2007/8/21

濱倫子 22日にリサイタル R.メリクセティアンとピアノ・デュオ  期待のコンサート

個人的に、とても好きなピアニストがリサイタルをやることになっている。それもあした、22日に! 濱倫子さんのことは、以前にも取り上げたが、ようやくリサイタルへ行けそうなのが嬉しいという記事だ。濱倫子の日本でのライヴ活動は、2005年4月、チェロのG.アルミャンとのデュオ、2006年4月のソロ、本年2月の「ベートーベン・トリオ・ボン」公演に続いて4回目。決して親バカではない音楽厨房さんのサポートもあってか、定期的にリサイタルを開催し、この間、アルミャンとのデュオによるものと、トリオによるものが、それぞれ録音もされて、一応、我々が聴ける形になっているのも、ファンにはありがたいかぎり・・・。

8月22日のリサイタルは、ルベン・メリクセティアンというアルメニア出身のピアニストがパートナーとなる。国内デビュー時は勝手知ったるアルミャンとのデュオで押していくのかと思っていたが、ソロ、トリオ、ピアノ・デュオと、次々にいろいろな表情を見せてくれるのも嬉しいことだ。メリクセティアンはあまり知らないが、濱同様、向こうの音楽祭などで活動し、母校のカールスルーエ音大で教鞭もとっているというから、それなりのものではあろう。どうやら音大時代からの付き合いということだから、ピアノ・デュオで大切な2人の呼吸は心配せずともよい。

曲目が、また楽しみを掻き立てる。まず、モーツァルトの2台のピアノのためのソナタ(KV448)で、チャーミングにデュオを印象づける(ちなみに、この曲の第1楽章は「のだめ」関連曲に当たるだそうだ)。つづいて、ラヴェルの「スペイン奇想曲」は、管弦楽曲としてのほうが有名だが、ラヴェル自身によって、管弦楽曲版に先駆けて4手連弾で成立している。濱のもつ音色のゆたかさと、優雅な響きを、存分に足しませてくれるだろう。

3つ目のプログラムには、ヴォルフガング・リームが選ばれており、興味ぶかい。目下、ヘルベルト・ヴィリや、トーマス・アデスと並び評価される現代の人気作曲家だ。「4手のためのいくつかの短いワルツ」。最後が、2台ピアノの曲としては、知る人ぞ知る人気曲であるラフマニノフの「組曲第2番」である。超のつく名曲「ピアノ協奏曲第2番」と同じ年に書かれたこともあり、当時の充実を思わせるゆたかな楽想がきれいに織り込まれてる。タネも仕掛けもない正面突破の真っすぐな作品でありながら、ずっしり隙のない濃密な音楽的内容を誇る名曲といえるだろう。第2楽章がワルツだから、その前の曲との対比も楽しみである。

こんな感じだから、行く前から、かなり期待に胸が膨らんでいる状況になっている。ちなみに同日の昼には、アグネス・ホテルで、谷口睦美のリサイタルがある。これは無料。24日にはサイトウキネン(室内楽)で武満を聴いたかと思えば、一泊で戻って、週末には神田慶一待望の新作オペラをみる計画があり、今週は1週間、とても充実した時間が送れそうである。

【プログラム】 2007年8月22日

1、モーツアルト 2台のピアノのためのソナタ KV448
2、ラヴェル スペイン狂詩曲
3、リーム 4手のためのいくつかの短いワルツ
4、ラフマニノフ 組曲第2番

 於:トッパンホール
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ