2007/7/8

読売日響 P.カリニャーニが代演  期待のコンサート

読売日響の7月のコンサートを任せられる予定だった、ラファエル・フリューベック・デ=ブルゴスが「病気療養のため」スケジュールどおりに来日できなくなり、代演の指揮者が立てられた。昨日(7日)、ミハイル・アグレストがR.コルサコフの「シェヘラザード」などを振り、インターネットでチェックする限りは、まずまずの評判ではなかろうか。

さて、次の2つのシリーズでは、いよいよパオロ・カリニャーニが読売日響の指揮台に再登場する。彼が初来日したのは、2005年の1月、紀尾井シンフォニエッタの公演で、ペルゴレージ「スターバト・マテル」、ストラヴィンスキー「プルチネッラ」などを振って、アンサンブルの力を最大限に引き出すとともに、これらの曲目の本質的な部分に気づかせてくれる鋭い表現力と、知的なプログラミングで圧倒的な評判を呼んだ。これを受けたものか、2006年には読売日響のシーズン演奏会にも初登場し、ヴェルディやベルクのオペラに関係するプログラムや、モーツァルト、ショパン、ベルリオーズなどの曲目を指揮した。

私は、これらのうち紀尾井シンフォニエッタでの演奏と、ショパンのコンチェルトとイタオペのピースによる演奏会を聴いたが、いずれも独特なる演奏で、作曲家の意図したものから逸脱しない範囲において、思いきった音楽づくりをおこなうカリニャーニの手腕に瞠目させられた。ただし、前回の読売日響との演奏に関しては、まだまだ煮込み不足という部分も少なくなく、プログラムが多彩すぎたのではないかという印象も残っている。

今回、いささか急な決定であるとはいえ、「展覧会の絵」「春の祭典」などというプログラムで、彼の指揮ぶりを拝めることになったのは、少なくとも私にとっては福音である。私は17日に、ハルサイほかの演奏会を視聴する予定。クラシック界では、こうした交代劇は珍しくないが、ラファエル・フリューベックの代役として、彼のような逸材、しかも、自分たちの楽団と関係をもった人材を、しっかり確保してくる読売日響のマネジメント能力に、まずは敬意を表したい。

パオロ・カリニャーニはまだ40代半ばだが、フランクフルト歌劇場の音楽総監督としての実績が高く評価され、その水準を一気にトップ・レヴェルに引き上げた。在任期間が長くなったことから、自ら、その任を離れる決断をし、現在は充電期間というところであろう。今後、数年間のうちには、再び大きなポストを得ることになるのではないかと予想する。

なお、ラファエル・フリューベックであるが、指揮者交代の報が届いてから、しばらくは、地方公演での来日予定が残されていたが、こちらも結局は、カリニャーニに代わった。クラシック・オペラでは、公演の半年前に「病気のため」交代するというような、不可解なことをいって平気という独特のルールがあるようだが、氏は読売日響との関係も大事にしてくれており、今回も止むを得ない健康状態にあるものと思われる。一刻も早い、快復をお祈りしたい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ