2006/4/6

イタリアン・ピアニズム  

私はピアノ音楽にとりわけ愛着をもっているが、中でも、イタリアのピアニストには、つよい親近感を覚える。そのピアニストとは、例えば、ディノ・チアーニ、ブルーノ・カニーノ、アルド・チッコリーニだ。

同じイタリア人とはいえ、彼らの個性はまったく異なるところにある。チアーニは録音で聴くのみだが、現役のピアニストでいえば、ファジル・サイを思わせるコミュニケーションの柔らかさと、奔放な音楽的ユーモアがある。カニーノは、よりサービス心旺盛であり、聴衆を自分の側に引き込むことに長けている。チッコリーニは正統派だが、その凄まじい集中力には並ぶものなく、それに呑まれたとき、聴衆は自らの存在を忘れる・・・。

だが、これら3人はみな、きわめて明るい音楽性の持ち主ということで共通する。音楽の愉しみがまず開拓されており、そのゆたかな土地に咲く花はさまざまであっていい。チッコリーニはより厳しく、カニーノはより和らぐというだけの違いがあるだけのことだ。優れたピアニストなら誰でもそうだが、彼らイタリアのピアニストたちには、そうした華がある。

こうした個性、最近の若手では、なかなか思いつかない。サイのパーソナリティは開かれているが、どこか人工的なところもある。敢えていえば、エマールがブーレーズを弾くときなど、意外かもしれないが、そのような感じが漂っている。楽器がちがうが、バロック・ヴァイオリンのレイチェル・ポッジャーには、そんな資質があるのかもしれない。

必ずしも、イタリア人である必要はないのだ。だが、オペラの分野で特につよく感じられるように、そのような持ち味は、なんといってもイタリア特産のものであるだろう。彼らの音楽に接するときには、これから何がはじまるのかと、気持ちが昂揚する。ちょうど、「フィガロ」の序曲を聴いているときのように。
0

2006/4/5

マッケラス 『ティート帝の慈悲』  CDs

チャールズ・マッケラスが、モーツァルトの歌劇「ティート帝の慈悲」を録音した。エディンバラ音楽祭で好評を得たメンバーを集めての、スタジオ録音ということである。レーベルは、ドイツ・グラモフォン(D・G)。

非常に優れた録音と思う。コジェナーのセストが注目だが、必ずしも、それだけではない。アンサンブルの質が高く、音楽の華麗な修飾に負けない、芯のつよい歌声がつづく。マッケラスの指揮による、スコットランド室内管/合唱団の演奏はきわめてゴージャスで、品位が高い。序曲の格調だかい演奏で、いきなり盛り上げてくれるが、それに恥じない歌手陣の堂々たるパフォーマンスが、作品を新鮮な輝きで満たした。

ヴィッテーリアが罪を告白する場の合唱「あなたが天の神々の」が、ハイライトで、このシーンの臨場感は、画面なしのCD録音で十分に想像可能だ。いったん収めてトローストが入り、重要な慈悲を与えると、「あなたは本当に私を許してくれました」の壮麗な合唱が、再び盛り上がるときの、すっきりした流れ。このあたり、文字どおり見事である。

これは英国ではもはや常識的なことだと思うが、全体的に、最近のピリオド派の成果が生きた新鮮な音楽づくりだ。マッケラスはベテランだが、かえって、そのキャリアが響きの少なさや、音楽の流れのアグレッシブな動きを、自然な手触りに仕上げさせている。

この作品は、明らかに、モーツァルトの歌劇の重要な一面をみせるものだ。対極に、「魔笛」や「コジ」があるのだが、その間に「フィガロ」を置いてみよう。そうすると、モーツァルトがいかに旧い時代のオペラから大きな影響を受け、そこから勇敢に進み出たかがわかるだろう。「ティート帝」の音楽から、モンテヴェルディやヘンデルのイメージを思い浮かべるのは、誰にとっても容易いだろう。

マッケラスの演奏では、そうした意味において、この作品がいかに重要な位置を占めるかの重要な示唆をみせてくれる。こういう作品がなければ、「コジ」に結実するモーツァルトの独創性はみえない。この指揮者で、いろいろなモーツァルト作品を聴きなおしてみたいものだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ