2007/1/21

都民芸術フェス 日本フィル 神尾真由子 1/20  演奏会

都民芸術フェスティバルの参加企画で、日本フィルの演奏会を聴いてきました。今回は、北原幸男が指揮を振り、ドヴォルザークの8番をメインとしたプログラムです。なお、このシリーズの会場は、一貫して東京芸術劇場です。コンマスは、扇谷泰朋。

さて、今日の目当ては、ドヴォルザークではありませんでした。真ん中のプロで、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏した神尾真由子です。彼女のヴァイオリンが聴きたいがために、芸劇へ足を運んだようなものです。彼女の評判はかねてから耳にしていましたが、残念ながら、めぐり合わせが悪く、いままで聴くことがかなわなかったのです。しかし、聞きしに勝る素晴らしいヴァイオリニストで、夢中になりました。

まず、音色の美しさが、日本の優秀な若手奏者のなかでも、図抜けているといっていいと思うし、世界中を見回しても、これほどのヴァイオリニストは、そうはいないと思います。メンコンはソウルフルに、ぐいっぐいっとうねりながら弾くものだと、イメージしていました。その点で、冒頭の神尾さんの入りは、まったく予想を外すものだったのです。しかし、聴き込んでいくと、なんと美しい音色でしょうか。特に、弱奏でゆっくりと弓を引くときに、彼女が出す音の伸びやかさといったら・・・。

神尾さんのヴァイオリンの音は、よく鍛えられた歌手の声に譬えられると思います。彼女は力んで声を張り上げなくとも、すっと遠くへ伸びていって、聴き手の胸の中でぱっと花を咲かせる、質のいい声を持っているのです。それゆえに、あれほどまでに美しい音色で、一貫した演奏が可能なのでしょう。まず、第1楽章の第1主題のあとの経過区で、薄いオーケストラに乗って、ゆったりした音色を聴かせる部分がしっとりして魅力的であり、中間部のカデンツァで、それに駄目を押します。このあたりまでに、既にこれまで聴いてきたメンコンとは、いささか印象がちがいます。オーケストラの伴奏も控えめで、北原さんは、ヴァイオリンの装飾にオケがつける部分などを丁寧に拾い上げて、細かい演奏をつくっていきます。

メンデルスゾーンでは、ロマン派に近づける方法と、古典に近づけた方法に二分されますが、今回は、オーケストラもソリストも後者で統一されており、そのなかでも、よりバロック的なものに対する憧憬が感じられる演奏でした。その分、第1楽章の指示にある「アパショナート」的な劇性は、内面に封じ込まれています。

アンダンテの演奏が美しく、時間も止まりそうな感じでした。特に、木管が前面に出て、弦が支えるという局面になると、輝きも一際でした。独奏は常に大事に扱われ、この楽章は、神尾さんの特質である弱音の美が、たっぷりと楽しめました。とりわけ重音のしなやかさは、特筆に価します。終楽章はユーモア性には欠けるものの、品位の高い演奏で、やはり独奏の美しいラインを生かしながらも、緩徐楽章とはまた一味ちがう、独奏ヴァイオリンの気高さのようなものが浮かび上がります。細かいパッセージでも、神尾さんはフォルムを崩さず、凛とした音色を、相変わらず伸びやかに歌いあげていました。

昨年、モントリオールのコンクールで5位と揮わなかったようですが、2004年に輝かしい成果を収めたあと、その後の1・2年は、傍から見ていても、忙しすぎたのではないでしょうか。ここに来て、また、もっとも評判が芳しかったときの輝きが戻ってきているのかもしれません。十代から活躍の彼女も既に21歳になっているはずで、その音楽性はかなり固まってきたことを実感しました。

さて、オーケストラだけの曲目ですが、悪くなかったと思います。この北原幸男という指揮者は初めてでしたが、若い頃、カペル型のキャリアをきっちり積んできただけあって、響きをまとめ上げる力は、よくトレーニングされています。つくりも細かいし、あわせも上手でした。最初の「天国と地獄」の序曲で、第一音が鳴ったときには、思いの外のしっかりした音色が日フィルから聴こえ、これは・・・と思いました。

ただ、それが隙なく最後まで続かず、どこかで観客のこころを放してしまうのです。「天国と地獄」では、後半の金管主体の部分で、弦がもっと内側から抵抗して、金管がさらに厳しい音を吹かねばならない・・・というような状態にならないと、この音楽のもつドラマが、しっかり形を成さないのです。

ドヴォルザークでは、やや流れを切りすぎていると思います。この音楽の核を成す舞踊の要素からすれば、もっとだらだらと続かねばならないのに、北原の音楽づくりは丁寧すぎて、かえって流れが出てこないのです。第4楽章は響きのデザインがやや雑で、うるさく聴こえてしまいました。やはり踊りをイメージすれば、こんなにも雑然とした響きではなく、大きく円を描いて、広がりのある響きの膨らみを楽しませる演奏ができたはずです。

とはいえ、最後の追い込みなどは圧巻で、金管の激しいトレモロなどは凄かったですね。コバケンさんのオケだということを考えれば、なるほど日フィルらしい演奏ではあったと思います。

【プログラム】

1、オッフェンバック 喜歌劇「天国と地獄」序曲
2、メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 ホ短調
3、ドヴォルザーク 交響曲第8番
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ