2007/7/25

ルイゾッティ 東響 プロコフィエフ『交響曲第5番』 7/25 ミューザ川崎音楽祭  演奏会

今週はどうも気持ちが乗らなかったので、ミッド・ウィークに充電に行って参りました。ミューザ川崎を舞台とする「フェスタ・サマーミューザ川崎2007」のオープニングとなる東京交響楽団の演奏会、後半だけですが聴いてきました。指揮はイタオペのスペシャリストとして、イタリア、オーストリアなどの歌劇場で引っ張りだこの、ニコラ・ルイゾッティ。

前半は、ヴェルディの歌劇「運命の力」序曲と、チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」。ロメジュリの終わるころに着いたのですが、後半の指揮者入場時に珍しいブラーヴォ。さぞかし素晴らしい演奏だった模様。私の聴いた後半は、プロコフィエフの交響曲第5番です。

この指揮者は、なかなか独特の音楽づくりで、何がやりたいのかわかるまでは、すこし探りながら聴くような形になります。第1楽章は金管の安定感がいまひとつでしたが、弦の音色がとにかくカラフルで、なるほどロメジュリがよかったわけです。管はときどき独特の要求がありますが、どちらかというと個人に任せる感じが強く、ほかの楽章でもアンサンブルとしては、もっと高められる要素があったと思います。

しかし、スケルッツォ的なアレグロ・マルカート以降は、素晴らしい演奏になります。特に、この第2楽章では弦の支えを押し出して、過度に起伏をつけることなく、しかも、きびきびとして、透き通ったアンサンブルが秀逸。トリオに入るときのグリッサンドの処理などが、徹底しています。アンサンブルはこの部分でよく整っており、バレエ的なリズムの選び方もセンスがよかったです。最初のテーマが回帰してからは、再び弦が押し出され、今度は、トリッキーな動きを交えながら、まるで現代音楽のような鋭利な響きが興味ぶかい。

アダージョ楽章は抉りすぎず、適度な深彫りで、丁寧に情報量を浮かび上がらせているのが特徴的でした。普段は聴きにくいような細かい動きが、しきりに炙り出されます。まるでジャングルのなかにいるように、野性味があふれ、楽器の音色がいろいろな動物の泣き声のようにも聴こえる。悪魔的、絶望的な感じは稀薄。非常に素直に響きをつくっていて、良い意味で音楽的な演奏でもあります。

終楽章(アレグロ・ジョコーソ)は、かなり明るめの演奏に思われます。クラリネットのリード(十亀正司)が素晴らしく、よく練られた弦の動きの緻密さと、自由奔放な管の動きの対比が面白い演奏です。金管の動きなどは、やはりバレエのような雰囲気も感じさせるもの。最近は、イタリアでバレエ人気が高まっているといいますが、この人もバレエの研究に余念がないのかも。そちらの音楽にも魅力的なものが多いプロコフィエフだけに、ルイゾッティの演奏で、そういった要素が随所に聴かれたのも納得です。もしも、新国のバレエ部門で彼を呼んで、ロメジュリでも振らせたならば、かなりのセンセーションになるのではないかと思いますね。

この楽章は、クラリネットのほか、フルート、イングリッシュホルン、オーボエなどのソロが、実に楽しげに響いていました。かえってデモーニッシュになる、一歩手前です。相澤さん(fl)は、すこし突っ込みすぎかもしれませんが、情熱的で悪くはありません。コーダは慌てず騒がず、自然な流れを崩さずに、アンサンブルを徐々に盛り上げていきますが、面白いのが、最後の締めの前にいったん転調し、バーバリズム的な響きが表れる部分。ここでルイゾッティは、ヴィオラの小刻みな動きを思いきり押し出して、聴かせるのだからびっくりさせられます。もちろん、そこまでのアンサンブルのつくり方が、説得力の強いものであったからこそなせる業でしょうね。

ちょっと、いままでのイメージを塗り替えてしまうというか、彼以外の人が振っていたならば、恐らくは許せないであろうという演奏でありながら、スケルッツォ以降は、いつもと違うプロコフィエフを聴くことに、喜びさえも覚えてきたような・・・。全体を貫く強烈なカンタービレ(正しく天性のオペラ指揮者!)、第2楽章で見せたような現代音楽のような響きの尖鋭さ、そして、バレエ音楽のような生命感とリズムの軽妙さ、精緻な弦と奔放な管の不思議な対比、明るさ、などというところが、ルイゾッティのプロコフィエフを語るポイントであると思われます。

最後、「オネーギン」のポロネーズを弾いて、お開きとなったのですが、この曲はリズムが難しいのに、ほとんど振ってなくてアンサンブル任せでした。ここまで信頼関係を作ったんだということのアッピールでしょうか。コンマスの大谷さんたちがノリノリでやってましたが、木管とホルンで弾くところは、さすがに振ってあげないと。まあ、オマケですから、これもよろしいでしょう。

とにかく、効果覿面でした。明日から2日間も、がんばります!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ