2007/2/25

日本の作曲 21世紀へのあゆみ 室内楽の諸相X 2/24  演奏会

この日は、マチネは「兵士の物語」、ソワレは日本の室内楽という一日だった。現代の作曲家にも多大な影響を与えたストラヴィンスキーと、現代の室内楽の聴き比べは、なかなか興味ぶかい。このシリーズは1998年から続いてきた企画で、今年の4本のコンサートで締め括られることになっている。こうした蓄積があるだけに、曲目としても奏者としても厳選されたソワレの方も、ストラヴィンスキーの名品にも負けない実力を示した。

特に、クァルテット・エクセルシオの演奏した2つの曲は、特に魅力的に思えた。前半の最後に演奏された、三輪眞弘の弦楽四重奏曲「皇帝」は、同じニックネームをもつハイドンの作品の主題を使っての変奏曲だ。このハイドンの名品はドイツ国家ともなっており、2000年の作曲当時、日本の国旗・国歌の法制化が問題となっていたことへの視点を含んでいる。そのためか、おわりのほうに、僅かに「君が代」の最後の部分が聴かれる。

作風としては非常に聴きやすく、ライヒのミニマリズムの影響が色濃く感じられる。エクセルシオの一本一本が粒立ち、コクのある音色が、この楽曲の表現にふさわしい。特に、最初のテーマの演奏が、全体の美しさを底から支えている。また、彼らの明るめの音色が、三輪がコンピュータ・プログラムとの対話で紡ぎだした響きの組織化を、生き生きと描き出すのが爽やかだった。後半、急に変奏が動かなくなり、明かりを絞っていくと赤い光がクァルテットを照らし、幻想的な雰囲気だ。そのまま終わるかと思いきや、再び変奏が動きはじめ、「君が代」の断片を挟んだりして、僅かに持ち上げたところで演奏がおわる。

最後に演奏された野平一郎の弦楽四重奏曲第2番は、もともとアルディッティ四重奏団のために書かれたこともあり、複雑に散らされたクラスタを形にして、響きとして聴き手に伝えるのは、そうそう簡単な曲ではない。技術的に難しいのは当然としても、深くて理知的な解釈と、作品に対する素直な共鳴(パッション)がなくてはならない。その2つをエクセルシオはしかかりと持っていたばかりか、彼ららしい表現の明晰さで、作品の魅力をダイレクトに客席に届けた。

その作風は多様にして、よく束ねられている。プログラムの解説にもあるように、全体としては一筋にびっちりと貫かれた印象があるものの、音楽の変わり目のタイミングや角度のつけ方が絶妙で、そこに野平らしいシャープなラインが象られており、一刻も気を抜くことができない緊張感が特徴としてあった。エクセルシオの演奏は、そうした特徴を颯爽と弾き上げて、迷いがない。アルディッティにも負けない、素晴らしい演奏であろう。作品としても、この野平の作品が、一歩抜けているように感じられた。

藤家渓子の「深々と」は、笙とヴァイオリンが様々な角度から睦みあい、場面ごとの表情が実に楽しい佳曲であった。今回は石川高の笙と、大谷康子のヴァイオリンによる演奏だが、いずれも紛れのない清楚な美しさで、この曲を上手に表現してくれた。楽曲は、2つの楽器のズレや重なりをいろいろにいじって、次々に表情を変えていくのが面白い。前半がつとに魅力的で、日本的な雅楽のような響きを笙はもちろん、ヴァイオリンが真似してみたり、それが次第に中国風のものに移り、そのうち蒙古のステップを思わせるような響きが出たり、果ては笙がパイプオルガンの響きに姿を変えて、欧州まで届くような感じもちらりとみせながら、世界旅行をしている気分だ。

この作品は多分、笙の奏者との綿密なコミュニケーションがなくては生まれない作品であり、そのような貴重な時間に恵まれた作曲者の幸運に想いをいたしたものである。これは、あとで触れる筝の作品についても言える。

山田泉の「素描 ヴィオラ・ソロによる」という作品は、ヴィオラの甲斐史子が全身を使った表現で、この曲のなかに秘められたエネルギーの動きを、しっかりと感じさせて見事な演奏だった。久留智之の「オーガニック・モーションズU」も、演奏者の千葉純子の見事なタンギングなどが印象的で、こちらはもう、千葉が楽曲の持てるもの以上のものを、しっかりと印象づけていた。北爪やよいの「はる なつ あき ふゆ」は、矢川澄子の10の詩に、筝と演奏者による謡で付曲されたものだが、こちらも、伝統的な日本の芸能を知り尽くした草間路代の、重厚なパフォーマンスが見ものだった。

どの作品も聴きごたえがあり、この分野がクラシック音楽のレパートリーとして、まったくと言っていいほどに開拓されていないのは、残念でならない。素敵な演奏会であった。なお、会場は紀尾井ホールである。
0

2007/2/25

奥田瑛二 兵士の物語 @東京文化会館 2/24  演奏会

東京文化会館の主催で、ストラヴィンスキー「兵士の物語」の公演を観たのだが、予想以上に素敵な公演となった。今回は俳優、映画監督として活躍する奥田瑛二の演出と、モノ・ドラマが注目である。目下、奥田の映画の最近作「長い散歩」が公開中だが、プロットはイーストウッドの「パーフェクトワールド」に似ているが(監督自身が追っかける側をやるのも同じ)、この「兵士の物語」も、いわば長い散歩であるといえるかもしれない。「人生は長い散歩 愛がなければ歩けない」というキャッチが、この作品の兵士にも当てはまるようだ。

さて、バンドは舞台の右半分に集められ、大友直人が指揮を振る。やや窮屈そうな感じ。左半分で、奥田が演技をする。スコアか台本かわからないが、譜面台に載せられている。黒い踏み台を1つ置いて、あとは大道具も小道具もないが、ほんの僅かに色付けの照明を使う。

演出自体は目をひく個性的な解釈こそないものの、奥田のしっかりした演技は、それだけで個性的である。奥田が演じるのは、兵士と悪魔のほか、僅かに登場する物売りや飲み屋で知り合う「キョーダイ」、王、王女、母親(叫び声)、天の声、それにナレーターなどにまで及んでいる。特に、奥田が注目したのは、悪魔であったかもしれない。最初の老人から、正体がばれたあとの毅然とした立ちまわり、カードで勝って逆に弱っていくときの苦しげな表情、最後の再逆転、勝ち誇る悪魔の叫び(それは悪魔というよりは神様のようだ)と、奥田の演じる悪魔は、表情がゆたかだった。

一方、その演技力のカッチリした部分に比べて、作品の読みがどこまで深められていたかについては、疑問が残らないでもない。しかし、恣意的な解釈はほとんどなく、音楽面も彼なりに勉強してきたあとが窺える。音楽パートが続くときの振付など、いささか退屈で、粗削りなところがあるにしても、奥田の演技と音楽を繋ぎあわせるために、指揮者の大友とアンサンブルの側の払った細やかな配慮のせいもあって、全体的にはよくまとまっていたと言える

アンサンブルは、やはりルツェルン・チェンバー・フェストと比べると、技巧の冴えや音色の柔らかさにおいて、及ばないところがあるのも事実だ。しかし、フランス国立リヨン管から、わざわざ招かれたジェニファー・ギルバートなどは、ところどころで求められる役割をよく理解して、それにあわせたパフォーマンスをできるところなど、さすがにコンマスとしてのキャリアが生きている。また、クラリネットの山本正治は、随所にひねりの効いた響きを楽しませて、これは文句なく愉快だ。

冒頭のマーチのところで、思いの外、活きのいいアンサンブルが出たので期待した。ただし、バス(吉田秀)に少し柔軟性が足りないのと、トランペット(佐藤友紀)が頑張りすぎて、彼らしい伸びやかな音色にならないのにヤキモキした。だが、ナンバーを重ねるごとにアンサンブルは成熟し、特に、王女を目覚めさせる部分の説得力は、奥田の溌剌とした演技と相俟って、素晴らしい出来である。兵士に焦点を絞れば、悪魔に金を返して力を失わせ、自らは解放されて自由の身となったときの感動が、奥田の演技の躍動感に表れている。そうかと思えば、ヴァイオリンを買っても音が出ないという、第1部の最後の部分の沈潜とした音楽は、これまた印象的である。

それにしても、日本語ナレーションだと、非常にわかりやすい。奥田がどこまで読めているかわからないというのは、次の点である。すなわち、この作品には2つの、シンプルなメッセージが隠されている。復興への願いと、反戦だ。作品は1918年に作られた。ストラヴィンスキーは祖国を去り、スイスに亡命していた。そのころ既に、彼とその時代は、1914年にはじまった最初の世界大戦を経験している。総力戦でヨーロッパ中がぶつかりあった戦争では、多くの都市が荒廃したことと思う。

兵士は裸一貫となって、はじめて悪魔に対抗することができた。彼の欲望や怠惰な精神は、たちまちのうちに、彼の時間と、愛する人たちを失わせた。その結果、彼が受け取った富は、一見、豊かさをもたらすようでありながら、その実、何の役にも立たない。「貧しいものは幸せである」というわけではなかろうが、失うことが、結局は、自分の何者であるかを知り、新しい創造をしていくために必要であるということを示した、この作品は、当時の荒地にあった人々に、どれだけの勇気を与えたであろうか。そのことに気づいたとき、私は目頭が熱くなった。

最後、2つの幸せは要らない、国境を越えてはいけないなどというのは、要するに、戦争はいけないということではないだろうか。兵士は自分が兵士であったことも忘れ(過去のこととして)、いまは隣国と呼ぶべき外国へと、安易に帰っていこうとする。すると、今度は神さまのように怒り狂って、悪魔が復讐の炎を燃やすのだ。こういうことをすると、悪魔からひどい目に合わされるという寓話的な教訓が、ちょこんと付け加えられている。なんだ、そういうことだったのか・・・。

こういう落ちをつけたあと、最後の合奏は迫力があった。小・大のコラールに象徴される幸福の絶頂から、兵士は再び間違いを犯して国境を越えるのだが、その過程を描くフィナーレのアンサンブルは特に工夫されていた。なかんずくパーカッションの最後の強打を引き立てるために、他のアンサンブルがその直前でディミヌエンド(減衰)していくところは、はたと膝をうつ思いだ。今回は、その最後の音のあとに、奥田扮する悪魔の哄笑が入ってデモーニッシュに作品が閉じられる。

9割方、コラボは成功といえるだろう。ただ、映画の忙しい時期が終わって、間もないタイミングでの公演だったことは、少し残念だったかもしれない。特に、王女が目覚めていく過程で音楽が重ねられていくところは、前述のように躍動感のある演技が印象的であった一方で、やや煮込みが足りず単調な動きで、魅力とつまらなさが同居しているようにも感じられた。

なお、映画で主演を務めている緒方拳さんもいらっしゃっていたようで、公演のあと、外で姿を見かけた。さて、一体、どのような感想をお持ちなのであろう?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ