヴ盤) A  CDs

前回のエントリーの続き。そちらでも触れたとおり、マッケラスのベートーベン解釈は一貫している。楽曲のキャラクターによって、恣意的なアレンジが加えられていないのだ。ところが、(ある意味では当たり前だが、)不思議なことに、ちゃんと楽曲のキャラクターは、はっきり分かれて聴こえるのである。

例えば、1番はモーツァルト的な響きの洗練が顕著に出ており、よく整理された演奏になっている。2番ではハイドン的な驚きの要素がピックアップされ、あとに述べるような起伏のゆたかさで、山谷入り組んだ飽きない世界を創造する。3番は、第2楽章の葬送行進曲の、2つ目の主部において対位法的な部分をはっきりと抽出し、このパートで、ともすれば見逃されがちなフーガの優雅さを浮き上がらせる場面が、特別な印象を残す。

この全集を特徴づける響きの出し入れの面白さは、7番で特に印象的である。ベースに清潔感のあるノン・ヴィブラートを置いていながら、随所でゴージャスな響きが膨らまされていく様子に注目したい。これがテンポや単純な強弱だけに頼らない、起伏のゆたかさをもたらしているように思われ、何ともいえない膨らみのある、エレガントな響きをつくりだすのに一役買っている。また、この処理には、太鼓や金管の効果を上手に使っていることを見逃すべきではない。この効果がもっとも顕著なのは、やはり第4楽章である。もともと動きのある楽章だが、マッケラスの細かい処理により、楽曲はさらに浮き立つような立体感を獲得している。しかも、響きが美しいということが特筆できよう。

6番の「田園」は、長閑さというにはもう一歩だが、第2楽章以降の一貫した流れには脱帽させられる。響きが常に明るめで、そうした特徴は、やはり全集を一貫したものであるといえるのではないか。揺るぎない流れのなかで、それでも、田園の風物を丁寧に描きこんでいく演奏は見事である。

4番や8番は、マッケラスの演奏スタイル自体が、ともすれば予定調和的なものになりやすいというハンデを乗り越え、即興的とさえいえる、機微のゆたかさを醸し出しているのが興味ぶかい。

あまり言葉を弄しすぎてもいけないが、少なくとも、マッケラスがバカだと思うのはかなり短絡だということの根拠は、この記事で、ある程度は示せたものと信じる。以前にアルミンク&新日本フィルの第九を紹介したが、それに匹敵する清新な演奏に驚かれることと思う。


 The Beethoven Symphonies (Live from Edhinburgh Festival)

 チャールズ・マッケラス指揮

 スコットランド室内管/フィルハーモニア管

 ハイペリオン・レーベル(A BBC recording)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ