2007/2/12

二期会 ダフネ 2/12 @  演奏会

東京二期会、R.シュトラウスの歌劇「ダフネ」の公演の千秋楽(12日)を視聴したが、まずは、本邦初演を喜ぶべきであろうか。しかし、8割は低調な公演だったというほかないだろうと思う。なのに、残った2割だけで、かなりの満足感が得られたのは不思議なことだ。

初めて視聴して、なかなか難しい作品だと思った。一見、古典的なギリシア悲劇だが、よくよく見ていくと、かなり哲学的である。歌も伴奏もかなり難しい上に、筋はかなり端折られていて、下手をすると、作品のもつスピード感に置いていかれてしまう。かと思うと、妙なところに大きなスペースが空いていて、今回はダンスがついて埋められたが、そうでない場合は、演出家もかなり頭をひねらねばならないだろう。

今回の公演における最大の問題点は、前半のスピード感にほとんど乗れていなかったということだろう。なんとか釜洞と樋口の二人だけがつけていたが、他は自分の本領を発揮できていない歌手が多く、スピードに押しつぶされている。酷いのは東フィルの伴奏で、リズム感がまるでなっていない上に、弾き損ないも多くて話にならない。何より、舞台の上を気遣う余裕がないのだ。指揮者の要求より、少しずつ遅れているように聴こえて、歌手たちが可愛そうだった。

しかし、ディオニュソスの祭り以後は、話がちがってくる。天井から釣られたダンサーたちの踊りに度肝を抜かれたこともあるが、薄暗い祭りの雰囲気をつくるのに、オーケストラのベースが果たした役割は大きい。このあたりから、ようやくオーケストラにもまとまりが出て、東フィルの良さが出てきたといえよう。

ロイキッボスとアポロがやりあう場面からが見せ場だが、特に、ここで樋口達哉が演じたロイキッボスは、直線的な声の伸びが、ダフネへの真っすぐな愛情を表現するにふさわしく、はまり役である。いまのところ、彼の舞台にかける一生懸命さが、声の上にほんのりと乗って我々の胸に届いてくるのが、なんとも可愛げがあって良い。一方、アポロの福井敬は彼らしいスピントな歌声が十分に轟かないが、要所で持ち前の甘い声を響かせた。釜洞のR.シュトラウスというと、「インテルメッツォ」のクリスティーネ役を思い出すが、今回は、ほとんど少女というべきダフネの未成熟さを、見事に作り上げていたのは感心だ。

自分には神の力が乗り移ったといって、ダフネを庇い、アポロに立ち向かっていくときのロイキッボス、雷に打たれて死んだ彼を悼んで、自らの未熟を嘆くダフネの歌と、素晴らしい聴きどころだった。その後、自らの過ちを認め、月桂冠の謂れを歌い上げるアポロの歌も感動的だ。そのまま幕となりそうな、オケの美しいアンサンブルが激しく中断されて、ダフネが自らの運命を受け容れる場面も、釜洞が丁寧に歌った。最後、長大な後奏をバックに、メインダンサーの白河直子の凛としたソロ・ダンスには、溜息が漏れた。

結局、この日のダンス部分のコンセプトは、ダフネが愛し、ついには、自らがそれと化する木の中に流れるエネルギーを、全身を使ってわかりやすく提示するものであり、その力は体中から外へ弾き出されるように、ピチピチと蠢き、最終的には上へ上へ伸びようとする方向に昇っていく。イナバウアーのように後方に体を反らし、そこからすっと体を伸ばすことにより、そのことを示している。

昨秋の「レ・パラダン」のように、全編がダンスで彩られているというほどではない。歌手が踊るのも、祭りの場面のほんの少しだけだった。先述の祭りの場面の最初を飾った宙吊りのように、面白いアイディアも出ていたが、全体的には、ダンスの効果が十分有機的に機能していたとは言いがたい。これも既に述べたように、最後の場面は圧巻だったものの、こういう空きスペースを利用するだけでは物足りない。また、ややワン・パターンという感も否めず、限定されたアイディアでわかりやすいのはいいが、我々がダンスに慣れていないということを侮られたかのような感じもする。

それらの点において、H.アール・カオスの大島早紀子によるダンス演出は、さほどの感銘は呼ばなかった。むしろ、トニー賞受賞の松井るみ(&島田清徳)による舞台美術が美しく、沢田祐二の照明とあわせて魅力的であった。

指揮者の若杉弘は、荒海の中、なんとか船を港まで導いたということで、それなりの評価はするべきだろうし、なにより、「ダフネ」のような魅力的な作品が舞台にかけられたのも、彼のつよい推薦によるところが大きいのではないかと思う。その可能性の中心を感じさせたということでは、一定の評価を与えるべきだ。

なお、合唱だが、最近の新国の素晴らしいコーラス部隊の活躍と比べると、あまりにもお粗末だった。彼らも、スピードに押し潰されたクチかもしれないが・・・。でも、二期会はプロ歌手たちの互助会なんだから、そのメンバーによるコーラスがこれでは、面目が丸潰れなのではなかろうか。

そのほか、作品の深読み的なことに関しては、次の項に譲る。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ