2007/8/15

今度はコバケン! 大晦日、ベートーベン全交響曲連続演奏会  ニュース

大晦日に恒例となっているベートーベンの全交響曲連続演奏会の指揮者が、小林研一郎の一人に任されることが、主宰の三枝事務所より発表となった。

この催しは、2003年に3人の指揮者と2つのオーケストラにより、大晦日にベートーベンの交響曲をすべて連続で演奏するという試みとして始まった。その後、2年間は岩城宏之が単独で指揮して大きな反響を呼んだが、惜しくも氏が故人となられたため、昨年はその追悼の意味も込めて、9人の指揮者がバトンを受け渡してのコンサートとなった。既に今年の継続だけは発表されていたが、指揮者等は決まっていなかった。

今回、「同コンサートのファンから、小林研一郎を切望する声が多数寄せられ」たことを理由に、コバケンの起用が決められたようだ。昨年は、年齢順に並べただけにもかかわらず、奇しくも誰もが期待する7番を演奏することとなり、ひとつのハイライトを築いた小林である。三枝との関係も深く、日フィルの任期も切れたところなので、正しく時宜を得たチャレンジとなる。

まだ、公演の会場や時程、オーケストラなどの詳細は発表されていないが、パートナーは、N響メンバーなどを中心とする臨時編成の「イワキオーケストラ」が母体となるであろうことは想像に難くない。N響vs小林は、2004年に久しぶりに実現し、内外から好評だったと聞く。篠崎さんをはじめとするオーケストラも、彼のことは認めているだろう。

問題は、この指揮者、最後までもつのかということである。岩城さんも生前、若いころなら(ガス欠で)途中でぶっ倒れただろうということを言っていた。コバケンの場合、手を抜くなんていうことはあり得ない。私は彼の音楽に対する姿勢は評価するが、演奏自体はさほど好きでない面もある。しかし、こうした試みでどういう底力が出てくるのか、興味深々たるところだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ